【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/08/13 23:22

こんにちは!

  お盆休みの今日この頃、私とうちの双子の娘は連日の市民プール通いとカブト虫捕りに夢中になっています!



  「カブトムシおじさん」の異名を持つ私の持論なんですが、「カブトムシの捕獲、飼育は最良の教育」なのですよ!!!

  モンテッソーリの教具ではLife Cycle Puzzleと呼ばれる一連のパズルもありますし、エコロジー・自然教育はモンテのコア思想でもあります。でもね、生き物の尊さやライフ・サイクルなんて机上の知識や教室で教えることではないんですよね。ホンモノによる生の実体験に勝るものはありません。サイエンス、科学の根幹は自然観察なんですよね。カブトムシの生態(食べ物、木、活動時間帯などなど)、残酷な自然界での生き残り、夏の終わりには死に、卵、幼虫、蛹(さなぎ)、成虫へ変態していく様など、いろいろな視点でこどもと話すことができます。私なんか、今 Richard Dawkins の The Selfish Gene という本を読んで進化論に感化されている最中でもあるので、4歳児相手に、ジーン(Gene、遺伝子)、DNAの話なんかもカブト虫を通じてしたのですよ。カブトムシの大きさって、幼虫時にきまるのです。食いしん坊のカブトムシは成虫になってからいくら食べても体は大きくなりません。でも、遺伝子も当然関係しているので大きい個体の親の子の方が大きくなるはずです。ペアリングする時に大きいオスとメスでやった方がいいのかとか、実際にオス同士では体が大きい方が強いのかケンカ相撲をさせて確認してみるとか(一概に体が大きいから強いとは言えないことが判明!)、雌雄同体と思われるのカブトムシもとった(実際のところ雌雄同体の個ではないと思いますが)ので、自然界にはそういう現象もあるのだということを4歳児と話題にするのです。もちろん、話のほとんどは理解できないと思いますが、子どもなりにいろんなことを感じ取るんですよね。

  ですので、ぜひ、みなさんも、カブトムシを獲りに山や森、雑木林に踏み入ってくださいませ!!大人が、親が、実践しないとこどもは感化されませんからね!!(ゲームばっかりやってる学校や幼稚園の友達から感化されても、それは所詮、表層的なことで、深くはなりませんからね。古今東西、天才たちはすべからく周りの大人から感化されています。お友達からではありません。)


  ユーチューブにUPしましたので、よかったらご覧くださいませ。


ユーチューブ 右矢印 youtube.com/channel/UCqff9mlpql2VoasngOvmeVA

最終更新:2019/08/14 00:41

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月