【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/06/29 09:53

gorufunisi.gif

9:08 2018/06/29 ゴルフ日誌f638

シャフトは立って下りてくるものだ。

 先々週の女子プロ優勝争いの3名のドライバーショットの超スロ
ービデオがクラブハウスで偶然見えた。3名ともシャフトが縦に下
りて来ていた。この真似がどうしてもできなかった。過去形になっ
たのはその謎が解けたからである。

 シャフトを立てようと思えば立たない。身体の正面に下せばシャ
フトが立った。トップで上半身は右を向いている、その方向に下せ
ばシャフトが立った。超物理的にもかかわらずクラブを右に下せば
シャフトが立つとは思わなかった。

 ゴルフには見た目と本人がしていることに大きな乖離がある。だ
からプロの真似をしたら変なスィングになってしまう。月曜のコン
ペでは空振り同然のショットが2回もあった。57年もゴルフをして
いて記憶の範囲の中では初めてのことである。

 剣道コックで正眼(クラブを両腕を伸ばし地上と平行になってい
るシャフトを立てる。手首を使うしかないこれが剣道コックである
。そのまま身体の正面に下せばシャフトは立ったまま下りてくる。
 トップスィングと違うことは上半身が右に向いているだけである。

 右に向いて右に下せばシャフトは立ったまま下りてくる。左へ飛
ばしたいからボール目がけて下してくる。また下す必要もない、前
傾姿勢で アドレスしているから身体が回れば勝手に上がって行く。
 回り戻れば勝手に下りてくるのが道理である。

 だからダゥンスィングはいらぬことをしない、スィングの邪魔を
しない。これが秘訣である百も承知であるが本能は腕を振りボール
目がけて下してくる。ゴルフとは本能との闘いであると言って過言
ではない。

怒ってる

最終更新:2018/06/29 09:53

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム