【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2020/05/08 00:54





メテオライト(ムオニナルスタ隕石)

ムオニナルスタ・メテオライトは1906年スウェーデンの最北端、ノールボッテン県キルナで発見された鉄隕石です。

ギベオン・メテオライトと同じオクタヘドライト(八面体晶隕鉄)で6-14%程度のニッケルを含みます。

断面を研磨して硝酸で腐食(エッチング)させると、ウィドマンシュテッテン模様という三角形・平行四辺形の縞条模様が表れます。

ムオニナルスタ・メテオライトのウィドマンシュテッテン構造はギベオン・メテオライトより繊細で細かい模様が現れるようです。




ナミビア・ギベオン隕石と言えば隕石に興味がある方であれば誰もが知っている鉄隕石ですが、スウェーデン・ムオニナルスタ隕石はご存じの方は少ないかもしれません。

どちらの隕石も鉄質隕石でエッチングを施すとウィドマンシュテッテン模様が大量に表れます。



下記の写真はムオニナルスタ隕石の厚みがわかるように撮影しました。

薄くスライスする事でたくさんのムオニナルスタ隕石標本が生まれ、その分お安く販売することができます。

厚切りにスライスすればそれだけ原石を必要とするため割高になってしまいます。

1つの大きなムオニナルスタ隕石があるならば、出来るだけ薄くスライスして販売される事がほとんどのようです。



本品はほんとうに薄く、その厚みは何と約1.49mmですが重量は66.1gと重いのです。

表面積が大きいのでウィドマンシュテッテン模様の迫力が違います。

それも両面がウィドマンシュテッテン構造だと言うのも見逃せません。

今まで見てきた鉄質隕石は小さなペンダントトップであったり、球状のビーズ等でしたので、細かい模様がどのように入っている等がわかりずらかったですが表面積が大きくなったことで詳細に観察できるようになった事が最大のメリットです。




下の鑑別書の摘要欄には「表面部にメッキ加工を認む」と書かれていますが、実際に表面を触ってみるとメッキされているとは思えないようなツルツルの面をしています。

これも透明材の被膜処理のおかげでしょう。

しかし、これでも錆びる可能性が高いので保存には潤滑油が必修です。

※錆びている外縁部を見ると納得かと思います。(写真2枚目の外縁部参照)




ギベオン隕石はネット状ではたくさんの偽物情報が飛び交っていますが実際はどうなのでしょうか。

私自身の体験ですが今まで鉄質隕石(アイアインメテオライト)の鑑別依頼をしてきて偽物と判断されたことはありません。

下の写真はどちらもウィドマンシュテッテン構造にメッキを施した物ですでしたが本物でした。

※巷ではこのようなメッキをされたギベオンは偽物が多いとか??? 

そう言えば一番上のムオニナルスタ隕石もメッキされコーティングされるも本物の鉄質隕石(アイアンメテオライト)でした。



私個人の見解ですが今まで鑑別機関で鉄質隕石が偽物と判断された事が無いため偽物が本当に存在するのか疑問です。

もし、公的な鑑別機関が偽物とする鑑別書を発行しているのであれば是非、見てみたいものです。

ネットにはフェイク情報もたくさん埋もれています。

例えば、「安く販売されている物は偽物が多いので注意が必要です」等。

確かに相場に比べ隕石がお安ければ、誰しも不安になる気持ちも分かります。

しかし、本物を薄利多売でお安く提供しているお店にすれば気分が悪い一言です。

上記の文言は、高額な価格で商品を販売しているお店のセールストークのような気がしてなりません。

「自分のお店は高いので全て本物です」みたいな。

私が隕石を購入するのでしたらお安く販売しているお店に「鑑別書を付けられますか?」と質問します。

「はい、別料金になりますがお付けする事ができます。」と回答がある場合はその商品が本物であると確信しているからこそ出る言葉なのでそのお店を信じて購入しますが鑑別書はつけてもらいます。



鑑別料金ですが小さなギベオンなら1万円は掛からないと思いますが、大きさ・重さや鑑別の難易度で変化します。

でも考えてみて下さい。



たとえ鑑別料金に1万円掛かったとしてもご自身の心の中でこれは本物だと確信が持てるのです。

色々なネットの情報で疑念を膨らませ、疑いの目で隕石を見てしまう事を考えますと1万円はお安いのではないかと考えます。



鑑別の一連の流れは以下のようになります。

隕石の鑑別は鑑別機関と連絡をとり、まずはその大きさや重さを伝えます。

(大きすぎて検査機に入らない等があるため)

出来そうだと判断された場合は隕石を送ります。

その後、大体の見積もりをしてもらい鑑別が始まり、検査後に問題が無ければ鑑別書の発行となります。

しかし、鑑別途中で成分分析が必要な場合は1万円~10万円以上の費用がかかる等の電話があったりします。

以前ですが、神居古潭を鑑別依頼すると成分分析で10万円前後かかると言われ諦めた事がありました。

その他では三葉虫等の化石類は不可であったり、パイライトアンモナイトはNG、マイナーな石ではハイパーシーンも成分分析が必要と言われ断念しています。

カンポデルシエロ隕石は個体により鑑別不可の場合があります。

アンモライトも個体により鑑別不可があります。

このように鑑別機関なら何でも真贋がわかるとはいかないようです。

また、商品代金より鑑別料金の方が高い場合も何か釈然としない気持ちになりますが「本当に鑑別書が必要か」お客様の心の中に一度問いかけてみるのが重要だと思います。



当店ではお客様に安心してご購入して頂くために鑑別書依頼をお受けしていますので是非ご相談下さいませ。

※成分分析等が必要で鑑別をお受けできない場合がございます。

※鑑別料金が別途掛かりますので予めご相談下さい。

最終更新:2020/05/09 01:32

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2020/02/22 23:05






稀少価値が高いと言われるパラサイト隕石は今までどれ位の量が回収されたのでしょうか。

パラサイトと認められた主な隕石は以下となります。



1810年
 
ベラルーシ共和国 ブラヒン 「ブラヒン・パラサイト隕石」 回収量 1000kg

1822年
 
チリ
 
アタカマ砂漠イミラック 「イミラック・パラサイト隕石」 回収量 920kg

1882年
 
アメリカ カンザス州 「ブレナム・パラサイト隕石」 回収量 4300kg

1967年
 
ロシア マガダン州 「セイムチャン・パラサイト隕石」 回収量 323kg
 
1951年

アルゼンチン チュブト州 「エスケル・パラサイト隕石」 回収量 755kg

1984年
 
ブラジル バイア州クイジング 「クイジング・パラサイト隕石」 回収量 59kg

1999年
 
ニジェール ジンダー郊外 「ジンダー・パラサイト隕石」 回収量 46g

2000年
 
新疆ウイグル自治区 昌吉回族自治州阜康市 「フカン・パラサイト隕石」 回収量 950kg

2016年
 
ケニア セリコ 「セリコ・パラサイト隕石」 回収量 4000kg



全て合計して約12,307kgで約12.3トンです。

さて、多いのか少ないのか?








続いて登場してもらうのは資産価値が高い金です。

これまで人類が採掘してきた金の総量は約18万トンと言われています。

これは「豪華客船」クイーン・エリザベス号2隻分に匹敵する重量です。



全長:294m

最大幅: 32.25m

乗客定員2,081人

重量が90,900トン



金と比べてパラサイト隕石がどれほど少ないかが一目瞭然です。

パラサイトは地球上に落下した全ての隕石の中で僅か2%弱しか存在しない希少な石鉄隕石です。













パラサイトペンダントトップの美しさは光を透過する事です。

薄くスライスされたパラサイトの鉄・ニッケルの部分は光を通さずペリドットの部分は光を通します。

それはまるで色鮮やかなステンドグラスに太陽光が射し込むとガラスの模様と色が浮かび上がる幻想的な光景のようです。


薄くスライスすれば確かに美しいのですが元のパラサイト石鉄隕石は一体どのような物なのでしょうか。

切断されていないありのままの隕石とは。

と言いましても未切断のパラサイト石鉄隕石があったとしても切断していないので「本当にそれがパラサイトなのかわかりません」

やっぱり切ってみないことには全貌がわからないのです。

でも未研磨の原石も一度見てみたい。

ひとつ良い方法があります。

1つの原石を半分に切断すればスライス面と原石部分が残ります。













半分に切断したパラサイト石鉄隕石が上記の写真です。

石ころのようにも見えますが、尖っている所を見ると少し銀色に輝いています。

多分ですが外側表面をサンドペーパー等で磨けば鉄とペリドット部分が共に出てくるのではないかと思います。

スライスしてわかった内部構造(鉄とペリドットが入り交じる)が外側表面にもあると考えていますが、超高価なため磨く勇気はありません。









上の写真は両面をスライスし外側だけが原石になっているパラサイトです。

パラサイトのほとんどが上記のようにカットされ販売されています。

薄くスライスすることで数を増やし販売することが出来るからだと思われます。

そう考えると原石が付いたパラサイトは大変希少価値が高いと言う事がわかって頂けるかと思います。







こんな半割りパラサイトを鑑別してみました。



物質名 天然隕石(メテオライト)

宝石名 石鉄隕石



摘要欄には「ペリドットを含む石鉄隕石」「パラサイト」と言う文字が書かれています。

鉄・ニッケルなので磁性があります。

また、切断面には透明材の被膜処理がされています。



「なるほど、本物のパラサイトだ」と思う瞬間です。

原石の見た目からは想像できないスライスされた面の美しさ。

半割だからこそ可能なのですがもう一方の原石をスライスすれば新しい面が表れます。

もっと薄くスライスする事ができればステンドグラスのように透けるのかもしれませんが大きいので耐久性の問題や加工の難しさがあるのかもしれません。



パラサイト隕石に関しましては今後、ケニア・セリコだけではなく産地にもこだわって販売していきたいのでよろしくお願い致します。


最終更新:2020/05/08 15:07

2020/01/31 22:05







琥珀(アンバー)とは木から出る樹脂が長い年月(3,000万年)を経た後に化石となったものです。

そのような琥珀の中で特に珍しい物が太古の虫入り琥珀です。

太古のハエ・蚊・クモ・アリ等の昆虫を内包する琥珀がほとんどですが、中には小さなトカゲ等の爬虫類を内包する琥珀もあるようです。

そのため琥珀には色々な加工品や模造品が出回っています。









・フェノール樹脂

フェノール樹脂で形成された物は琥珀そっくりで見分ける事が難しいですが比重が1.21-1.30あるため飽和食塩水(比重1.1)に入れると沈みます。

一方の琥珀は比重が1.08なので飽和食塩水(比重1.1)に浮くはずでしたが実際は沈みました。(上記の写真で沈んでいるのが琥珀です)

ネット等では「本物の琥珀は浮く」と書かれていて、「沈むと偽物」と言う情報ですが飽和食塩水と琥珀の比重が微妙ですので「必ず浮く」と言う事ではありません。
ネットの情報は簡単に調べられ便利だとは思いますがそれが正しい情報だとは決して言えない見本だと考えます。
やはり正確に真贋を確かめるには鑑別書を作成してもらう事が最も重要です。

※フェノール樹脂はフェノールとホルムアルデヒドを原料とした熱硬化性樹脂の一つで、世界で初めて植物以外の原料より人工的に合成されたプラスチックです。









・圧縮琥珀(アンブロイド)

琥珀(アンバー)は180度以上で加熱すると軟化し、250度-300度で溶解します。

その性質を利用して小さな琥珀の粉や欠片を集めて大きな琥珀を作成します。

天然石で言えば練りや溶錬のような作り方です。

上記の写真はブレスト・アンバーの鑑別書が無かったので既存の天然こはく鑑別書を使いアンブロイドだった場合の記述を再現してみました。



素材名に「天然こはく」と書かれるので天然の琥珀には間違いないのですが宝石名に●1「プレスト・アンバー(圧着琥珀)」と書かれ、摘要欄には●3「加熱による圧着処理が行われています。鑑別の基準で”摸造石”に分類されます。」の文言が入るようです。(一般社団法人 宝石鑑別団体協議会 A.G.L)

さすがに「天然こはく」と認めているのに「摸造石」とは何かしっくりしない感じです。

アンブロイドを簡単に言えば琥珀の粉を固めて大きな琥珀にした物と考えて下さい。

しかし、このアンブロイド琥珀の中に現在の虫を入れるとそれは完全な偽物となるかと思います。

また、アンブロイドの溶解中に赤色を流し込めばレッドアンバー、青色ではブルーアンバー、緑色ではグリーンアンバーと簡単に鮮やかな色の琥珀を作り出すことが可能です。

ただし、着色すると鑑別書には●2「加圧加熱処理、着色処理が行われています」の文言が入ります。









今回の鑑別書をご覧下さい。



素材名 天然こはく



宝石名 虫入り琥珀



加圧加熱処理が行われています



素材が「天然こはく」で宝石名が「虫入り琥珀」と書かれているのでフェノール樹脂やプレスト・アンバーで無いことが確認できます。

また、太古の虫を含有する琥珀ですと認めています。
その下に書かれている加熱加圧処理とは圧力を掛けて加熱する事で透明度を増してお色を濃くする処理の事で、通常の琥珀にはこの処理がほとんど行われています。



比重は1.08ですので飽和食塩水(1.1)に浮くのかは微妙ですが当店の実験では失敗しています。

蛍光検査では長波、短波共に蛍光特性が確認できます。















拡大検査では「昆虫インクルージョン」と書かれています。

※インクルージョンとは鉱物(本品では琥珀)に内包する他の鉱物、空気、水、昆虫等にあたります。

写真を見ているとハエや蚊等が確認できます。

これらの昆虫が数千万年前に生きていたのですから驚きです。

もし、琥珀のカプセルに閉じ込められなければ亡骸は消滅していたのですが琥珀の中では今も彼らの姿を見ることができます。

石になった化石ではリアリティーを感じられませんが琥珀だとその姿、形が3Dで琥珀内に浮かぶのでじっくり見ると「えっ、すご!」と思ってしまいます。

大きな物では爬虫類を内包する琥珀もあるとのことですが非常に高価との事です。

「見てみたい」と思ったら当店にも琥珀工芸品がありました。

それはサソリが入った樹脂製の飾りでした。






最終更新:2020/06/23 22:50

2019/12/28 00:53

パワーストーンの醍醐味は数々の意味を持つ天然石をご自身が選び、組み合わせる事で自分だけのオリジナルブレスレットが作れる所です。

しかし、お客様の中には「難しそうだからできない」「上手く作れそうにない」等、最初から諦めている方がたくさんおられます。

そこでオペロンゴムを使いブレスレットを作成する方法を写真で紹介する事にしました。

You Tube等の動画でよく紹介されていますが肝心な所を止めたりしなければならないため、このような説明は写真と文字が一番わかりやすいと思います。

やはり作りながら確認しつつ作業ができるのが一番簡単です。



ブレスレット作成で一番注意が必要な点が最後の団子結びです。

結びがゆるいと抜けてしまい、強いと切れてしまい、また最初からの作業になってしまいます。

何度も失敗し練習する事でコツが掴めてくるかと思いますので頑張ってチャレンジしてみて下さい。

以下の写真が小さい場合は商品ページの7枚目以降の写真をご覧下さい。
























































































最終更新:2019/12/28 00:54

2019/12/02 18:18






アンモナイトの化石は世界中で発見され、その数は1万種を超えるとされています。

しかし、そのほとんどはオパール状の遊色はありません。

下の写真はマダガスカル産中生代白亜紀(1億3500万 - 6500万年前)のアンモナイトで 学名 クレオニセラス(Cleoniceras)と呼ばれます。

このアンモナイトも遊色アンモナイトですがカナダ産アンモライトとはまた、違った輝きを放ちます。













宝石として認められるアンモライトはカナダのアルバータ州からサスカチュワン州、米国のモンタナ州南部にまでに至るベアバウ(Bearpaw)層で採れたアンモライトだけです。

上の写真はカナダ アルバータ州産のアンモライトでマダガスカル産のアンモナイトとは色の深み、コントラスト、多色であること、見る角度で色が変化する等、宝石と認められるだけあって違いが明らかです。



アンモライトは当時生息していたアンモナイトが化石となり、7000万年の時を経てその表面に、アラゴナイトが付着しイリデッセンス(遊色)効果を発するようになったものです。

イリデッセンス効果とは、光を当てた際に物質内の構造により多色の乱反射が起こり、表面や内部に虹色のような多色の輝きが生じることを言います。



鑑別機関は化石の鑑別は行いませんがアンモライトは宝石ですので当然鑑別が可能だと思いましたが引き受けてもらえる鑑別機関は限られるようです。



鉱物名 天然アンモナイト



宝石名 アンモライト



備考欄 

透明皮膜を認む

透明材の含浸処理が行われています。



鉱物名はアンモナイト ←アンモ ナ イトです。

「ナ」に注目して下さい。



宝石名はアンモライト ←アンモ ラ イトです。

今度は「ラ」に注目です。



「ナ」と「ラ」の違いだけですが上は化石の名前で下は宝石名です。

1981年に世界宝石連盟はアンモライトを公式に宝石として認定しました。

2004年にはカナダ アルバータ州の宝石に定められました。



透明材の含浸処理と言うのは耐久性を高めるために行われる処理で宝石質のアンモライトに施されます。

アンモライトの殻は0.5mm~1mm程で非常に薄くもろいので耐久性を高めるためにも必修です。

また、透明皮膜はアンモライトの表面にするコーティングで汚れ等からアンモライトを守ってくれます。



お写真を見てもらえばわかりますが確かに宝石と言っても過言ではない程の美しい色合いです。

こんな美しい色を持つ化石はカナダ アルバータ州のベアバウ地層のアンモナイトしか存在しません。

この地層はベントナイトと呼ばれる粘土で出来ています。

この粘土でアンモライトが覆われていたからこそ、アラゴナイトが変質する事無く現在までこの美しさのまま保存することができたのです。

それも約7000万年前にアンモナイトが生きていたと言う事実が凄いことだと思います。



アンモナイトは今から約6550万年前の白亜紀末に小惑星の衝突によって絶滅したと考えられています。

※1「K-Pg境界」と呼ばれるこの時期に地球の自然環境は大きく変わり、恐竜を含めた多くの生物が大量に絶滅に追い込まれました。

具体的には、小惑星が衝突したことにより大量のすすが地下から放出され、成層圏を数年間浮遊した結果、太陽光が地上に到達しづらくなったそうです。

地上の温度が下がり、降水量が砂漠並みに減ったことで植物が枯れ、食物連鎖のピラミッドが崩壊しました。

その影響はもちろん海中の生態系にもおよびます。

地上と同様に海水の温度が低下し、その結果アンモナイトも絶滅に追い込まれてしまったというのが定説です。



そのアンモナイト化石が宝石のような眩いばかりの虹色を放ち私たちの前に忽然と現れました。

ダイヤ、ルビー、エメラルド等は石なので冷たい感じですが、アンモライトは生命を持って生きていたと思うと温かみを感じます。

こんな生い立ちのアンモライトがただただ美しかったのです。









※1K-Pg境界

(ケイ・ピージーきょうかい 英: Cretaceous-Paleogene boundary)とは地質年代区分の用語で、約6550万年前の中生代と新生代の境目に相当します。

顕生代において5回発生した大量絶滅のうちの最後の天変地異です。

恐竜を代表とする大型爬虫類やアンモナイトが絶滅したことで有名でですが、海洋のプランクトンや植物類にも多数の絶滅種がありました。

種のレベルで最大約75%の生物が絶滅し個体の数では99%以上が死滅しました。

K-Pg境界ではメキシコのユカタン半島付近に直径約10kmの巨大隕石(チクシュルーブ衝突体)が落下したことが知られています。

この隕石落下が、大量絶滅の引き金になったとされています。



アンモライトの保管上の注意点

生活上の水濡れは問題ありませんが、アンモライトはその性質上、長期間水に濡れていると輝きが曇ってしまう場合がございますので水濡れには十分ご注意下さい。

また、アンモライトは紫外線に対しても比較的影響を受けやすいため、日光の当たる窓側に長期間置いていると輝いている層(アラゴナイト層)が剥離する場合がございますので直射日光を避けての保管をお願いします。

アンモライトの全ての物に言えることですが表面をコーティングしていますのでアンモライトが汚れた場合には、湿ったやわらかい布で軽く拭いてください。

石鹸や洗剤、薬品のご使用は品質低下の原因となりますのでお避け下さい。



最終更新:2019/12/02 19:27

ページ上部へ

カレンダー

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月