【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2011/07/06 16:32

こんにちは、福祉・介護用品の通信販売「ゆい」です。
本日2回目の日記ですが、とても興味深いブログ記事を見たのでご紹介したいと思います。

そのブログは、東大病院の放射線治療担当チーム「team nakagawa」のブログの、
本日更新されていた「そもそもがんとは何か──番外篇(その5)」という記事です。

内容は、治癒率より大切なこと、緩和ケアという考え方、
人生の仕上げのために、等。

日本は「世界最大のがん大国」であるにもかかわらず、
治療においては後進国であること。

痛みを緩和するためのモルヒネの使用に対して、
「麻薬を使うと中毒になる、寿命が短くなる」等の迷信があるため、
緩和ケアが欧米に比べて非常に遅れていること、などなど。

この記事の前の回、「そもそもがんとは何か──番外篇(その4)」では、
「がん治療は車選びと同じ、自分で選ぶ時代」とも書かれています。

病気の種類に限らず、また治療だけでなく介護という場面でも、
おしなべて同じようなことが言えるのかも、などと考えながら興味深く拝読しました。

認知症などとともに、がんも抱えられいる、
というご家族を介護中の方もおられるかもしれませんね。

興味がありましたら、ぜひお読みください。
「team nakagawa」で検索を。
(楽天サイト内からは外部へのリンクが貼れないのです、ごめんなさい。)

最終更新:2011/07/06 16:32

コメント 0件

ページ上部へ