【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/04/06 16:36

「天然石の中で世界一美しい石は、何だと思いますか?」
ともし、聞かれれば、

私なら「ラリマーです」って答えるでしょう。

1 (2).jpg

澄みきった青い海に青い空、見渡す限り美しい風景。

2.jpg

こんな場所で時間を忘れ、ダイビングをしていると一匹のウミガメが泳いでいます。
その甲羅を見てみると「ラリマー」そのものでした。
青い海の中では、甲羅が青く見え立体感のある模様がラリマーそのものに映りました。

3.jpg

島に戻りトロピカルドリンクを飲んでいるとその瞬間の太陽光、風、空気を感じその場でうたた寝をするのでした。
_______________

私が見て感じるラリマーのイメージは、やすらぎ、平穏、リラックス、安心感、癒しなんです。

毎日のように仕事仕事に追われる日々ですが少しでも心の安らぎが欲しいものです。
ラリマーが持つ波動は、見ること、触れることであなたに安心感と安らぎを与えます。

4.jpg

この度、ラリマーが再入荷しました。
今回のロットを確かめるために特に美しいカボションを鑑別依頼しました。
何故、美しい物を鑑別依頼するのかと言いますと色合いが美しいと言うことは、染色処理、着色処理している可能性が高いからです。
逆にこれらが無処理、染色、着色が一切なければ他の石もまず無加工なのです。
下のお写真が鑑別書で無加工なのがわかります。

5.jpg

ラリマーに多い黒いインクルージョンを目立たなくし、ブルーの色合いを鮮やかにする着色処理、悪いとは思いませんが粗悪でお安いラリマーを処理をする事で高値を販売する事に問題があると思います。

6.jpg

当店では、誤魔化しのない本物を販売したいので鑑別書を付けることを強くお薦め致しております。(別料金5400円)
当店のラリマー自体がお安く鑑別書を付けましても決して高額にはなりませんので一度他店とお値段の比較をしてみて下さい。

7.jpg

8.jpg

以前よりラリマーカボションをペンダントトップとして使いたいとのお問い合わせが多いのでラリマーを加工して販売しております。
今回は、ヒートン付きバチカンの作品例をご紹介致します。

9.jpg

10.jpg

1.ヒートン付きバチカン   石に穴を開け、その穴に突き刺しボンドで接着して使うバチカンです。
(ボンドは、100均で売っているエポキシ樹脂系接着剤を使うことで強力に接着します)

長所  加工面積が最小ですので石の表情を最大限に見せることができます。機械で穴を開けるので加工が容易。
短所  トップがある程度の面積がないと穴を開けることができません。先が尖っている物は穴あけ不可です。

2.バチカン         石に貫通穴を開け留め金を挟み込みます。
長所  留め金で挟んでいるだけですので簡単に種類の異なるバチカンに交換できます。
    (メッキが剥がれてきた時などに大変便利)
短所  石に貫通穴を開けなければならず、加工が困難です。
    (穴の位置がずれる、石の掛け、割れが起こる可能性が高いので細心の注意が必要)

3.板付きバチカン      石の裏側に板をボンドで貼ってペンダントトップにするバチカンです。
長所  誰でも簡単にボンドで貼り付けることができます。
    (百均で売られているエポキシ2液混合タイプの接着剤で接着します)
短所  板が張り付くのでその部分の石の表情を奪います。

_MG_4792.jpg

4.ワイヤーラッピングペンダントトップ アーティスティックワイヤーを使い石を包み込むように作ります
長所  加工が簡単。練習を重ねれば誰でも良い作品が作れます。
短所  特にありません。

ヒートン付きバチカンは、直径1~1.5mmの穴を3mm~4mm開けるだけです。
これだけでペンダントトップにでき、バチカンもシンプルでいてスタイリッシュなデザインです。

ラリマーカボションだけでなくモルダバイト原石も簡単にペンダントトップにできますのでお気軽にご相談下さい。(形によりできない形状もありますのでご了承下さい)

これからも当店でしかできないサービスを安価でご提供できるように頑張っていく所存でございますので何卒、これからもよろしくお願い申し上げます。

最終更新:2019/03/13 14:24

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

カレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月