【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/04/06 20:30

こんにちは、小暮です。

少し寒い日が続きましたが、皆さま体調など崩されていないでしょうか。
熊谷の桜はようやく見頃になってきました。
東京では先週から
「お、桜だな」
というくらいは咲いていたので、熊谷は少し遅かったようですが、荒川沿いの桜と菜の花のコントラストは思わず見入ってしまうほど綺麗なので、当店にご来店された際は少し足を伸ばして熊谷の桜を見てみてください。

お花見もそうですが、春夏はレジャーシートを広げるようなイベントが沢山ありますので、靴の着脱のスムーズさというのが、イベントをストレスなく思い切り楽しめる要因となるのではないでしょうか。



おすすめがあります。



KEEN
583AE80A-D2D6-4AD4-A2F4-EDE467AE4D64.jpeg

当店ではお馴染みKEENのYOGIです。

人間工学に基づいた履き心地を追求したデザインにより、軽量で足を優しく包み込む圧縮EVAアッパーを採用したリラックスクロッグ、YOGI。


シャワーサンダルやビーチサンダルなど、サンダルというのは元より着脱が楽なものですが、アウトドアシーンでのデメリットとしてつま先の怪我があります。

個人的には、草むらなどに入ったとき、素足にサンダルだとどうしてもつま先に草のかさる感触や、足の沢山生えた虫、足の生えてない虫、飛び跳ねる虫…
いつのまにか甲の上に乗っていてるのではないか…
気が気じゃないです。

そこでこちらのYOGI。
つま先まで覆われた構造と高い耐久性でそのような心配もありません。
アウトソールもグリップの良いラバーソールを採用しており、前後に分かれたデザインにより高い屈曲性を持っているので、アウトドアシーンはもちろん、様々なシーンで履くことができます。

7AE7C3A7-9074-48E4-9364-C36DE4B1D532.jpeg

丸みのあるフォルムは太いパンツや、女性の方であれば、ボリュームのあるロングスカートなどでもバランスよく履いていただけますし、靴下とも相性よく、悩んでしまうカラーパターンの豊富さも嬉しいです。

4224B5CC-CFBB-45A0-BE73-308462A0DF65.jpeg

フットベッドは肌当たり滑らかで、アッパーはホールド力が強く、履くとそのフィット性の高さに驚かされます。

その為少しアッパーが低めなので、幅広・甲高の方は普段より大き目のサイズを選ばれると良いかと思います。
また丸洗いできるので清潔に保つことができるのも嬉しいですね。

074145C7-DA8B-44D0-93F9-B3F42594560C.jpeg

当店では定番品でありますが、今の時期是非履いて頂きたいので、改めて紹介させていただきました。
また控えたイベント、「go slow caravan POP UP SHOP」
ゴースローのアイテムとも非常に相性が良いかと思います。
新色も多数入荷しておりますので、是非お花見ついでにでも見に来てくださいね。

ROOT小暮


最終更新:2019/04/06 20:31

2019/04/05 20:30

こんにちは、小暮です。

先日インスタグラムや当ブログでも齋藤店長から発表がありましたが、
go slow caravanのpop up shopの開催が決定いたしました。
ゴールデンウィーク中のイベントとなりますので、皆さまお顔を見せて頂けたら嬉しいです。
なんと日本初開催ということで、ということは世界初開催ということで、

凄いですね。

個人的には、入社以前からgo slow caravanのアイテムは何点か所有しており、ファンの一人でもあったので、とても嬉しく思っております。

ということで本日は、go slow caravanのアイテム紹介です。

go slow caravan

70043300-8765-4521-B59C-1205A35B8057.jpeg

今春新作の総柄ミドルスカートを入荷いたしました。
表地はレーヨン100%で、テロンとした質感と揺らぎがなんとも愛らしく、季節感も満載です。

84F3A582-74DB-44B5-B773-F1D93611E79A.jpeg

全3色の展開で、いずれもボヘミアン調の総柄仕様ですが、その印象は3色皆異なります。
マスタードはモダンでレトロな雰囲気が漂い、スカーフやベレー帽などとも非常に相性良くまとまり、ショートブーツや革の短靴などで履いたら抜群に可愛くなりそうですし、

ピンクはどこかアジアンテイストな印象で、褐色肌、大きなピアスやビーチサンダル、ターバンなんかとも合いそうですし、

ブルーは控えめなロココ調とでも言いましょうか、レースモチーフのお洋服や麦わら帽子、カンカン帽、薄手のパステルのカーディガンなど、ラブリーなアイテムを仕込んでも、やり過ぎずない可愛さを演出してくれそうです。

いずれも印象は異なりますが、夏場は白ティーだけでも決まる主役感は同じです。

0BD4205C-1820-4D08-9C0D-4F23FA561B8B.jpeg

ポリエステル素材の裏地もついているので透ける心配もありませんし、膝丈程までの仕込みとなるので裾の軽やかさは邪魔しません。

FF1D2DAF-A0E3-4265-ACFB-81FF4F1C3DBE.jpeg

ウエスト部分はゴムになっており、紐を縛って調節することが可能なので、とにかく楽で涼しいのが嬉しいです。

数少なくなっておりますので、ゴールデンウィークまで待つと言わずにお急ぎください!
お待ちしております。

ROOT小暮


最終更新:2019/04/05 20:31

2019/04/02 20:30

こんばんは。
齋藤です。

昨日は新元号が発表されましたね。

「令和」に決まりましたが、皆様の予想はいかがでしたでしょうか?

ちなみな私は見事に漢字もぴったりと当てることが出来ました。

…。

…。

そうです、一日遅れの例のアレです。


さて、本日はAOZORAより新作のカバーオールをご紹介させて頂きます。
F4DABCC2-3EA4-4B47-AAF5-382047271EA8.jpeg
アオゾラの中では定番とまではいかなくとも、展示会でたまに目にするアイテムです。

逆に毎シーズン定番として必ずあるわけではないので、見つけた際は希少性を勝手に感じついつい仕入れてしまいます。

というのもアオゾラのインディゴシリーズは、ポップなゴースローキャラバンを手掛けるメーカーらしく、当店でも扱っておりますデニムを得意としている他のメーカーにはない独自の発想からのモノ作りに私自身非常に惹かれております。

今回のカバーオールも1色は日本古来からの伝統ある刺し子を使用したものです。
DC91F32D-4609-4BDE-A646-CD8BF5DDDE5C.jpeg

刺し子特有の生地に現れる表面の凹凸は、見る角度により異なる表情が楽しめるのが魅力です。

刺し子と聞いて一番にイメージ出来るのは柔道着です。

男性であれば部活や体育の授業等で一度は袖を通した事があるのではないでしょうか。

思いっきり力を入れて引っ張り、そのまま投げ飛ばしてもへっちゃらな頑丈な生地です。

5B6511FD-2514-42CA-939E-543985F6F06C.jpeg
私も学生時代に授業で着ました。

上背のある私は、たまたま同じクラスにいた県内でもトップランカーとペアを組まされました。

私もスポーツをずっと続けていたので体力と力にはそれなりに自信がありましたが、勝負は一瞬でした。

刹那です。

しかしやはりトップランカー。

教科書通りに綺麗に投げてくれたので、自然と受け身を取ることができ、痛さも全く無く、むしろ気持ち良ささえ感じられました。

刺し子サイコーです。

0D9DCD32-5A39-4D13-9143-3B3E092E2668.jpeg
もう1色はランダムヒッコリーです。

ベーシックなヒッコリーならばよく見掛けますが、こちらは3種類の異なる太さのヒッコリーストライプとなります。

しかも3種類それぞれ別々の生地を縫い合わせているのではなく、1枚の生地そのものが異なるヒッコリーストライプで出来ています。

他のブランドでもあまり見掛けない生地を見事にバランス良く配置しているので、目がチカチカしません。

これはストライプを着るときは重要なポイントです。
432019EC-5C1A-4A1F-9F80-1615A93AA6D7.jpeg

ワークウエアらしいトリプルステッチやチェンジボタン、収納力のある大きなフロントのポケット等もしっかりと搭載したディテールと堅牢さを実感できます。

和を感じることが出来るクラシックな生地。

モードの要素も感じ取れる個性的な生地。

共に春らしいライトオンスでの軽やかな仕上がりとなります。

気になる方は是非お店でご覧下さい。

最終更新:2019/04/02 20:31

2019/03/30 20:30

こんばんは。
齋藤です。

皆様お花見は行かれましたか?
私は来週の休みの日に天気が良ければ行こうと考えているのですが、年甲斐もなく先週から楽しみで仕方ありません。

天気の良い日に出店で美味しいおつまみを買って大好きなお酒が昼間から飲める。

しかも外で。

ドキドキが止まりません。

先日もニュースで報道されておりましたが、皆様もくれぐれも自分に合った量とペースで楽しみましょう。

私も気を付けます…。


GREGORYより今年の春夏の新色が各モデル続々と入荷しております。
5D7DCAE0-5D1D-4261-92BB-52D617770337.jpeg

先日、小暮もインスタにてヒッコリーストライプをテールメイトにスポットを当ててご紹介させて頂きましたが、本日は新色ヘリンボーンオリーブを「DAY PACK」にスポットを当ててご紹介させて頂きます。

ヒッコリー、ヘリンボーンとワークアイテムに多い生地、柄が今年のモデルの特徴です。

1日分の荷物がすっぽり収まる事から名付けられたデイパック。

バックパック界のロールスロイスとも呼ばれる名作中の名作ですが、何やらこのヘリンボーンオリーブはスペシャルな雰囲気が漂っております。

まずはタグです。

6C6E534D-628D-4079-B1C5-6D59A2050BAB.jpeg
通常、クラシックシリーズのタグはボディの色、柄に関係無く、統一された黒いタグを使用しております。

数年前にオールブラック、オールホワイトとして全てのパーツの色を統一したモデルを発売した際にもブラックやホワイトのオリジナルタグは使われておりましたが、それはワントーン推しのモデルでしたので納得でした。

しかし今作のヘリンボーンオリーブにもオリジナルタグを使用しております。

それだけで何か特別な感じがして、ミーハーな私はそれだけで惹かれてしまいます。

次はジッパー。

7FB331C1-8FC8-4F94-8C37-691620759D17.jpeg
こちらも通常のクラシックシリーズはシルバーのタイプを統一して採用しておりますが、こちらはゴールドのジッパー。

YKKの#10ジッパーですのでサイズは同様ですが、鈍く光るゴールドとボディのオリーブが最高の組み合わせで見とれてしまいます。

また他の金属パーツ部分も全てゴールドで統一されており、都会的で洗練された、より大人っぽい印象となります。

そしてプルタブ。

E8874241-F164-4E15-8644-11A06C2A4D34.jpeg
こちらも通常はブラックかブラウンのレザーの物が付きますが、今作はボディと同色のオリーブのキャンバスとなります。

それを4重にして縫っているので、強度は申し訳なし。

フロントのポケット部分もその他全てこのタイプに統一しております。

この手のタイプは初見ですが、レザーの水、乾燥に弱いデメリットを考えると洗う際も取り外さなくて良いし色のバリエーションは豊富だしメリットも多そうですね。

最後は内側スリーブ。
5FBD2DD6-13FD-49F5-9211-EAE2929DEA64.jpeg

通常はカラーこそ豊富ですが、リップストップナイロンが使用されていることが殆どです。

しかしこちらも初見なキルティング。

しかもボディと同色。

格好良いですねぇ。

キルティングにする事でクッション性も向上し、よりパソコン等の電子機器も安心して収納出来ます。

今作はただのアウトドアという位置付けではなく、従来の機能は継承しつつも、よりタウンユースで取り入れやすいようワーク、カジュアルに振ったグレゴリーの新たな提案だと勝手に解釈しました。

だから特別なんだなと。
376D9A43-8317-43B5-B8F1-DD55BBA3E9F3.jpeg

グレゴリーの創始者、ウェイングレゴリーの名言
「バックパックは背負うものではなく着るものだ」
の言葉通り、他の追随を許さない背負い心地、その他諸々の特徴は文にすると難しく私の文才では伝えきれません。

なので、お店で実際に背負って感じて頂き、お話しさせて頂きたいと思います。

新生活に向けてバッグが決まっていない方、新年度に向けて気持ちも新たにという方、定番色も揃っておりますよ。

もう1色、新色のブラックタペストリーも入荷しておりますが、こちらは明日インスタにてご紹介させて頂きます。

気になる方は是非お店でご覧下さい。

最終更新:2019/03/30 20:31

2019/03/29 20:30

こんにちは、小暮です。

先日コンタクトレンズを付けたまま眠ってしまい、朝から大変な思いをしました。

なので近頃は眼鏡でいるようにしているのですが、「眼鏡の人」になりそうなので迷っています。

眼鏡もファッションの一部であり顔の一部ですが、髪型だったり顔周りにくるものは何でも印象強く残りますよね。
同じく帽子もファッションであり、顔や髪型の一部ですから、服装にマンネリを感じた時は帽子を手に取ってみるとガラリと印象が変わるものです。

ということで本日はペナントバナーズよりセーラーワッチキャップのご紹介です。

PENANT BANNERS

35619A7D-27E6-406B-BD07-7CC0804C3585.jpeg

昔ながらのアメリカンテイストを残しながら現代のニーズに調和したアイテムを作り続けるペナントバナーズは、
手頃な値段と「これこれ!」と誰もが手に取りやすいデザインが魅力です。

漁師が海の風に飛ばされないようにと被っていたセーラーワッチキャップですが
映画「L E O N」で主人公のレオンやマチルダが被っていたことから別名レオンキャップとも呼ばれています。
ワッチキャップにサングラスは外せませんね。
マチルダのザックリとしたMA-1にワインレッドのワッチキャップ姿も非常に可愛くて最高です。

F5C3FF8D-A741-4F4C-A34A-A84D86FC1682.jpeg

洗いのかかったコットン素材を使用しているので、どこかレトロな雰囲気を漂わせ、ニット素材のものなどと比べて季節を選ばないのが嬉しいですし
リブの部分には綿が詰められており、適度なフィット感とボリュームアップしたシルエットが非常に良い雰囲気です。

AE87DCE6-4D5B-49DA-80E5-49754FE8E0B8.jpeg

バックスタイルはキャップのようですが、
アジャスターが付いていない為、360度すっぽりと丸く、可愛らしい印象。
ボタン部分はカモフラージュ柄になっており、ひとつひとつ見え方が異なります。

E7170004-EE90-4C16-AA2B-67F4408CBA81.jpeg

ベースボールキャップよりもこなれていて、ベレー帽ほど気張らない、
服装がシンプルになり過ぎてしまった時には絶妙なアクセントとマインドになる、
ニットキャップやベースボールキャップに飽きて、新しい帽子を探している方には個人的に一番おすすめしたい形です。
髪型を変えなくても帽子を変えると簡単に印象を変えられますよね。

伝統的でオーセンティックなデザインでありながら、まったく新しいスタイルに導いてくれるこんな小物は
気軽に手に入るにもかかわらず、日常をガラリと変えてくれる大物ですね。

ROOT小暮

最終更新:2019/03/29 20:31

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月