【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/05/12 10:35

gorufunisi.gif
 9:16 2018/05/12 ゴルフ日f597

腰が受動する打ち方を研究した。

 95%の先天的素質のないアマチュアーは練習する資格はない。基本
の打ち方がわかっていれば練習できる資格がある。基本の打ち方がわ
からない者が練習すれば悪い癖をつけるだけの事である。まず基本の
打ち方を見つけ出すのが先決問題である。

 基本の打ち方は優しい打ち方である。基本から外れた打ち方は非常
に難しい。いくら練習を積み重ねてもプレッシャーのかかったホール
で大きなミスが出る。これは打ち方が難しいからである。基本の打ち
方は優しくて狂いが少ない。

 だけど本能に反する打ち方であるからそれを理解するのに苦労する
。例えば腕を振って打つのは基本から外れている。と言えばではどう
して打つのだと誰でもいう。ゴルフスィングは身体を軸としたクラブ
ヘッドの円運動である。円運動には厳然たる法則がある。

 外周に行くほどその運動量は大きくなる。仮にクラブヘッドが最高
の10とすればグリップは5ぐらい、肩は限りなく軸心に近いからゼロ
に近い1である。腕を振ればどうしても左肩が動いてしまう。1が1.5に
なれば5のグリップが6になる。

 クラブヘッドが11になれば問題は無いが最高が10であるからその運
動量は相殺されて9にも8にもなってしまう。正しい円運動には遠心力
が発生する。遠心力で打てば力もスピードもいらない。永年ゴルフをし
ている人は頭ではわからなくても身体が知っていて腰を回してヘッドヘ
ッドスピードをカバーしている。

 主動で腰を使えばヒットゾーンは点になり少しのタイミングのずれで
ボールの行方は定まらない。非常に難しい打ち方である。素晴らしい球
を打てたシングルは風呂にも入らないと聞いたことがある。それ程基本
から外れた打ち方は難しいのである。

 トーナメントプロで腕を振ってはいけないと言ったプロは一人見ない
。プロは無意識でそれが出来る5%のエリートである。だから市販のレ
ッスンビデオは一番の基本である腕を振らないという肝心要の基本が抜
けているから基本の打ち方を知っている5%のエリートには役にたって
も先天的素質のない95%のアマチュアーにはなんの役にも立たない。

「天は二物を与えず」ティーチングプロはトーナメントプロにはなれな
いが、なれてもプロとして生活が出来ない。人様に教えるには理論が必
要である。5%のエリートは理論がなくても打てる。ティーチングプロ
はスィングを理論ずけて人に教えることができる。

 この理論が邪魔をしてショートパットが入らなくなってしまう。無意
識で打てるプロと意識しないと打てないプロがグリーンの勝負になった
ら大きなハンティーキャップがついて負けてしまう。腕を振って打たな
い基本の第一歩であり、これを知ることによりゴルフは優しくなる。

 私は94歳になるが1月14日の月例杯で94歳と15日でグロス93でエージ
シュートを達成した。淀川GCのエージシュートボードには平成12年か
ら表示されているが今年97歳の人が4年前にグロス93が最高年齢の新記
録である。私は93は3回達成している。

 1月14日の94歳と15日で93は最高年齢の新記録だと自負している。
スマイル

最終更新:2018/05/12 10:35

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム