【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2018/07/19 10:00

こんにちは。


漬けもん屋の細田です(*^_^*)


最近また一段と寒くなってきましたね。


風邪などひかぬようどうぞご自愛ください。



さて、皆さん、


醍醐味ってご存知でしょうか?


「本当の楽しさ」とか「深い芯の部分にある面白味」


そういう意味で通ってますよね。



しかしながらこの醍醐味にはある由来があるのです。


実は醍醐とはもともと乳発酵食品の味だったのです。


元々は仏教用語として使われており、


チーズ、またはヨーグルトだったと言われています。


そして日本の平安時代にもそれは伝わっており、


日本では乳を発酵させた後(ヨーグルト)に、


甘酒を入れます。


それが得も言えぬほど美味で、


その大変素晴らしい美味しさから『醍醐味』


という言葉ができたと言われています。


『ヨーグルト』に『甘酒』




両方共に発酵食品であり、


洋のヨーグルト、和の甘酒、


なんとも数奇な運命を感じさせます。


今から1000年以上も昔に


こんな形で和洋折衷が存在していたとは驚きですよね^^

最終更新:2018/07/19 10:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2018/07/18 11:12

こんにちは!有限会社 樽の味です。

当店の今週(7/11 - 7/17)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は★テレビでも話題のぬか床!芸能人も御用達!★送料無料★漬けもん屋の『ぬか床カンタンお試しセット』2kg【ぬか漬け】【ぬかみそ】【…
他にも7位には漬けもん屋の『ぬか床1kg(袋入り)』【宅配便専用】【発酵食品】【植物性乳酸菌】【ぬかみそ】【糠床】【ぬかどこ】【漬物】【熟成ぬ…
8位には『みちばあちゃんの梅干し「甘しそ」500g』【はちみつ梅】【樽の味】【子供】【樽の味】【無添加】【塩分ひかえめ】【熱中症対策】【夏…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
有限会社 樽の味のトップへ!

王冠
有限会社 樽の味週間ランキング

(7/11 - 7/17)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2018/07/18 11:12

2018/07/16 10:00

毎日使ってます!




豆乳でヨーグルトを作りたかったのと、




最近飲みはじめた甘酒を続けたくて購入しました。




一緒に入ってた糀は特別な気がして、お塩も付けてくれてたし、久しぶりに塩こうじに100グラム。


残りを甘酒にしてみましたが、どちらもとっても簡単に美味しく出来ました。


豆乳ヨーグルトは豆乳ヨーグルトを買ってきて、豆乳で作ったのが美味しかったです!


お味噌も作りたいし、ごはんを入れて甘酒とか、




いろんな菌のヨーグルトを試したいなぁって、毎日楽しく発酵生活出来て、




これは本当に買って良かったです。


お褒めのお言葉を頂き誠に有難うございます。


お客様のお声が何よりの励みになり


明日からの仕事にもやる気が湧いてきます。


お客様のご期待に添えるよう


また期待を裏切らぬよう頑張ってまいりますので


どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。

最終更新:2018/07/16 10:01

2018/07/14 10:00

これも安部司氏の本から抜粋です。


ある中学生の女の子は


お母さんの手作り弁当を毎日学校に持って行ってたのですが


弁当の具材の色が悪く

(正確にいうと手作りのおかずは煮込み料理などが多くあまり彩度がない)


みすぼらしい気がしていつも引け目に感じていたそうです。


まあ見た目が気になる年頃ですからね、


その女の子は


恥ずかしいからと弁当のフタで半分隠しながら


地味な色の順におかずを食べていたといいます。


友達の弁当は、派手で豪華に見えたからです。


その子も氏の講演会で気付かされます。


安倍氏の講演会の実験で


タクアンがキレイに化学的につくられた着色料によって


真っ黄色に染まる実験を見たからです。


添加物の力でキレイにつくられた加工食品や冷凍食品が入っていないから


お母さんのお弁当の具材の色が悪いのだと、


そしてその子は安倍氏


「明日からフタを全部開けて堂々と食べます」と言ったそうです。


ね、いい話ですよね。



一般的に茶色や灰色は地味な色です。


しかしながら着色料も使わずつくるとなると


そういったことはよくあることなのです。


今の時代、ひと目見ただけで


キレイや汚い、カワイイ、地味、


という風に決めつけてしまいがちですが


本当は何が美しくて何が醜いのか


本質を見極める目、価値観の方が重要なことだと思います。

最終更新:2018/07/14 10:01

2018/07/12 10:00

これも安部司氏著の「なにをたべたらいいの?」からの抜粋です。


ある中学生の女の子がお母さんと弁当のことで喧嘩をしました。


喧嘩の内容はこうです。


「昨日、お弁当の汁がこぼれて、みんなにバカにされたからお母さんのお弁当なんていらない!」


ということです。


お母さんも


「そんなこと言わないで!せっかく作ったのだから持っていって」


と、お互い泣きながらの大喧嘩になったそうです。


そこで安倍氏はその女の子に


ごぼうサラダの汁が出ないように


添加物である「増粘多糖類」を使って


汁を止める実験して見せたのです。


その子は衝撃を受けます。


何故ならば


添加物を使えば止まるからです。


添加物を使わないから汁が漏れたのだと。


つまり使わないからこその母親の愛情が理解できたのです。


添加物だくで作られた出来合いのものを買ってくれば汁は漏れなかったでしょう。


増粘多糖類を使えば汁が出ないものが作れたでしょう。


しかしながら母親が真心を込めて手作りした


料理だからこそ、汁が漏れたのです。




後は想像にお任せというやつですが、


きっと女の子は謝り、仲直りしたと思います。



安部氏の本にはこういった


熱いエピソードがよく登場します。


こういった「いい話」があるからこそ


氏の本の魅力がより大きくなっているのだと思います。

最終更新:2018/07/12 10:01

ページ上部へ

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月