【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2011/12/17 14:22

こんにちは、エベレスト街道ヒマラヤトレッキングも3日目になり少し慣れてきました。
ゾッキヨのフンやトレッキングロードの土埃もこちらの文化と思えば嫌な感じもしなくなり
逆に日本では体験できない事と思い楽しみながら旅が出来るようになって来ました。

DSCN1044.JPG

朝一番に煎れてくれるネパール産のコーヒーを飲みながら気持ちよく出発です。
ナムチェバザールに行くには高度差600メートルを登らなくてはならず高山病に注意が必要です。
ガイドのサティスによると1日目のパクディンからいきなりナムチェバザールに行くと
高山病になる方が多くナムチェで調子を崩す人が多いとの事でした。
このためサティスのツアーでは防止予防も含め手前のモンジョで一泊して調整をしているそうです。
ヒマラヤガイド歴22年の実績から来る経験だと感じます。
長くて高度差ある恐怖の吊り橋を渡ります。

DSCN1052.JPG

途中ですがすごい日系人にお会いしました。
ブラジル在住の松本さんと云う日本人なのですが、なんと60歳から登山を始めて今年セブンサミットを達成したそうです。
7大陸最高峰をこの年齢で達成するなんてすごいと思いましたね!!!
サティスも以前チョーユーで一緒になったことがあり、凄い人と言っていましたが本当に力強い感じを
受けましたね!!! 今回も6000メートルを2つ登ってきた帰りだそうです。
ちなみに今回の目的地であるベースキャンプのアム・ダムラムを登っていて本当にすごいなと思いましたね

DSCN1055.JPG

本日の名所ポイントに到着しました。なんとあの「エベレスト」がちょっと見えるんです。
長い折り返しの上り坂にポツント見えるポイントが木の間にあってトレッキング客が順番待ちをしておりました。
ちょっと嬉しいですよね!!!
あのエベレストが視界に入るなんて、世界最高峰ですが遠くて小さいため頑張ってズームで撮影しました。「パチリ」
手前はヌプセ7861mになり後ろに三角形で写っているのがエベレストになります。

DSCN1062.JPG

ちょっと大変でしたがなんとかナムチェバザールに到着
思った以上に人が多く賑わっていて各エクスペディションを目指す最終補給ベース基地的な役割をしていました。
今はなぜかバブルらしく一戸の建物の価格が2000万~3000万もするそうです。
こんな田舎で作りも大したことないのに破格の値段が付いているらしく恐ろしいと思いましたね

DSCN1078.JPG

村の入り口では氷河が溶けて出来た冷たい水で子供たちが手で洗濯をしていました。
ロッジでも感じましたが、こちらの子供たちは家の手伝いを本当に良くしていて偉いなと思います。
自分も子供のころ田舎の農家だったので家の手伝いをよくしていました。
昔の自分を見ているようでちょっと複雑でしたが、「頑張ってね」と心の中で「エール」を送りました。

DSCN1081.JPG

中心付近では有名なバザールでは無かったのですが中国経由で入ってきた商品が所狭しと並べて売られていました。
ヤクの背中にくくり付けられて苦労して持ってきたと思われます。
ブルーシートに少し無造作に並べられているのでちょっとどうなのかと思うところはありますが・・・・
この地域の文化なのだと思い納得しました。

DSCN1086.JPG

村の中心ですがカトマンズ並みに賑わっていて凄かったです。また見ていて不思議に感じたのは
手で洗濯をしている傍らで携帯電話を使っていたり、また少し不衛生なトイレがあるのにWi-Fiでネット接続をして
フェイスブックを使いこなしているなど日本で考えると携帯とネット文化が時代を飛び越えてダイレクトに
入ってきた感じだったと思います。

DSCN1092.JPG

ヒマラヤトレッキングですが本当に良かったです。
本日、宿泊するロッジからの眺めだったのですが景色が良く険しいヒマラヤの山々を本当に引き立たせていました。
空が本当に青く澄み切っているので山の高さを実感致します。
また普通に6000m以上の山々が重なり合っているので「神秘的」「聖地」「宗教」「崇高」な言葉が似合っていると感じました。

DSCN1100.JPG

今回のロッジですが非常に大きく歴史のある建物でした。
また中にはエベレスト登山資料室があり登頂をしたシェルパ達や登山家の写真が飾ってあり。
エベレストを登った偉大なシェルパとして讃えられているなど特別な存在として飾られています。
なんと、あの三浦雄一郎さんの写真も一緒に飾られていて嬉しかったですね!!!


DSCN1104.JPG

少し高度が上がったので高山病と思われる症状が出てきました。
軽い頭痛とめまいがあり夕方まで横になり調整タイム、サティスが言うにはできるだけ横にならないで
座るようにして体に負荷をかけたほうが順応が早いよと言われましたが
やっぱり辛いので横になっての休憩でしたね!!!
夕日が沈むころ写真を取りにちょっと出かけて撮影タイムを取りました。

DSCN1124.JPG

中央はエベレスト、少し右はローツェ、右端はアム・ダムラムになります。
昨年ですがサティスは札幌の菊池さんと一緒にアム・ダムラムを登ったそうです。
見た目通りに険しく大変だったそうですが登り応えがありオススメされました。
自分ならガイドさんが居てもダメかなと思うような凄い山でしたね

DSCN1125.JPG

一万円もしないデジカメでも自分の気持ちを満足させる一枚がドンドン撮れます。
「嬉しい」の一言に尽きましたね
本当に自分を送ってくれた社長や奥さん、会社の同僚に感謝です!!!

DSCN1127.JPG

たくさんのお客様がヒマラヤトレッキングをリピートする気持ちがわかったような気がします。
日本も十分に良いですがヒマラヤも同じぐらい最高の場所だと思います。
明日の旅につづきます。

最終更新:2012/02/16 12:34

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
2017年