【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/02/03 18:24

千葉県香取市の鶏肉専門店

水郷のとりやさんの須田です。


皆さん今日は、節分ですよ!

豆をまいて鬼をやっつけてくださいね^^


恵方を向いて恵方巻を食べるのもお忘れなく。


という行事が広く伝わっていますが、その由来は詳しく知らなかったりしますよね。


色々調べているうちに、

節分のイベントになんと鶏も参加できる!ということが分かりました!!


なので、今年は「人生がえ~方向に導く焼き鳥 恵方焼き」 というものを

店舗で販売してみました^^


恵方焼きポップ




今回は、豆まきや恵方巻の由来と鶏の関係も含めて紹介しますので

ぜひご覧くださいね^^




今日2月3日、節分は豆をまき1年の穢れを払い、

新たな気持ちで新年(立春)を迎えるという行事を行う日です。




節分の豆まきは平安時代の大晦日に鬼を追い払う儀式から生まれたとされています。


 


節分


古来より豆は生命力と魔よけの力が備わっていると信じられ、

魔(ま)滅(め)するのごろ合わせもあり、

鬼に豆をぶつけること邪気を払うという意味合いがありました。


という行事だけだったのですが、いつの間にかその年の恵方(験の良い方向)を向いて、

恵方巻を食べるというものも加わりました。




この恵方巻を食べるというのはもともとは大阪発祥ともいわれていますが


 



wikipediaによると

「恵方巻」という名称は1989年にセブン-イレブン広島県広島市中区舟入店の野田靜眞が

「大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習がある」と聴いて仕掛けたことにより、

1998年から全国へ広がり、2000年代以降に急速に広まった。

それ以前に「恵方巻」と呼ばれていたという文献類は見つかっていない。


という記述と


海苔養殖の過剰生産期


海苔巻きずしに欠かせない海苔は昭和24年にマンチェスター大学の教授が

海苔の糸状体を発見し九州大学瀬川宗吉教授へ教示、


熊本県水産試験場太田扶桑男技師へ伝えられ1953年人工採苗に成功。


海苔は養殖により安定供給可能となり、

1975~1984年には全国的に過剰生産時代へ入った。



 




ということから考えると、


古来からの行事・風習ではなく乗りの消費拡大を狙った

商業的なイベントである可能性が高いですよね。




とはいえ、文献が見つかっていないだけで、という可能性も捨てきれないですね。




さて、節分も恵方巻も鶏肉屋さん関係ないじゃないかと思う人も多いと思います。


でも、鶏は鬼とめちゃめちゃ関係が深いのですよ。


 




まず、鬼の姿を思い浮かべてください。


もじゃもじゃ頭から生える2本のつの

真っ赤な巨大な体躯

虎のパンツ

金棒


というイメージですよね。


 


赤鬼


 


そして、鬼といえば鬼退治の桃太郎が有名です。



桃太郎のお供に犬、猿、雉(鳥)なのですが、

この動物も適当に選ばれたわけではありません。




桃太郎


 


鬼は古来より「形の見えないこの世ならざる悪しきもの」の象徴として定着してきました。


風水の鬼門は陰陽の境目で鬼(邪気)の通り道として忌むべき方位として知られており、

鬼門のある位置が方角で言うと

北東になり十二支に当てはめると(艮:ウシトラ)丑と寅の中間の方位になります。


 


鬼の姿の、2本の角は牛を象徴し、虎のパンツはそのまま虎を表しています。


 


この丑寅の鬼を封じるために反対の方角にあたる犬(戌:西北西)猿(申:西南西)雉(酉:西)

をお供にしたとする説もありますので、


鶏(酉)も鬼退治ができるわけです。


スイッピーちゃん


※頭にやきとり乗ってるけど強いんです。


 


また、鬼は深夜に現れ悪さをする夜の世界の存在とされています。



反対に鶏は夜明けを告げる存在であるため、

鬼を夜の世界に追い払う力を持っていると信じられていたという節もあります。


ヨーロッパでも、ニワトリは闇の悪霊を追う鳥とされています。



今のようにどこに行っても明かりがあるような時代ではなく、今以上に夜や暗闇を恐れていたため、

夜明けを告げて光をもたらすニワトリは、人々の不安を取り去る存在だったかもしれません。


 


朝日と風見鶏


 


ということで、節分(2019年は2月3日)は旧暦で言うところの大晦日なので

旧年中の穢れを払い、金運の象徴である酉(鶏)を取り込みましょう。


 


そして、恵方については、



その年の福を司る歳徳神(トシトクジン)様のいる方向に向いて、

御祈りをし酒や食品をお供えして一年の無病息災と吉福をお願いするという風習があり、

恵方を向いて食べるというのはそれにちなんでいるといわれています。


恵方は毎年変わり、その年の十干によって決まります。

2019年は己亥(つちのとのい)なので東北東となっております。

その他の年の歳徳神のいる方位は


甲/己の年→甲(寅と卯の間)の方位…東北東

乙/庚の年→庚(申と酉の間)の方位…西南西

丙/辛の年→丙(巳と午の間)の方位…南南東

丁/壬の年→壬(亥と子の間)の方位…北北西

戌/癸の年→丙(巳と午の間)の方位…南南東


以上のようになっていて、2020年は西南西2021年は南南東となっております。




ちなみに、恵方になっているけど、ほかの凶神も一緒にいる場合は、

凶災受ける場合もあるのでちょっと注意です。


 


ということで、かなーり長くなってしまいましたが

めっちゃ美味しい鶏をまるごと一羽分焼き鳥で食べてしまうまるごと一本を、

恵方を向いて食べてお祈りしたら

歳徳神様も味見に来てくれるかもしれませんね。


 


恵方焼きをまるかぶり


 




店舗では、人生をえ~方向に導く恵方焼きは大盛況でした!


お昼時にはイートインのある店舗は満員御礼、ありがとうございます!


 


多少お待たせしてしまうこともありましたが、

たくさんの人に美味しい鶏肉をお届けできてうれしいです^^


 


笑う門には福来る、美味しい焼き鳥を食べれば笑顔もこぼれる♪


鬼もやっつける厄取り(焼き鳥)、

まるごと一本は通販サイトでも購入できますヾ(*´∀`*)ノ


 



 

メルマガを購読

最終更新:2019/02/03 18:24

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年