【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/05/24 17:07






こんにちは。
スタッフの遠藤です。


ルチルクォーツの新しいルースが入荷されました。


宝石名にあるルチルとは和名で「金紅石」と呼ばれており、
クォーツの中に入り込んだ針状のインクルージョンの事を指しています。


入り方や量はそれぞれですが、
今回入荷されたルースは比較的細かいルチルが沢山入っています。



DSC_2780.jpg




ルチルが金色なのでルースだけでも華やかな印象ですね。


オパールと同じように同じ模様はないので、
自然が創り出した造形美を楽しめますよ。




遠藤




■ルチルクォーツの商品一覧はこちら




最終更新:2019/05/24 17:07

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/05/17 17:59






こんにちは。
スタッフの遠藤です。


本日のブログは先週に引き続きエメラルドについてお話をしたいと思います。


まず、こちらの写真を見ていただきたいのが、
ステップカットの一種でエメラルドカットされたルースです。



DSC_2715.jpg



宝石にはよく目にするラウンドやつるんとしたカボッションなど
様々な形のカットがありますよね。


ジュエリーの用語辞典を見ていても
同じ形でもいくつか種類がありそれぞれ細かく名前がつけられていますが、
その中で唯一宝石の名前が冠されたカットがエメラルドなんです。


そこまでは知っていたのですが
由来までは分からなかったので調べてみた所、

コロンビア・ムゾー産のエメラルドに特有の色溜まりがあり
その色を引き出すためテーブル面を広く取って
破損するのを防ぐためにコーナーを削ったものがエメラルドカットになったそうです。


他のカットでも充分美しいですが、より宝石の色を楽しむ事ができるのですね。


因みにこちらのエメラルドはが正方形です。



DSC_2722.jpg



現在はダイヤモンドや他の宝石にも使われているので、
こういったカットにも注目してみてください。




遠藤




■エメラルドカットの商品一覧はこちら




最終更新:2019/05/17 17:59

2019/05/10 16:02






こんにちは。
スタッフの遠藤です。


5月なので今月のブログは5月の誕生石エメラルドをピックアップしたいと思います。


ルビー、サファイアと共に3大カラーストーンと呼ばれ
宝石にあまり詳しくなくても知っている方は多いですよね。


この宝石はインクルージョンが多い故に脆く
細心の注意が必要なため職人泣かせの宝石とも言われています。



DSC_2429.jpg



しかし、同じベリルグループの宝石は比較的インクルージョンの少ない鉱物なのに
なぜエメラルドだけこんなにも多いのでしょうか。


気になって調べてた所、原因は色の起源にあたる元素、
微量のクロムとバナジウムだそうです。


他の宝石の場合はクロムはクロムスフェーン、ルビー
バナジウムはツァボライトや変色性のサファイアなどに入っています。


どの宝石も大丈夫なのにエメラルドの場合はなぜか多くなってしまうみたいです。


ただ、それが原因でもこのエメラルドしか出せない美しい色だからこそ、
古くから多くの人々に愛されてきている事がよく分かります。


一般的にはインクルージョンはあまり良くないとされていますが、
それがエメラルドの特徴なので
似ている色の他の宝石と比べると見分けがつくかもしれませんね。


一度では語り足り尽くせない宝石なので、
来週も引き続きエメラルドについて迫っていきます。




遠藤




■エメラルドの商品一覧はこちら




最終更新:2019/05/10 16:02

2019/04/26 16:55






こんにちは。
スタッフの遠藤です。


製造部には実に様々な機械や道具があります。


私は普段お客様対応や商品ページ作りをしているので、
道具については知っていても実際に作業の様子を見る機会は少なかったりします。


前から気になっているのは「やっとこ」ですが、
それを使う所を見せてくれるという事で、製造部にお邪魔してきました。


今日はネックレスのトップとチェーンを繋げる作業。
まずは使用する道具の紹介です。



DSC_2196.jpg



ペンチのような姿をしていますね。


「やっとこ」は主に宝石を留めたり地金を曲げて加工したり
細かい作業に欠かせない道具のひとつで、実は種類が沢山あるんです!


一見同じに見えますが先端が曲がっているものなど
用途によって先端の形状が異なっています。


さらに驚いたのは、職人自ら口先を加工して
作業をしやすいように形をつくるそうなんです。


オリジナルの形の工具...愛着が湧きますね。



さて、今回使用するのは加工の際に地金を「挟む」平らな形状の平やっとこです。



DSC_2259.jpg



この平やっとこを2本使いトップとチェーンを繋いでいきます。


まずは以前のブログで登場した丸カンを広げます。



DSC_2207.jpg



片方の手で持ったやっとこで丸カンを固定しもう片方のやっとこで輪っかを広げます。



DSC_2214.jpg



丸カンはアルファベットのCのような形をしていて最初は閉じている状態なのですが
そのまま左右に開くと形が崩れさらに負担がかかって折れてしまうため、前後に開きます。


そしてやっとこは物を強く挟む力はとても強く
力まかせに開くと丸カンの地金が潰れてしまうので繊細な作業になります。


丸カンを広げたらチェーンとペンダントトップに通し再度やっとこを使って閉じます。



DSC_2245.jpg



DSC_2239.jpg



左右それぞれに通し、傷がついてしまった部分は
最後の仕上げで綺麗にしたらネックレスの出来上がりです。



DSC_2257.jpg



今回は平やっとこのみをご紹介しましたが、
職人はこれらを巧みに使い分けて1本のジュエリーを作り上げていきます。






遠藤




■コンテンツ「職人の道具図鑑」はこちら




最終更新:2019/04/26 16:59

2019/04/19 15:41






こんにちは。
スタッフの遠藤です。


アムで取り扱っているカラーチェンジガーネットは
深い緑色や青緑色が多くありますが、みんな濃い色をしていますよね。


しかし同じカラーチェンジガーネットでも雰囲気の異なる石もあるみたいです。
今回それを仕入れたと聞いたので、ちょっと借りてきました。



DSC_1769.jpg



緑色と茶色が混ざったようなアースカラーで一見するとアンダルサイトのようです。


見慣れている濃い色とは真逆だったので
言われなければカラーチェンジガーネットとは分からないかも。


ペンライトを当てると赤茶色っぽい深い色味に変わりました。



DSC_1770.jpg



微妙なニュアンスを含んでいてとても綺麗。


カラーバリエーションが豊富なだけあって
実に様々な表情を見せてくれる楽しい宝石ですね。


現在はこの石を使ったアイテムを考案中なので、
今後皆さまにお披露目できれば思います。




遠藤




■濃い色のカラーチェンジガーネットの商品はこちら




最終更新:2019/04/19 15:41

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年