【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/12/04 09:13

gorufunisi.gif
 8:39 2017/12/04 ゴルフ日誌473

 ショートアプローチを500打った。

 今朝は昨日のようにショートアプローチがいまく打てない。
 昨日はこれでショートアプローチのショットは完成だと思って
いたのに一晩経てばもう昨日のようには打てない。ビデを見て思
い出したテークバックのスタートが違っていた。

 この打ち方は完全なるコック打法である。コックが足りないと
うまく打てない。いきなりアイアンのフェースを裏返してテーク
バックする。これがコックであるトップのグリップを支点にして
ダゥンスィングする。コックが浅いと意図どうりの球は打てない。

 ハーフスィングでも限界までコックする。これでトップからア
ンコックで打てるという感じを受ける。これは大事なことである
トップで不安があるとソケットがでたりトップがでる。ゴルフシ
ョットになると大脳より身体が良く知っていて間違ったことをす
れば不安になる。

 これは大脳ではわからなくとも永年ゴルフをしているものは身
体知っていて警報を出す。だから不安があったらそのスィングに
どこか悪いところがある。安心してトップから打てる態勢を作る
事である。また夢中で集中していてもいきなりソケットがでると
きがある。

 これは人間の本能で左に飛ばしたいときは身体も、グリップも
 左に行ってしまう。スィングは円運動の範囲のなかで絶対追い
越し禁止である。本能に負けてグリップがクラブヘッドを追い越
したらフェースが開いて右に行く。ゴルフは本能との闘いである。
怒ってる

最終更新:2017/12/04 09:13

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム