【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2019/02/21 17:11





上記の写真はモリオンビーズとオニキスビーズを並べた写真です。

モリオンブレスレットとオニキスブレスレットは非常に良く似ていて肉眼では見分けはつきません。

また、手で触っても全く区別がつかないので厄介です。

オニキスはモリオンとは鉱物学的にも全く違う石ですので簡単な見分け方をご紹介したいと思います。

まずはモリオンの鑑別書をご覧ください。







色相・透明度の欄に「黒色 不透明石、強光透過で黒褐色」と書かれています。

これが意味することはモリオンは必ず透けるという事です。

天然モリオンは水晶が自然界の放射線により黒くなったものですのでモリオンも元々は同じ水晶なのです。(ただ黒くなっただけ)

これらの事により透けないモリオンは存在しません。



インターネットで検索すると「透けるモリオンは偽物です」等のネット情報を見かけますがそれは全く逆で透けないものはモリオンではないのです。



透けない黒い石はモリオンではなく別の鉱物と考えられ、それはオニキスと思われます。

下記の写真がオニキスとモリオンの簡単な見分け方になります。

(※通常のLEDライトでは透けないので、透けないという事だけでオニキスだと断定しないでください。本掲載文章は1つの目安であり確定は鑑別機関に委ねる事をお薦めします)



当店のモリオンは12mmとなるとほとんど透けないため特殊なLEDライトで検査しています。

LEDライトは3200ルーメンを使用していますが、このクラスのLEDライトは直ぐに発熱し異常に温度が高くなるので取り扱いには注意が必要です。

(通常のLEDライトでは全く透けないため最大強光クラスのLEDライトを使用 ※裸眼で直視すると危険です)
このライトに載せているものは漏斗(ろうと・じょうご)です。

あまりに光が強すぎるため遮断する必要があり漏斗を黒色のテープで光が漏れないようにして頂点に集中させています。

この漏斗の上にビーズを載せるのですが貫通穴が開いている方を上下にしてLEDライトで下から照らします。















下記の写真をご覧ください。











ビーズの貫通穴の上部の付近が少し黒褐色になっているビーズがわかるでしょうか。(上側の写真



モリオンは必ず透けるために黒褐色になりオニキスは光を通しませんので真っ黒のままです。(下側の写真)

これでどちらがモリオンであるか一目瞭然かと思います。

ただし、本当に真っ黒で透けにくいモリオンも存在しますので一つの目安とお考え下さい。



モリオンだけでなく石さんに少しでも疑念を持つとパワーストーンとしての効力は一切なくなります。

ご自身で完全に納得できるモリオンがご希望であれば鑑別書付きのモリオンを購入される事をおすすめします。

最終更新:2020/08/03 09:22

ページ上部へ

カレンダー

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年