【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/04/16 10:22

今日はいくつかあるスウェアリンジェン作品集(最近出ないね?情報が入ってこないだけかな?)の中から、「まず最初に買うならコレだべや」というCDを紹介します。

「エグザルテーション(歓喜の序曲)」、これで決まりですね。


吹奏楽 作品集 CD(CD) エグザルテーション(歓喜の序曲):ジェイムズ・スウェアリンジェン作品集 / 演奏:ワシントン・ウインズ (吹奏楽)

収録曲を見れば昔ながらのファンは「やっぱこれだね~」とロッテのお菓子のCMみたいに口ずさんでしまう感じがあります。無敵です。

1. センチュリア
2. 子供の子守唄:ヨハネス・ブラームス(編曲:ジェイムズ・スウェアリンジェン)
3. エグザルテーション(歓喜の序曲)
4. レガシー
5. ノヴェナ
6. シルヴァークレスト
7. エクソディウム
8. 語り継がれる栄光
9. インヴィクタ
10. コヴィントン広場
11. ロマネスク
12. チェスフォード・ポートレイト
13. マジェスティア

特に有名なのは「センチュリア」「ノヴェナ」「インヴィクタ」「コヴィントン広場」「ロマネスク」あたりになるんでしょうか。この辺りはリードの「アルメニアン・ダンス」とかホルストの組曲とかと同じようにおさえておきたい作品ですね。

僕が実際に演奏したことがあるのはロマネスクだけなんですが、「簡単じゃん・・・簡単じゃん・・・じゃないなこれ?」みたいな、技術的な難しさはないんですが、なんていうんですかね、仕上げるのが一筋縄ではいかないというか、ちょっとドツボにハマってしまって、キツかったです(笑)。

「スウェアリンジェンなんて簡単じゃん、フェスヴァリやろうぜ」みたいな人もいらっしゃるかと思いますが、マジのガチで向き合ってみると本当に難しいですからねスウェアリンジェン。

音楽とはなにか、演奏するとはなにか、自分の役割とはなにか、我々は何のために誰のために・・・深い・・・ふか~いんですよスウェアリンジェン。

初級バンドには技術的に難しくなくそれでいて大事なことを学べるので当然オススメなのですが、色んな作品を演奏してこなれてきて調子ブッこいてる頃にもオススメですね。なんで吹奏楽やってんだろうっていう原点に立ち返るというか。

もちろん作品そのものがとても楽しく聴ける作品が多いですから、聴くだけでも良いと思います。

何はともあれ、吹奏楽CDを集めるのであればこのCDは棚にないといけませんね!


吹奏楽 作品集 CD(CD) エグザルテーション(歓喜の序曲):ジェイムズ・スウェアリンジェン作品集 / 演奏:ワシントン・ウインズ (吹奏楽)

最終更新:2019/04/16 10:22

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム