【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/05/25 09:32

gorufunisi.gif
 8:59 2018/05/25 ゴルフ日誌f609

グリップを止めたら身体で打てる。

 振られた腕をインパクトでとめる。これは至難の業であるがこれ
をしないと身体で打てない。インパクトでグリップを止めると身体
が回される。結局これで身体で打つことになる。無意識で振るとグ
リップが身体を追い越してしまうから手打ちになる。

 トップからはクラブを下さない、振らない、そのうえインパクト
でグリップを止める。このぐらいにしないと身体では打てない。こ
れは全く本能に反するインパクトである。よくよく身体に言い聞か
せておかないとクラブを振ってしまう。

 飛ばしたいのに腕を振らない、ましてやインパクトでグリップを
止める。これは1年や2年の修行では実行が出来ない。そのドリルと
してアドレスからテークバックをしないでフォロスルーを出す。身
体はターゲットに向いていてクラブは肩の高さで飛球方向を指して
いる。

 ここから身体を止めておいてクラブヘッドだけをアドレスのとこ
ろに戻す。現実的には手首を使わないとクラブヘッドは戻らない。
 これが左打ちのダゥンスィングである。身体を動かさないことを
身につけるドリルである。これを右打ちで同じことをする。

 腕を振れば身体がどうしても動いてしまう。身体が動けばクラブ
ヘッドは相殺されて鈍い動きになってしまう。だから腕を振らない
ことが基本中の基本である。

スマイル

最終更新:2018/05/25 09:32

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム