【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2017-10-10 19:24








こんにちは。
スタッフの遠藤です。


以前、フルエタニティリングの幅の違いについてブログで記事にしましたが、
実は違うデザインのフルエタニティも取り扱っているんです。


一般的には宝石一つ一つを独立した爪で留めているものが多く、
当店の殆どのフルエタニティリングもこの方法で留めていますが、
下の写真の商品は「共有爪」と呼ばれる留め方を採用しています。



DSC_3558.jpg



その名の通り2本爪で隣り合う石を共有して留める方法。
4本爪よりも石にかかる爪の面積が小さく、宝石の美しさがよく分かるデザインです。


私はジュエリー初心者だったため、
初めて共有爪の名前を聞いた時は全然ピンと来なかったのですが、
実物をみてなるほど!と仕組みが理解できました。


因みに側面から見たらどのように違うのかな、と思ったので
またもや見比べてみました。



DSC_3565.jpg



写真左から2mm・2.5mm(共有爪)・3mmです。


両隣のリングに比べて爪の数が少ない分スッキリして見えます。


石の大きさ自体は0.5mmずつしか変わりませんが
留め方が違うだけで結構印象が変わるんだな、と実感しました。



また、共有爪以外にも色んな留め方があるので、またひとつ覚えたら紹介していきますね。





遠藤



■共有爪のフルエタニティリングはこちら




このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-10-03 17:15






こんにちは。
スタッフの遠藤です。



先日、甲府市にある山梨ジュエリーミュージアムへ行ってきました。



IMG_2107.jpg



そこでは期間ごとにテーマを変えて開催されており、
ジュエリーや宝石の展示などが見れる所です。


山梨県内のジュエリー企業でデザイナーとして活躍する6名の作品と、
デザイナーが完成イメージを伝えるための重要なツールであるデザイン画、
山梨県立宝石美術専門学校が所蔵する鉱物標本コレクションの中から、
とくに透明度や発色に優れたものや特徴的な産状をあらわした紫水晶の展示です。


今回は紫水晶のみが撮影可能だったので、何枚か載せていきます。



IMG_2113.jpg



この写真に載っているのもは山梨ではなく日本各地で産出されたもの。

水晶というと六方柱状を想像していましたが、
こちらはそれよりも小さく白が混ざった薄い色をしていました。



IMG_2114.jpg



そしてこちらがブラジルで産出された紫水晶。


アメシストの主な産地という事もあり、
とても濃い色をしているのがよく分かりますね。



こうして比べてみると見た目に特徴がある事が分かりました。



展示されていた中でも私が一番印象に残ったのは、こちらの紫水晶でした。



IMG_2117.jpg



写真だけでは中々伝わらないのですが、
展示されていた中では一番大きかったのではないかと思います。


濃淡がハッキリと確認でき、とても綺麗でした。




撮影不可だった展示物の中には
ジュエリーの歴史が沢山紹介されており、とても勉強になりました。


同じ施設内で実際に宝石の研磨体験等もできるようなので
今度行った時にやってみようかなと思います。



場所はJR甲府駅から徒歩7分、山梨県防災新館に併設されています。
入館は無料ですので観光に来たら是非お立ち寄りください。






遠藤





2017-09-26 19:14



こんにちは。
スタッフの遠藤です。


本日はアメシストの退色実験の経過をお知らせします!


8月22日からはアクリルケースに入れるのをやめ、
小さなお皿に乗せて再スタートした日から1ヶ月が経過しました。


以前は数週間ごとに経過をみてきましたが、今回は1ヶ月。
色は変わってきているのでしょうか。


まず初めに実験前の写真がこちら。



20170711.jpg



そして、今日がこちらになります。



20170925.jpg



まだ色の変化は見られませんでした。


もしかしたら表面が変わってきてるかもと思い触ってみてましたが、
室内で保存していたアメシストと変わりませんでした。


ここまで来て分かったのは、1ヶ月程では退色の心配はないという事。
外にいる時間が多い日も安心して身に着けられます!




それでは、引き続き同じ場所に置いて実験を継続していきます。




遠藤


■今までの実験の様子はこちら

実験開始日
21日目
再スタート


2017-09-19 19:24






こんにちは。
スタッフの遠藤です。


宝石のカットというと小さな面がいくつもつけられたファセットカットと、
半球形につるっと磨きあげられたカボッションカットが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。


今回ブログでご紹介するのは、
その二つが混ざったような「バフトップ」という種類です。


初めて名前を聞きそれを見た時はどういう事なのだろうと
頭の中にハテナが浮かびました。


こちらがバフトップのブルートパーズ。



DSC_1554.jpg



前から見るとつるんとしていてカボッションのようですが、
横から見るとパビリオンもあります。



DSC_1559.jpg




裏側のファセットが光を反射して輝くのがバフトップの特徴だそうで、
身近なもので例えるとゼリーのようで潤いのある質感をしています。


同じ形のファセットカットと並べてみました。



DSC_1565.jpg



右のブルートパーズに比べて柔らかい輝きをしていますね。


これがリングやペンダントにセットされると
同じデザインでも雰囲気が異なり、新たな発見ができそう。


サイズが同じであれば石のカットを変更する事も可能ですので、
気になる方はお気軽にお問い合わせくださいませ。




遠藤





■「バフトップ」の商品はこちら





2017-09-12 15:12






こんにちは。
スタッフの遠藤です。


突然ですが、皆様にとって想い入れのあるジュエリーはなんですか?


誕生日や記念日などの大切なイベントの時、
また初めて買った時の事を鮮明に覚えている、と言う方もいるかと思います。


私はアムに来てから勉強を初めたのですが、実はまだ自分のジュエリーを持っていないんです。


そこで、自分へのご褒美としてネックレスを買うことに決めました!


毎日気兼ねなく身に着けられるデザインが良いなと考えていて、
私が買おうと思っているのは当店の年間ランキングで上位にも入っている
K18 イニシャルバースストーン ネックレスです。



DSC_1015.jpg



自分のイニシャルと言う所に特別感を感じますし、
どんな装いにも取り入れられる万能さが決め手。


今後他のネックレスを買った時に重ね着けしたいな~と妄想が膨らむばかりです。


因みに、先日このネックレスが欲しいと母に話したら
「同じイニシャルだからお母さんも着けれるね」との事。


母との思い出のジュエリーになりそう。
身に着ける日が楽しみです!





遠藤




■イニシャルバースストーン ネックレスのK10タイプはこちら
■コンテンツにて私のジュエリーエピソードを掲載しております



ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信