【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/04/16 10:10

こんにちは!WBP Plus!店長の梅本です。

今日ご紹介するのは2005年のCD「スパーク:宇宙の音楽(吹奏楽版世界初演ライヴ) / 指揮:山下一史 / 演奏:大阪市音楽団」です!


吹奏楽 CD(CD) スパーク:宇宙の音楽(吹奏楽版世界初演ライヴ) / 指揮:山下一史 / 演奏:大阪市音楽団 (吹奏楽)

まだ名称が大阪市音楽団の頃です。もう13年前かよ!そりゃ僕も白髪生えますよ。



さてこのCD、メインというか目玉はタイトル通りスパークの「宇宙の音楽」吹奏楽版世界初演、になるわけですが、「宇宙の音楽」は僕がこの業界で働き始めた頃にちょうどブラスバンド版が出て大人気になっていました。

もう廃盤になってしまいましたがヨークシャー・ビルディング・ソサエティ・バンドのCDが、当時勤めていた会社でも毎日バカ売れっていう状況でしたね。

あるお店では「宇宙の音楽」、あるお店では「天球の音楽」という感じで邦題についても意見が分かれていた(今でも分かれている)作品ですが、このCDでは「宇宙の音楽」が採用されています。

僕も先にブラスバンド版(原曲)を聴いていて「なんじゃこりゃー」とぶっ飛び、ヨーロピアン選手権の聴衆の熱狂を聴いて「わあすげえな」ってなっていたところにポーンと出てきた吹奏楽版世界初演。

演奏会に行ける身分でもないペーペー中のペー、ペー・オブ・ザ・ペーだった僕はおとなしく東京で遊んでいた気がしますが、このCDが届いて、聴いた時はビックリしましたよね。

国内のCDでこんなに凄まじい熱気をパッケージしたライブ盤があったのかー!っていう、どちらかというと演奏よりも録音編集技術に驚くという、そんな盤です。

生で聴けかなかったけど、でもこのCDを聴けばどんな熱気だったのかは結構伝わるのかもしれません。それぐらいに熱い。熱いんですよ。まるでヨーロピアン選手権のCDみたいな熱気なんですよね。

他の収録作品も「ミス・サイゴン」とかロバート・W・スミスの「モニュメント」、グレイアムの「モンタージュ」とか、「うわすげえな」っていう作品ばかりなので、テンション高めに楽しめる盤でもあります。

確かレコード芸術で特選取ってた気がするんですが、さもありなんという感じですね。

とにかく聴いていて手に汗握るほどに興奮したのを覚えていますね。

まだ聴いていない方にはぜひ聴いていただきたいCDです。


吹奏楽 CD(CD) スパーク:宇宙の音楽(吹奏楽版世界初演ライヴ) / 指揮:山下一史 / 演奏:大阪市音楽団 (吹奏楽)

最終更新:2019/04/16 10:10

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム