【新規オープン記念】楽天市場 ニューショップの Facebookをご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

2017-04-21 12:47






実は最近密かにコンビジュエリーに
力を入れているアムです。



そして本日新作のサンプルが仕上がってきました。



それがこちらです!



20170421.jpg



インペリアルトパーズ、
サンタマリアアクアマリン、
ホワイトオパールをPT900枠で包んだ
コンビのジュエリーです。



まわりの地金の色を変えると
ぐぐっと色石の魅力が引き立つんですよね。



今から大急ぎでページの作成に入ります。



正式にご紹介できるまでもうしばらくお待ちくださいませ。



店長みついでした。






このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-04-20 17:19






こんにちは。
スタッフの遠藤です。


皆さんはジュエリーを選ぶ時、なにを重要視していますか?
自分の好きなデザインや雰囲気など色々あるかと思います。


私はアムに来て日々の業務で様々なデザインを見て、
勉強をしていくうちにその人の指に合ったリングがあることが分かりました。


私は他の人に比べ指が太く短いのですが、
避けたほうが良いデザインと、バランスが良いデザインとどう違うのかで見比べてみました。


避けたほうが良いデザインは
【極端に細いもの・幅の広いもの・縦に長いデザイン・ボリューム感のあるデザイン】


バランスが良いデザインは
【中央にポイントを置いたデザイン・ボリュームに変化がある・V字タイプ】


まず下の写真は幅の細いリングを嵌めてみたものです。



DSC_9451.JPG



指のボリュームと極端に違うとかえって指の太さが強調され、対照したかのように見えてしまっています。


第二関節との距離も近く見えました。



DSC_9448.JPG



そしてこちらはボリュームに変化のあるデザインのリング。


指に縦のラインをつくるので長く見せてくれます。


「視覚的効果」で同じ指でも細い幅のリングより指の太さも気にならなくなりました。
また、V字がゆるいデザインも試してみましたが、角度がある方がバランスが良いことも分かりましたよ。



もちろん個人差がありますので、あくまで参考程度にしかなりませんが
その人の魅力を引き出してくれるリングと出会えるのが一番だと思います。


私ももっと色々試して自分にぴったりのリングを見つけたいです!




遠藤







2017-04-15 17:25








こんにちは。
スタッフの遠藤です。


先日、同じ日にインペリアルトパーズのお問い合わせが複数あり
「この石は何かを引き寄せているのでは!?」と、思ってしまったので
今日はインペリアルトパーズを掘り下げてみようかと思います!



まずは基礎情報から。


語源はサンスクリット語のtapaz(火)と言われ、主な産地はブラジル。
石言葉は友情、潔白、希望です。


ご存知の方も多いかと思いますがインペリアルは皇帝という意味。


流石皇帝…。連続でお問い合わせが来るのも納得します、うんうん。


そして、インペリアルトパーズは希少な種類とされていて、
鉱物学的にはOHタイプのものとFタイプのものが存在していますが、
インペリアルトパーズを名乗れるのはOHタイプのトパーズだけなんだそうです。



DSC_9025.JPG



OHタイプ?Fタイプ?何それ?と、思った方も多いハズ。


一言でタイプが分かれていて~なんて説明されても分かりづらいですよね。
私も分かりませんでした。


と、言うことで調べてみました。


トパーズは鉱物学的にアルミニウムケイ酸塩(他の宝石にも入っています)と、
フッ素や水酸化化合物でできていて、フッ素(F)が優勢か
または水酸化化合物(OH)が優勢かで2タイプに分かれているとの事。


ちなみにFタイプとOHタイプの違いは屈折率に現れます。


ふむふむ、輝きの強い方がOHタイプの可能性が高いと言うことですね。


思えば以前、初めてインペリアルトパーズを見せてもらった時、
輝きが強くて綺麗だなと感じました。




少し難しいお話になってしまいましたが、
宝石の奥深さが分かるのではないかな、と思います。




温かみも感じられるカラーなので今の季節にピッタリですね。
気になった方は是非チェックしてみてください。






遠藤







2017-04-14 16:11






たいへんお待たせ致しました。



まずはこちらをご覧ください。



20170414a.jpg



以前よりブログで経過をご紹介しておりました
上質PT950ハード仕様のパヴェリングがついに仕上がりました。



20170203a.jpg



デザインをCADデータに起こして…



20170324.jpg



原型を作り、
製品にする。



たったこれだけのことなのですが、
綺麗なパヴェリングを作るために
この工程を行ったり来たりしました。



一番苦労したのは商品販売ページでもご確認頂けますが
指輪の裏側(光穴)の処理でしょうか。



時間をかけたぶん納得のゆく一本に仕上がりました。



20170414b.jpg



販売ページではさまざまな角度や拡大写真を掲載しておりますが、
細部をご覧頂くことで作りの良さを感じて頂けるかと思います。



明日4月15日(土)10:00より販売開始となりますので
どうかお見逃しのないようお願い致します。



■PT950ハード ダイヤモンド パヴェ リング
http://item.rakuten.co.jp/umu/rg1134/








2017-04-11 11:37










こんにちは。
スタッフの遠藤です。


今日のブログは
ルースをお持ち込みいただいて特別作製したお客様の宝石たちが
素敵なペンダントトップへ生まれ変わったので、
どどんと豪華に5点もご紹介しちゃいます!


ルースを持ち込んで作製したいな、とご検討されている方は
是非ご参考にしていただければと思います。


今回お持ち込みいただいたのは
ヒスイ・黒珊瑚・アメシスト・オパール・ブルートパーズの5つ。


名称未設定-1.jpg



今回初めて実物のヒスイと黒珊瑚を見ましたが、
存在感抜群で高貴な香りを纏っているよう。


まさに「かっこいい大人」な雰囲気を感じられる宝石でした。



DSC_7824.jpg



リングから石を外し、既存の枠にそれぞれのルースをセットして…出来上がったのがこちら。



DSC_7518.jpg



ヒスイと黒珊瑚はシンプルな装飾でも存在感のあるペンダントトップへ。



DSC_8132.jpg



オパールはもともと縦にセットされていたものを横置きにしてネックレスに。


アメシストはアンティークな装飾と相まって優雅な雰囲気に仕上がりました。
こちらは元の商品に留まっている宝石と違うカットなので、
見比べてみるのも面白いかと思います。

元のペンダントトップ『berso』
http://item.rakuten.co.jp/umu/pn0583/


鮮やかな大粒のブルートパーズは、地金をプラチナ900へ変更して作製。
胸元がぱっと明るくなります。


今回はどれも異なる雰囲気のジュエリーへと生まれ変わりました。
リフォームをすることにより、更に愛着が湧きますね。





到着後、お客様からお喜びのご連絡をいただきました!


M様、この度は誠にありがとうございました。
末永くご愛用いただけますと幸いです。


今後ともよろしくお願いいたします。



遠藤














ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信