【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2011/02/10 19:16

 人間は毎日いろいろと排泄して生きています。

(大、小便、汗、耳から、鼻から、口から・・・)これらは、身体の中にある時は、

汚いとは思わないのに、出たとたんに汚いものになってしまいますよね。

これってどうしてなんでしょうね。でも、そんな中で、例外があるんです。

 そう、それは涙です。しかし、同じ目から出るものでも目ヤニは汚く感じてしまいます。

涙の一滴は、人間の感動を誘い、また新たな涙を誘います。

同じ体液なのに、口からよだれが出たら感動するどころではありません。

なんでだろう?あの聖医ヒポクラテスは「涙は脳から出る液体」と称したそうです。

そして遺伝子の村上先生も言っています。「感動で涙をこぼすと、人は良い気持ちになります。

たとえ悲しいときでも、ワンワン泣いたあとは気持ちがサッパリします。

痛いときに泣くと、その時は痛みがやわらぐような気がします。

これはよい遺伝子がONになったことを意味します。高齢者に長寿の秘訣を聞くと、

その条件の一つとして「感動すること」をあげる人が少なくありません。

年齢のわりに若々しく見えるのは、感情豊かで、いろいろなことに素直に感動するタイプです。

感動は長寿を呼び、若さを保つ効果があって、こういうことにも遺伝子の働きが

関係しているのです」さあ~皆さんどうでしょう。涙ってスゴイですね。

最終更新:2011/02/24 11:11

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2011年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

今月



貼ってみたがよくわからない方、
どこに貼ったらいいか迷っている方など。
なんでもご相談下さい。
店長小林がお答え致します。

ご相談はこちらから