【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/02/19 13:45

 10人十色というけれど、いろんな方がおられます。お医者さんも
いろんな考えを持った偉い先生が多く、本屋さんの健康ブースに
たくさん健康に関する本が並んでいます。あれだけあると何を
信じていいのか分かりません。

 私の若い頃は、このまま元気に歳をとらないで、いつまでも若さが続く
と思っていましたから、健康については全く考えてはいませんでした。
だから、本屋さんは趣味のコーナーばかりで健康コーナーは見たことも
なかったですね。

 それが、母のガンを契機に毎日のようにいろんな本屋さんの健康コーナー
をまわり、ガンを治すことが書いてないか捜し歩きました。(今なら
インターネットにかじりついていることでしょう)

 現代社会、まわりをみればガン、痴呆、糖尿病、ウツ、登校拒否
等々健康人より病人の方が多いような気がします。これだけ、医療技術
が発達して、国の予算40兆も使っているのにどうしてなんでしょう?

 何かが違うような気がしてなりません。なんなのでしょう?

 そんな中『患者よ、ガンと闘うな』などで医療の真実に鋭くメスを
入れ、医学界の常識とも闘い続ける医師の近藤誠氏が新書『もう、
だまされない!近藤誠の「女性の医学」』を刊行。今また、この国の
医療のあり方に警笛をならす・・・このような文書が目に飛び込んで
きました。

41Y9WJCWFDL._SX329_BO1,204,203,200_.jpg

 なんだかスゴイタイトルですね。健康のためによかれと受けている
健康診断やガン検診が、無意味どころか、むしろ有害だと言っているの
です。そして、今の日本の医療は万事、お金が中心になっていて、健康な人
は常に病人にさせられようとしている。

 あのマーモグラフィで見つかる乳がんは、進行性も転移もしない
ガンもどき」で、「ガンの疑いあり」と検査をすすめれば放射線を
浴び発症の原因になる。

 そして問題なのは、世界的に温存療法の流れなのに日本では摘出手術
が増えている。そして近藤先生がセカンドオピニオンで全摘出手術
必要だった人はほとんどいなかったそうである。

 さすが根拠もなくこのような本を出版するわけはないでしょう!
私はこの辺に現代社会のブラックBOXを感じます。

 自分の家族を守るため、一方向だけの情報でなくもう片方の情報も
ぜひ確認してみたらいかがでしょう。

最終更新:2016/02/19 16:19

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2016年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

今月



貼ってみたがよくわからない方、
どこに貼ったらいいか迷っている方など。
なんでもご相談下さい。
店長小林がお答え致します。

ご相談はこちらから