【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/04/16 10:16

今日はアメリカのマーク・カスタムから発売されているCD、ジョージア大学ウインド・シンフォニーの「ニュー・ライツ(New Lights)」の今昔物語です。


吹奏楽 CD-R(CD-R) ニュー・ライツ / 指揮:ドワイト・H・サッターホワイト / 演奏:ジョージア大学ウインド・シンフォニー (吹奏楽)

これいつ発売されたか覚えてないのですが、とりあえず僕が聴いたのは2000年代の前半くらいでしょうかね。その辺りは記憶が曖昧ですが、仕事で聴いたんですよね。どの商品を仕入れるかどうか決めるために聴いた一連のCDの中の一枚だったんだと思います。

ジョージア大学のCDは他のも聴いていたので演奏は悪くないだろうなとは思ったのですが、CBDNA(全米大学バンド指導者協会って訳すんだっけな)のカンファレンスのライブ盤だし、あんまり期待してなかったですよね。忙しかったのでササッと聴いて合否を判断しようかなと思ってた気がします。

で、聴いてみたらどうよ。1曲目のヘインズ「バンドのための序曲」、チョーかっこいいの!!やべえこれ!やべえ!

その後もギリングハム!ティケリ!と来てからのシッチー「ガリレオの月」ドーン!もうフラフラですよ。なんだこのメチャクソかっこいいアルバム。しかもそういえばライブ盤。ややキズはありますがそれでもマジかよっていう出来です。

後半にはハンソンの交響曲第2番(第3楽章)、コジェヴニコフの交響曲第3番「スラヴャンスカヤ」(第1楽章)のアレンジも配されていてなかなかバランスも良いですが、やっぱり前半が凄いな。(ちなみにハンソンのアレンジャーはマクベス)

これを聴いてヘインズの「バンドのための序曲」の楽譜を探してみたんですけど当時はどこから出ているか結局わかんなくて悔しかったですね。

シッチーも多分このCDきっかけでハマって、シッチー作品が入っているCDをリストアップしていったような記憶があるので、妙に想い出に残っている1枚です。

ササッと聴くだけの予定がずいぶんとハマってしまって「これ絶対仕入れましょう!売れなくてもいいから!」みたいな。まあまあ落ち着けみたいな展開でしたね。これを書きながら改めて聴いているんですが、やっぱり好きですね。今はもうCD-Rになっちゃってるみたいなので残念ですが、まあでもそれでも今でもオススメです。


吹奏楽 CD-R(CD-R) ニュー・ライツ / 指揮:ドワイト・H・サッターホワイト / 演奏:ジョージア大学ウインド・シンフォニー (吹奏楽)

最終更新:2019/04/16 10:16

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム