【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/04/16 09:49

今日は、ヤン・ヴァンデルロースト氏の作品「ケベック」のお話です。

東京にいた頃、友人が顧問をしている吹奏楽部に、

何度かお手伝いに行ったことがあります。


予算も少なくプロのトレーナーも呼べないし、

本人は金管奏者だったので特にリード楽器がよくわからないし、

まだ指揮を始めて間もないので合奏も云々、

すなわち「YOU来ちゃいなよ」

という次第です。

(僕はプロではないので教えるというより感想を述べに行く程度なんですが)


だいたいはクラリネット・パートの個々人のチェックのために呼ばれていたのですが、

一番長い時間付き合ってた年のコンクール自由曲が「ケベック」で、



これについては友人の家でスコアも読んで、合宿で合奏のチェックもしました。

もちろんフルサイズだと時間が収まらないので楽章抜粋になります。


「ケベック」は当時デハスケから出た「アースクエイク」というCDに収められていた1曲で、

同じくヴァンデルローストの「タンツィ」も収録されています。


僕は「タンツィ」の方が好きで、「ケベック」は

「なんか地味だな・・・」

という印象しかなかったのですが、

いざ向き合ってみるとこれが深い・・・


何とも言葉に表しにくいんですが、いいんですよ・・・染みる・・・

心奪われましたね。


出来ればどこもカットしたくなかったな、というのが本音ですが、

そういうコンクールの規定ですし生徒が選んだ曲ですし、仕方ないです。


結局コンクールではどんな結果だったか覚えてないのですが、

順位だか得点だかが昨年より上がった、

ということでひとまずめでたしで終わった気がします。


合宿の最後に「合奏に交じってみて」と言われて演奏してみました。

譜面上はシンプルで、特にトリッキーなことも何もないのですが、

シンプルなことをシンプルに合わせる難しさを感じましたね。


決して派手ではないし、

コンクール向きとか○○向きとか正直どうでもいいんですが、

あえていうなら最近の「コンクール向き」というカテゴリには入らないでしょう。


でもじっくりと取り組む価値のある作品だと思います。


これ以降、僕が「ケベック」を大好きになったのは言うまでもありません。


「ケベック」はWBP Plus!にある中では下記のCDに収録されています。



是非一度じっくりと聴いてみて下さい。



吹奏楽 CD(CD) アースクェイク / 指揮:ヤン・ヴァンデルローストほか / 演奏:名古屋芸術大学ウィンドオーケストラ (吹奏楽)



吹奏楽 作品集 CD(CD) フラッシング・ウインズ / 指揮:ヤン・ヴァンデルロースト / 演奏:大阪市音楽団 (吹奏楽)



吹奏楽 作品集 CD ボックス(CD8枚組) ヤン・ヴァンデルロースト・エッセンシャル・コレクション(日本語解説付) (吹奏楽)

最終更新:2019/04/16 09:49

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム