【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/11/28 09:34

gorufunisi.gif
 8:54 2017/11/28 ゴルフ日誌468

人間本来一つの事しか出来ない。

 だけど能力を分散さすことも持ち合わせている。これがゴルフ
スィングに大きな災いをもたらしている。今朝の練習でそれがわ
かった。最近は腰を使ってやらないとアイアンの標準飛距離は出
ないことがわかって来た。クラブを下すことと腰を使うことは明
らかに二つのことを同時にしょうとしている。

 二つのことをしようとすれば本来持っている能力を分散さすこ
とになってしまい鈍いスィングになってしまう。それで腰だけを
使うことにした。そしたら生きた球が飛び出した。能力を腰一つ
に決めたからだ。クラブを下す要素はどこにもない、これはよく
よく考えないと間違いやすい。

 前傾姿勢でアドレスしているから身体が回れば勝手にクラブは
上がる。身体が回り戻れば勝手に下りてくる。下す必要は更にな
い、ところが常識としてダゥンスィングでクラブを下さないとい
うことは考えもつかない。下すことと腰を使うことは明らかに二
つのことになる。

 能力が分散されて鈍いスィングになってしまう。腰だけ意識を
すれば100%の能力を使えることになる。これで生きたボールが飛
び出す。ダゥンスィングでクラブを下さないことなど常識では考
えられない。どうしてもクラブを下したり腕を振ってしまう。腕
を振らないで打つことは5年ほど前からわかっていた。

 クラブを下ろさなおことはわかっていたが、腰を使うと変な球
しか出ない。そこで試行錯誤してわかったことは前述のとうりで
ある。これはゴルフ歴350年の革命思想である。これさえコースで
出来ればスコアは大幅にアップする。次回は12月6日のエージシ
ューティング大会である。

 新しい何かをしょうとするのは難しが、クラブを下さないで腰だ
けを使うこれならコースでもできそうだ。

怒ってる

最終更新:2017/11/28 09:34

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム