【新規オープン記念】楽天市場 ニューショップの Facebookをご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

2017-04-23 18:16

桜の木々が花から新緑へ移り変わり、田にも水が張られ、

田植えのシーズンの到来を告げつつあります。

気づけば4月も残りあと1週間になりました。

既に暑いような日々もありますが、基本的に戸外で過ごすには最適の時期です。

日本が誇る観光都市といえば、京都です。

国内、国外を問わず観光客が訪れています。

京都の観光ガイドブックは数多あります。

ボリュームのあるものは読むのに大変。

逆に定番をサラッとまとめているだけでは、物足りなくもあります。

でも、この書籍であればいい感じではないでしょうか。

17042105.JPG

コトコトから出版されている 『らくたび文庫』

001の「恋する京都」から始まり、

035『京都の路地裏案内』まで、

ジャンル別に京都の魅力をまとめてあります。

1冊がおよそ90g程度の重さ。文庫であるため、サイズもコンパクトです。

ポケットやカバンにもラクラク入る手軽な京都ガイドック。

さりげなく要所要所を紹介しているのも心憎い演出です。

あとは、自分自身でもっと魅力を見つけに、

『らくたび文庫』シリーズを片手に京都にお出かけしてみてくださいね。

当店では現在

No.007『京都・寺社参拝入門』

No.011『京都・社寺門前前名物めぐり』

No.012『京都の食卓・ごはんのおとも』

No.035『京の路地裏案内』

の4冊を販売中です。

2017-04-22 20:13

17042203.JPG

『おせん』

きくち正太さんによる漫画であり、最初は講談社『モーニング』にて連載されていましたが、

途中で同じく講談社『イブニング』にお引越しして連載されました。

笠置の宿場町にある老舗料理「一升庵」の若女将、半田仙(通称:おせんさん)。

お酒と美味しい食べ物をこよなく愛し、普段は伸びたゴム紐のようにぐーたらしています。が、

実は食・骨董の造詣が非常に深く、姉御肌。

しかも美人です。

周囲の人物やお客のピンチの際には一肌もふた肌も脱ぎ、無理難題や急場を乗り切ります。

そんなおせんさんは周囲のだれからも愛されているのです。


この『おせん』は、1度テレビドラマ化されています。

しかし、あまりにも原作をないがしろにした設定に、

激怒されたきくちさんが連載を休止されてしまいます。

その後、再び連載は再開され単行本も13巻で終了しています。

その後、「真っ当を受け継ぎ繋ぐ」というサブタイトルが加えられ、

17042207.JPG

新生『おせん』が第1巻から11巻まで発行されました。

こちらはおせんさんの髪型など雰囲気が若干変わって描かれています。


今のご時世、人気のコミックはすぐにテレビドラマ化や映画化されますが、

原作とは設定や登場人物が変えられていることが多く、原作を知っており、

なおかつその作品のファンであれば、その変わりように少なからずショックを受けるものです。

(実際原作より良くなっていることはめったにない。)

かくいう私も、ドラマ化された『おせん』は1話(それも出だしの部分)だけ観ましたが、

それだけで終わりました。

「原作を読んでいたら、ドラマ化・映画化されたものは観ない。

 そして最初にドラマ・映画化された作品を観たのならば、その原作本は読まない」

ショックを受けないために、現在こういう予防策を設けています。

元祖『おせん』と新生『おせん-真っ当を受け継ぎ繋ぐ」』。

読み比べても面白いと思いますよ。

2017-04-20 21:00

島田ゆかさん。

絵本作家さんであり、『バムとケロのにちようび』などのバムケロシリーズをはじめ、

『かばんうりのガラゴ』のガラゴシリーズなどを手掛けられています。

島田さんの絵本を初めて書店で見かけて読んでみたとき、

なんて可愛くて素敵な本なんだろう!と感動したものです。

愛嬌があって面白いバムやケロ、ガラゴ。

他個性豊かなメンバーたち。

そして内容もさることながら、

いつも食欲をそそられる美味しそうな食べ物やスイーツなども登場します。

娘の幼いとき、就寝前に読み聞かせの時間を設けていましたが、娘に「何を読もうか?」と聞くと、

この島田さんの絵本のリクエストが一番多かったものです。

現在も大人気のこのシリーズたち。どんどん仕入れたいのですが、

いかんせんあまり状態が良くないものが多いです。

カバーがないもの、幾度も読み込まれたのでしょうか、かなり使用感のあるものなどが大半です。

しかし、ようやく1冊見つけました。

書き込みや折れ曲りや破れもなく、カバーもキチンとした状態です。

IMG_0011.jpg

『 ぶーちゃんとおにいちゃん 』。

おにいちゃんが大好きで、いつもお兄ちゃんと同じことがしたくて、

いつもお兄ちゃんと一緒にいたくて、

四六時中おにいちゃんのそばを離れようとしない小さなぶーちゃんのお話です。

是非、お子さんと読んでみてくださいね。

挿絵にちょっとした仕掛けもしてあります。これを見つけるのも、島田さんの作品の醍醐味ですよ。




『 ぶーちゃんは おにいちゃんが だいすき 』  ぶーちゃんとおにいちゃん / 島田ゆか【中古】

2017-04-20 16:55

趣味は?と聞かれれば、「読書」を必ず挙げますが、

なぜ自分は読書が好きになったのだろうか?と考察してみました。

第1に、自分の周囲に本がたくさんあったから。

5歳年上の姉がいたためか、両親が読書を推奨していたのか、

(本を読めと言われたことはありません。逆に読書禁止令を出されたことはあります)、

物心ついたころより、周囲には絵本や児童書などとにかくたくさんありました。

第2に、読書をする姿がとても格好よく思えていたから。

子どものころって、自分の身近な存在の家族、特に兄や姉の存在というものは大きいと思います。

自分がまだ字が読めず、本を読んでもらうしかなったとき、

自分で読める姉の姿がかっこよく思えたのでしょうね、たぶん。

「自分も自分1人で読んでみたいな」と思っていたはずです。

そんなこんなで、晴れて自分である程度字が読めるようになった時、

それまで絵を眺めて内容を想像しているしかなかった状態から脱却できた時はとても嬉しかったものです。

そして、出先で絵本を買ってもらうと、もうその内容が気になってしかたなく、

とにかく家に帰ろう!と連呼していました。

自分の周りの環境って、こう考えるととても重要なことであるのかと思います。

そんなこんなで、寝食を忘れてまで読書をすることはありませんが、

(しっかり食べてしっかり寝ます)読書はウン十年変わらず続いている趣味なのです。

おかげさまで紆余曲折は経たものの、

現在「中古書籍」を取り扱うお仕事をすることができているのですから、

ありがたいことです。


『 立花隆の「知の世界」構築とノウ・ハウ 』  ぼくはこんな本を読んできた-立花式読書論、読書術、書斎論 / 立花 隆【中古】

2017-04-19 11:19

こんにちは!STARGATEです。

当店の今週(4/12 - 4/18)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦【中古】
他にも2位にはスリップストリーム/泉 優二【中古】
4位にはラスト・ラップ/泉 優二【中古】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
STARGATEのトップへ!

王冠
STARGATE週間ランキング

(4/12 - 4/18)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

ページ上部へ

カレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム