【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2014/11/14 16:42

【結婚祝い】

結婚祝いは、遅くとも結婚式の1週間前までには贈るようにしましょう。
持参して手渡すのが正式ですが、送付しても失礼にはあたりません。
また、昔は大安吉日に贈るのが良いとされてきましたが、
最近は「大安」「友引」等に贈るといった暦(六曜)はあまり気にしません。

[結婚祝いの熨斗、のし袋の書き方]
熨斗、
のし袋の表書き
「寿」「御祝」「祝御結婚」「御慶」「御歓」など
水引き 白赤・金銀の結びきり
備考 ・「切る」もの(包丁、ハサミ)などの
 プレゼントは避けます。

[結婚祝いの金額の目安]
10,000円~20,000円

[内祝いを贈る時期と金額]
・結婚内祝いとは、結婚のお祝いをいただいた方への
「お返し」となる贈り物です。
結婚式にお招きできなかった方などへ贈るのが一般的ですから、
内祝いを贈る時期も式の日取りが基準になります。
ただし、披露宴を行わない場合も、
お祝いをいただいたら内祝いを用意しましょう。
・贈るのは式の後1ヶ月以内
一般的に、内祝いを贈るのは結婚式の後なるべく早めに、
1ヶ月以内を目安にするといいと言われます。
「無事結婚しました」という報告の意味も兼ねていますから、
あまり遅くなるのは考えものです。
・内祝いの予算
内祝いには、いただいたお祝いの半額程度の品物を
用意するのが一般的です。
明らかに安いとわかる品を用意したのでは、
「お祝いを喜んでもらえなかったのか」と
お相手をがっかりさせてしまいます。
逆にあまり張り込んでも、ことによっては
お相手を恐縮させてしまいかねません。
お相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、
楽しんで準備したいものです。

最終更新:2014/11/14 16:42

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月