【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2018/08/15 11:02

こんにちは!サックス専門店ウインドブロスです。

当店の今週(8/8 - 8/14)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はアルトサックス Yanagisawa ヤナギサワ A-WO2 【送料無料】
他にも5位にはソプラノサックス Cadeson(カドソン) S-208V #801xx1 【used_サックス】【used_管楽器】【中古】
8位には【数量限定スタンド付き!】【新製品】Roland ローランド Aerophone エアロフォン AE-10G グラファイト・ブラック 【送料無料】【p10】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
サックス専門店ウインドブロスのトップへ!

王冠
サックス専門店ウインドブロス週間ランキング

(8/8 - 8/14)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2018/08/15 11:02

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2018/08/12 12:22

皆さん、こんにちはー!ウインドブロスの芳賀です。

今回は、先月28日に発売となった話題の電子管楽器「Aerophone GO(エアロフォン ゴー)」を連携可能なスマホアプリを含めてご紹介したいと思います。
AE-05

まずは、兄貴分と並べてみました。
エアロフォン
・・・やはり結構コンパクトになりましたねー!
これなら持ち歩きも便利そうです。
リュックなんかにも入りますね!

続いて外観チェック。
キー配置はAE-10と同じサックス準拠ですが、幾つかの運指モードから選べます。(詳細は後述しますね)
更に、このモデルはAE-10にはなかった「Hi-F#キー」が実装されています。
AE-05 Hi-F#キー


AE-10キー拡大
こちらはAE-10。Hi-F#キーがありません。

裏面のコントロール部。
AE-05
音色選択、トランスポーズ(移調機能)、ボリュームすべてがダイヤル式のツマミで設定でき、AE-10より分かりやすくなりました。
その分機能は減っていますが、大半の方はこの機種に入っている機能で満足頂けるんじゃないでしょうか。
内蔵音色は11音ですが、後述しますスマホとの連携機能を使うことで、スマホ内の50音色を使う事ができます。

電源スイッチとバイトコントロールのオン/オフスイッチ。
AE-05
この機種最大のキモであるブルートゥースのインジケーターランプも見えますね。
バイトコントロールは、マウスピースのリードを噛んでピッチコントロールをしたりする機能を使うかどうかのスイッチです。
初心者の方は意図せず噛んでピッチが不安定になる事が多いと思いますので、個人的に最初はオフを推奨します。

ヘッドフォン/OUTPUTジャック。
AE-05
AE-10はフォーンジャックでしたが、この機種はスマホや音楽プレイヤーに使われているのと同じミニピンジャックになっています。

電源/USBジャック。
AE-05
外部電源使用時はUSBで給電します。

ACアダプターは付いていませんので、コンセントから電源をとる場合はスマホ用のUSB給電アダプターが流用できます。
パソコンのUSBポートからも給電可です。

・・・それではスマホとの連携機能を繋ぎ方からやってみたいと思います!

使用するスマホは芳賀個人持ちのiPhone(7Plus)です。(Androidユーザーさんごめんなさい!)
この機種の為に用意されたアプリは「Aerophone GO Plus」と「Aerophone GO Ensemble」の2本です。
AE-05アプリAE-05アプリ
「Aerophone GO Plus」はアプリ内の50音色を使用したり、本体の設定を変えたり、本体のシステムソフトウェアアップデートまで出来るアプリで、この楽器を使う際の必須アプリと言えます。

アプリを使用する前に下準備として、まずはエアロフォンとスマホをBluetoothで繋がないといけません。
それでは繋ぎ方。
エアロフォンのBluetoothは、スマホに「オーディオデバイス」として繋ぐパターンと、MIDIデバイス(上記のアプリをコントロールするのに必要な繋ぎ方)として繋ぐパターンの2通りあります。
まずはオーディオデバイスとして繋ぐ方法から。

AE-05
まずはエアロフォンとスマホを近くに置き、エアロフォンの電源スイッチを「Bluetooth」の位置にします。(一番右)
すると横の青いLEDが点滅します。

次に本体の「TONE」ツマミを一番右の「SETTING」まで回して、
AE-05

「C1キー」を長押しします(ピピッと音が出るまで)
AE-05

これでエアロフォンがペアリングモードになりますので、次にiPhoneの「設定」から「Bluetooth」の画面に行き、Bluetoothをオンにします。
iPhone設定
すると「その他のデバイス」のところに「AE-05 Audio」が表示されますので、そこをタップしましょう。

iPhone設定
「接続済み」になればOKです。これでエアロフォンGOがiPhoneに「オーディオデバイス」として接続されました。
これで何が出来るかと言いますと、スマホの音をエアロフォン本体で鳴らす事が出来る様になります。
スマホのマイナスワン音源をエアロフォン本体に飛ばして、本体スピーカーやOUTPUT/ヘッドフォンで聴いたりする時に使います。

では次にお待ちかね、アプリを使う上(MIDIデバイス)での接続方法です。
さっきと同じようにエアロフォンとスマホを近くに置いて、エアロフォンの電源スイッチを「Bluetooth」の位置にします。
この状態でスマホの「Aerophone GO Plus」を立ち上げると、以下の画面が出てきますので、タップします。
AE-05アプリ

すると、この画面が出てきますので「ペアリング」をタップ。
AE-05アプリAE-05アプリ
これで「接続済み」になりました。
左上の「戻る」をたタップすると、「接続されました」と出るので「OK」をタップ。

AE-05アプリ
これで完了です。

因みにこの時点で、システムソフトウェアのアップデートが可能な場合は以下の画面が出てきます。
AE-05アプリ
バグの修正や機能改善も今後色々あると思いますので、アプリは常に最新の物を入れておきましょう。
因みにここでキャンセルしても、後述する「システム」の画面からアップデートが可能です。

アップデートを開始するとこんな感じ。
AE-05アプリAE-05アプリ
(私がこの作業をしている時、一度エアロフォンとスマホの接続が切れましたが、接続しなおせばOKでした。)
完了したらエアロフォンの電源を入れなおして、上記の手順で接続すればOKです。(既にペアリング済みなので、ペアリングの要求画面は出ません)

では、アプリの機能をざっとご紹介。・・・と、その前に。
アプリを使用する場合はアプリ内の音源を使用する事になるので、エアロフォンで吹いた音も含めて全てスマホから出ます。
ですので基本本体のボリュームはゼロにします。
こうしないと吹いた時にスマホの音源がスマホから、本体の音源が本体からそれぞれ同時に鳴ります(笑)
それはそれでちょっと面白いんですが・・・。

それではご紹介!
まずは基本画面から。
AE-05アプリ
メトロノーム機能つき!
リバーブ(残響)の強弱もここで出来ます。

「運指モード」画面。
AE-05アプリ
サックスのほか、リコーダー、電子吹奏楽器、トランペットのほか、片手が不自由な方向けに左手、右手それぞれだけで演奏できるモードもあります。

「システム」画面。
AE-05アプリ
本体のバッテリーレベルの確認や、システムソフトウェアのバージョン確認とアップデート、基準ピッチの調整他が出来ます。

「コントロール」画面。
AE-05アプリ
キー/センサーの機能割り当てや、各種センサーの感度調整が出来ます。

「プレーヤー」画面。
AE-05アプリ
スマホ内の音源をここから鳴らして、カラオケなどが出来ます。
因みに私は「Apple Music」の会員なのですが、Apple Musicでダウンロードした音源はここでは鳴らせませんでした・・・残念。

こちらは音源選択画面。
AE-05アプリ
最初にこの様な文が出てきます。
これは致し方ない事なのですが、Bluetooth接続の場合、息を入れてから発音までにどうしても僅かなズレが生じます。
ゆったり目の曲なら殆ど気になりませんが、速いパッセージを吹こうとすると、少し違和感があるかもしれません。

音色は5カテゴリ50音色。
AE-05アプリAE-05アプリ
AE-05アプリAE-05アプリ
AE-05アプリ
木管、金管、ストリングス、シンセ、その他と分かれており、「その他」には打楽器まであります。
個人的にはティンパニが楽しかったです(笑)

基本的な部分は以上です。
あとは実際に入れてみて、色々と遊んでいただければと思います。


次に、「Aerophone GO Ensemble」。
これは最大7台のエアロフォンGOをスマホに接続して、合奏が出来ちゃうアプリです。(音はやはりスマホから出ます)
繋ぐ際なのですが、複数台のエアロフォンをスマホに繋ぐ為、それぞれに番号分けが必要です。

番号分けは先程の「Aerophone GO Plus」から行います。
「Aerophone GO Plus」の「システム」画面の「Bluetooth ID」の項目を弄ります。
AE-05アプリ

最初は「オフ」になっていますので、ここでそれぞれのエアロフォンGOに1から7までの番号を割り当てます。
(割り当てた後はエアロフォンGOの電源を入れなおします)
AE-05アプリ
すると、この様に番号が割り当てられて、「Aerophone GO Ensemble」で7台まで繋ぐことが出来ます。(今回は1台しか繋いでませんが・・・)

メイン画面はこんな感じ。
AE-05アプリ
今回は1台しか繋いでませんので、2番以降は未接続になっています。

ちなみにここで使用できるのは19音色で、やはり音はスマホから出ます。
AE-05アプリ
あとはそれぞれのエアロフォンGOにお好きな音色を割り当てて、合奏を楽しむだけ。

スマホに外部スピーカーを繋げば大音量で合奏できます。
※外部スピーカーは有線接続推奨です。Bluetoothだと上記の遅延が酷くて、多分使い物になりません。

・・・こんな感じで、スマホと繋げば色々と演奏の幅も広がりますので、既にエアロフォンGOをお持ちの方は是非お試し下さいね!
また、エアロフォンGO本体も若干ですが在庫ありますので、このブログを見てご興味が湧かれた方、是非ご検討下さい!

あ、あと兄貴分のエアロフォンですが、エアロフォンGOの発売に合わせて大幅なシステムソフトウェアのバージョンアップがありました。
なんと搭載音色が66音色も追加され、全128音色に!
既存の音色も見直しが入っているそうですので、こちらも是非お試し下さい!

今回は長くなりましたが、ご参考頂ければ嬉しいです!
それでは!(^д^)ノシ

ご注文は以下からどうぞ!

管楽器の楽しさを、もっと手軽に、もっと自由に。 デジタル管楽器 Aerophone GO。【新製品】Roland ローランド Aerophone GO エアロフォン ゴー AE-05 【送料無料】

AE-10も在庫あります!只今スタンドサービス中!

管楽器の新しい世界を広げるデジタル楽器【数量限定スタンド付き!】Roland ローランド Aerophone エアロフォン AE-10 【送料無料】【p10】

管楽器の新しい世界を広げるAerophone に新色「グラファイト・ブラック」が登場!【数量限定スタンド付き!】【新製品】Roland ローランド Aerophone エアロフォン AE-10G グラファイト・ブラック 【送料無料】【p10】

最終更新:2018/08/12 12:22

2018/08/08 11:02

こんにちは!サックス専門店ウインドブロスです。

当店の今週(8/1 - 8/7)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は【新製品】アルトサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) メタル HL/2018
他にも7位には【新製品】Roland ローランド Aerophone GO エアロフォン ゴー AE-05 【送料無料】
9位にはアルトサックス用消音器 ベストブラス イーサックス (e-sax) タイプII (ES3-AS)【送料無料】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
サックス専門店ウインドブロスのトップへ!

王冠
サックス専門店ウインドブロス週間ランキング

(8/1 - 8/7)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2018/08/08 11:02

2018/07/27 19:26

こんばんは星

みなさんはプレミアムフライデー、如何お過ごしでしょうか?

週末山梨に足を伸ばす予定があり天候を危惧している梅原が本日お届けいたしますウィンク

新人紹介以来の登場かな…?です◎



普段FacebookとTwitterにて行っている中古商品の入荷案内ですが、本日ブログに書いておりますのはこういう事です…

アルト リファレンス54

ババーン!!!!

お分かりになりますでしょうか?

当店で新品は基本的には取り寄せ対応のアルトサックスのアンティークブラッシュドサテン仕上げ リファレンス54、カタログには掲載されていない特殊仕上げのものが一気に3本も入荷したため、こんな景色にびっくり!!

左から順番にそれぞれ、ブラックラッカーピンクゴールドメッキプラチナメッキ、そして先日入荷済のアンティークブラッシュドサテン仕上げですね。


ブラックラッカー仕上げのブラック塗装以外の所はシリーズ2,3に使われている通常のゴールドラッカーではなく、通常のリファレンスと同じ、オレンジみがかっているアンティークゴールドラッカーというラッカーがかかっております。

たまたま今現在店頭にあった、中古シリーズ3ブラックラッカー仕上げと一緒にパシャリカメラ
BL AS SIII Rf 比較画像
並べてみると違いは歴然ですね目


リファレンス54のブラックラッカー、ピンクゴールドメッキ、プラチナメッキの3本総て、世界的に調べるのは困難なので不明ですが、国内には1本レベルでしか存在しない個体なのだとか…ほえー

商品掲載の為に写真を撮りますが、その為に触るのも緊張してしまうレベルの希少さ。とお値段です。(笑)


ここまで珍品(笑)が勢揃いする事もそうありません。
なので、写真を撮りながらちょっとテンションが上がってしまいました目がハート
( 今現在梅原は演奏活動はしていない上、テナー専門の人間ですが(小声) )


ピンクゴールドメッキとプラチナメッキの個体は管体所々に細かなキズが見られますが、どれも殆ど使用はされていなかった様です。

先述した部分以外はパッドを含め全てピカピカで、新品購入時に付いてくる小物セットが付いてきますウィンク
セルマー小物セット
中身下矢印
セルマー小物セット中身
ポーチの中には、スワブ、クロス、コルクグリス、クリーニングペーパー、ストラップ、リード1枚が入っています。
(ここ最近入荷する新品には、国内未発売のセルマーリードが付属していたりしますが、そちらは入っておりません涙ぽろり
その点は中古商品ですのでご了承下さいしょんぼり

マウスピース等は付属しませんが、中古商品は付属品が一切無い物が殆どなのでお得なのではないでしょうか!


全て完全調整済みで、当店オリジナルの5年間バランス調整無料の保証も付いておりますので、中古商品でも購入後安心してご利用頂けますオーケー


とっっっても貴重な一品、この機会に是非ご検討下さい音符



それではまたスマイルバイバイ



【中古】アルトサックス H.Selmer(セルマー) Reference54 #797xx9

【中古】アルトサックス H.Selmer(セルマー) Reference54 BL ブラックラッカー #783xx1

【中古】アルトサックス H.Selmer(セルマー) Reference54 PGP ピンクゴールドメッキ #785xx7

【中古】アルトサックス H.Selmer(セルマー) Reference54 PL プラチナメッキ #781xx1



最終更新:2018/07/27 21:33

2018/07/10 19:59

皆さんこんにちは!ウインドブロスの芳賀です。
また久々のブログです・・・申し訳ありません号泣

さて、今回は新製品のご紹介!

ゴッツメタルHL/2018
日本のマウスピースメーカー「ゴッツ」より、メタルのHLモデルがモデルチェンジされて発売されました!

HLモデルは、ゴッツさんがメタルマウスピースを始められた初期から売られていたモデルで、当店でも長らく人気マウスピースの一つでした。
今回、それ以来数々のモデルを作られた後藤氏がその経験を基にリニューアル!

まだ従来モデルが当店に在庫がありましたので、今回比較をしてみました。

まずは正面から。
ゴッツメタルHL/2018
右が従来モデル、左が新モデル。
全長はほぼ変わりませんがシャンクの長さが随分と変わっています。

ゴッツメタルHL/2018
テーブル面の画像。シャンクが短くなった分、テーブル面も長く取られています。

従来モデルはシャンクを長く、テーブルを短くすることで軽量化が図られていますが、新モデルでは背面に窪みを設けたり、側面をそぎ落としてテーブルを立体的な構造にする事で軽量化が図られています。
バイトプレートも従来モデルはデュコフの様に四角い物を中央に埋め込むスタイルから、他のメタルモデル(VIメタル、JAZZメタル)と同様にプレート用の溝を切って埋め込むスタイルに変更。

ゴッツメタルHL/2018
背面拡大画像。右が新モデルです。上部に窪みが設けられています。

ゴッツメタルHL旧モデル
ゴッツメタルHL/2018
サイドビュー。上が旧モデル、下が新モデル。テーブル脇が削ぎ取られているのが分かります。

ゴッツメタルHL/2018
シャンク側から覗き込んだ画像。
チェンバーのデザインも若干変更が入っています。

ゴッツメタルHL/2018
バッフル部。
右が旧モデル、左が新モデル。
バッフルからチェンバーに掛けてのデザインが変更になっていますね。
旧モデルは直線的に削られていますが、新モデルは両脇にカーブを持たせ、サイドウォールに若干丸みを持たせてあります。

あと、トピックとしてはリガチャーとキャップが付属になった事!
リガチャーはデュコフにも付属しているものと同タイプの様ですが、キャップの色が独特です。
ゴッツメタルHL/2018
このキャップの色、どこかで見たことがあるんですが・・・ゴッツさんが竹のマウスピースを作っていた頃に使われてた樹脂の色にソックリです。
その辺り、どうなんでしょうね?

それではお待ちかね、新旧吹き比べ!
ゴッツメタルHL/2018元松テスト
テスターは当店スタッフ元松。
(最近所属バンド(THE SKA JUNCTIONS、通称「スカジャン」)がMOTION BLUEでワンマンライブを行いました!)

音色は、旧モデルが軽快な鋭い音色、新モデルの方はやや中低音の倍音が多い感じで、太い音色になりました。
あとは、「新モデルの方が吹きやすい!」(元松談)

この手のマウスピースはやはりコントロールが難しいのですが、旧モデルもその中では吹きやすいレベルではありましたが、よりコントロール性が上がっているようです。
簡単に言ってしまうと、このモデルはやはりデュコフのマウスピースを意識して作られたものと言えますが、旧モデルがオリジナルのデュコフ寄り、新モデルはゴッツさんの独自性が出た音色と言えそうです。

・・・と、ハイバッフル系メタルをお探しの方にはかなりお勧め出来るマウスピースに仕上がっていますので、是非一度お試し下さい!

ご注文は以下からどうぞ!

ゴッツのじゃじゃ馬モデルがリニューアル!【新製品】アルトサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) メタル HL/2018


ゴッツのじゃじゃ馬モデルがリニューアル!【新製品】テナーサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) メタル HL/2018

ではまた!(^д^)ノシ

最終更新:2018/07/10 20:07

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2018年
2017年
2016年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム