【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2014/11/05 19:07

ジャカレー(Jacare)とはポルトガル語(ブラジルで使われる言葉)でワニを意味しています。
多数の結晶で構成されその様子がワニの背中に似ていることが名前の由来です。
エレスチャルですが結晶が成長する過程で、角と辺のみが急速に成長することにより
水晶内部に水・不純物・空気を含んだり、骨格のように結晶の筋が見えたり表面がボロボロで段差、大きな穴等のある変わった形状を示しています。
このジャカレー水晶もマスタークリスタルのうちのひとつで、クリスタルの最終的な姿
その長い時間の中で蓄積された知恵とエネルギーを持つとされます。
不要なものをすべて浄化し自己の内側深くに導き、真理を教えるシャーマン的なクリスタルです。
数億年もの歳月をかけて形成した水晶の最終形態とも言われていますが、
実際は珪酸分の多い溶液環境の中で、通常よりも短期間で成長し長期間眠っていたのでしょう。
表面がそれを物語ります。
今回のミナスジェライス産はスモーキーでレインボーが多数見られるジャカレーです。



IMG_0011.jpg



IMG_0020.jpg



本日のガネーシュヒマール産はカテドラルでズングリに先細りが貫入しているクリスタルです。
完全に貫通でしたらペネトレイターで貫入しているものはブリッジになります。
昨日ブリッジの説明をさせて頂きましたがこのような貫入に対してもブリッジを使うようです。
ブリッジは逆境にあっても常に前向きに、希望を持ち続ける力を与えると言われています。
人に積極性をもたらし世界を広げることで、成功へ導くとされています。



IMG_0030.jpg



imgrc0065727491.jpg

最終更新:2019/07/16 00:00

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2014/11/04 19:03

 ソウルメイト・ツインに白水晶が乗っています。

変わったガネーシュヒマール産水晶です。
ソウルメイト・ツインですが一方は薄いブリッジが入り主たる白水晶にはたくさんの水晶がカテドラル状に付着し
階段状の段差が見られる面白いポイントです。
★ソウルメイト・ツイン
ほぼ同じ長さで寄り添って立っているツインの水晶です。
ソウルメイトとは、「魂の仲間」という意味で、前世での知り合い、
運命で結ばれた仲間、転生輪廻の中で何度も身近な存在として出会っている人など
互いに深い精神的な繋がりを感じる大切なパートナーのことで、恋人・夫婦・親子・友人・師弟であったりします。
★ブリッジ
水晶と水晶を結ぶ二つの結晶の間にはさまって橋渡しをするように結晶しているものです。
貫入水晶の事もブリッジと言う言葉が使われるようです。
ブリッジとは逆境にあっても常に前向きに、希望を持ち続ける力を与えると言われています。
人に積極性をもたらし世界を広げることで成功へ導くとされています。
★カテドラル
カテドラル水晶とは結晶が段階状に互いにくっついているように見える水晶で、
結晶の柱面に階段状の凹凸が見られたり、 いくつもの先端が一つの結晶に林立しているのが特徴です。
姿の荘厳さが英国教会の大聖堂(カテドラル)を思わせるためこの名前で呼ばれています。
古代の叡智、自然からのメッセージを、必要とする者に伝えるとされています。
IMG_0013.jpg
IMG_0014.jpgIMG_0017.jpgIMG_0018.jpg

最終更新:2017/01/15 20:28

2014/11/03 11:19

レコードキーパー・トライゴーニック
レコードキーパーは人類と地球の遠い過去からの出来事へのアクセスを提供するもの。
トライゴーニックは探究者に未来への鍵を提供するものとされています。

トライゴーニック水晶は、近年ブラジルで発見されました。
トライゴーニックとは、水晶の錐面に下向きの三角形の蝕像のことで、
マスタークリスタル(水晶にパワーをもたらす要素)の一つです。
上向きの三角形の蝕像は「レコードキーパー」と呼ばれています。
レコードキーパーは有名なマスタークリスタルで人気があり比較的よく見られます。

レコードキーパーと比べると、トライゴーニックは非常に珍しいです。

トライゴーニックは、ヒマラヤ水晶の「アイスクリスタル」だけに見られる特徴だと考えられていました。
アイスクリスタルは、数年前ヒマラヤの氷河が解けた場所から発見された水晶で
その独特の形状とパワーで人気を博した水晶です。

C面
アイスクリスタルには特徴が二つあります。
○逆三角形のトライゴーニック
○C面と呼ばれる結晶の長軸に対して垂直な面です。

C面を持つ天然水晶はボリビアのアメトリンとアイスクリスタル以外には発見されていませんでした。
ですがトライゴーニック水晶の中には「C面」を持つ石があります。

現在、ヒマラヤのアイスクリスタルはほとんど産出しなくなっています。

しかし、似た特徴を持つトライゴーニックがブラジルで発見されました。

トライゴーニックを持つ水晶は非常に珍しいだけでなく、きわめて強いパワーを持つとされています。
持ち主を選び、クリスタルヒーラー、クリスタルワーカーの旅立ちを助け、手にしたそれぞれの人の使命のために力を貸してくれると言われています。

このような水晶が途切れることなく姿を現し、私たちのもとに届けられることには、どんな意味があるのでしょうか。

地球からのギフトとも言われ、その輝きや色、美しさ、そして不思議な力ではるか古代から私達を魅了してきたクリスタル。
パワフルな自然のエネルギーがいっぱい詰まっているクリスタルを使ったヒーリングは、何世紀も昔から人々の間で行われてきました。

クリスタルヒーラー
ヒーリングに使われるクリスタルは、それぞれ特徴的な波動・エネルギーを持っています。
クリスタルを身体の上や周囲に配することで、
石のエネルギーが私たちの心や身体のエネルギーに働きかけ
それによって私たちは、本来のエネルギーバランスを取り戻し
身体や心の奥底にある、自分の本質の部分に気づいてゆくことができます。
私たちが常に自分らしくあり、生き生きとした人生を送ってゆくために、クリスタルヒーリングはとても役に立ちます。
私たちの「心」や「感情」とは何か、そして身体の仕組みなどにもフォーカスしながら
クリスタルが私たちにどのように働きかけてくれるのでしょうか。

クリスタルワーカー
クリスタルワーカー第一人者 Melody「米国メリーランド州生まれ。」
クリスタルワーカーの第一人者であり、世界的ベストセラーの「Love is in the earth」
シリーズの著者。著作は世界38ヶ国で出版されている。
長年に渡り世界で数多くのワークショップを開き、多くのクリスタルワーカーを育成。
数多くのメタフィジカルストーンの名付け親で、「メタモルフォーシス」「ライトニング・
クオーツ」「スーパーセブン」etc…をリーディングし、初めて著書で紹介するなど、石
の持つ素晴らしい力を伝えるため世界規模で多くの活動をしている。
現在は彼女が育てた多くのクリスタルワーカーが講師やヒーラーとなり活動しているため
彼らに十分な活動の場を与えたいとの希望でワークショップ活動は行わず
本の執筆を中心に新たな石の探求に専念。

img000007677.jpg

最終更新:2017/02/02 12:19

2014/10/26 16:57

  昨年、ネパール・ガネーシュヒマール産水晶をミネラルショーで見て以来その美しさ、色、形に惚れ込みました。
こんなに魅力的な水晶は見たことが無かったのでそれは衝撃的な原石となりました。
現在は正真正銘のガネーシュヒマール産原石水晶を大量に持っています。
しかし、愕然とした事実があります。
私にはその魅力を伝える言葉、用語、写真、知識がありません。
持っているものは実物しかありません。
それを販売しようとしています。
がそれに見合う知識がないのですから悲惨です。
悲惨ですがお店の運命を賭けたガネーシュ産です。
これが成功しなければ大打撃には間違いありません。
只の素人同然のオヤジの説明文です。
間違っていましたらどうか教えて下さい。
「難しいです。」
一長一短では理解できないのが現状です。
「ただ、私はミネラルショーで見たガネーシュヒマール産に惚れ込みました。」
今後、誤字、誤説明、こんな素人の店で買えるかと思われる事でしょう。
でも間違いのない事実はネパール・ガネーシュヒマール産の本物の一言に尽きます。
これが真実です。
良く解っている方でしたら写真を見れば直ぐに解かると思います。
まがい物は販売しません。
ポイント、クラスターが放つダークサイド、影、立体、反射、光線を少しでも解って貰えればと思い
ブログに書いています。

今回はガネーシュヒマールではお馴染みのズングリムックリ先細りタイプインクローライトです。私が思うにガネーシャの化身がこの水晶なんでしょうか?

IMG_0006t.jpg


Fotolia_54914215_Subscription_Monthly_XXL.jpg

最終更新:2017/10/14 13:15

ページ上部へ

カレンダー

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月