【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2011/12/01 15:07

こんにちは、秀岳荘の小野でございます。
エベレスト街道ヒマラヤトレッキングも3日目になり少し慣れてきました。
今回は自分一人に現地ガイドとポーターの3人チームなのですが、ガイドのサティスは
秀岳荘で勤務経験もあり元同僚です。心強さもあり十分にこの日も旅を堪能致しました。

DSCN0974.JPG

トレッキング街道を歩いていると各建物の上に妙な金属部品が付いているのに気付きました。
丸いドラムカンに光の反射板、もしかしてソーラー発電と思い聞いたところやはりそうでした。
値段的には5万円程度で簡単に付けられて太陽の条件さえ良ければ温かいシャワーが十分に浴びれるそうです。
一度ロッジで使いましたが十分な熱量があり埃だらけてのトレッキング街道では貴重な存在だったと思います。

DSCN0997.JPG

また街道を歩いていると作りかけのロッジが目につきます。
トレッキング人口の増減は変わらないらしいのですがロッジの競争が激しくドンドン建っているそうです。
どこの世界もそうですが値段とサービス競争は激烈なんだなと思いました。
ロッジの壁ですが建物近くの岩を削って加工を行い精巧に組み合わせていきます。
カトマンズの石職人と同じで加工の技術の高さを実感しました。

DSCN0967.JPG

集落で必要な電気ですが川の流れを利用して水力発電を行います。
夏の雨季は大丈夫なのですが乾季になると水量が減ってくるので停電が頻発するそうです。
昨日泊ったロッジも夕食時間に停電になりましたがスタッフの方が慣れた感じでローソクを出してくれたので
逆にロマンチックな感じになり自分が小学校の低学年の頃を思い出しましたね
昔ってよく停電してましたよね!!!
こんな建物で発電をしているそうです。

DSCN0987.JPG

今日の移動距離は短く昼にはモンジョの宿に到着しました。
サティスが説明するには、ここでゆっくり休むと明日からの旅が楽になるそうです。
ナムチェバーザールまでだと少し標高があるためモンジョの一泊が後で効いてくるそうでした。
まずばおいしい野菜スパゲッティーとヒマラヤでお気に入りになりましたガーリックスープをいただきます。

DSCN0995.JPG

食後は明日に備えて3300メートルまで空身で高所順応トレーニングに出かけます。
さすがに少し酸素が薄いなと感じ無理が出来ないなと体で感じました。
なんとなく重い感じで息切れが早い感じですね
また個人差があるかもしれませんがのどが渇いたり足が重かったり・・・・
空身で早いペースのサティスを必死に追いかけます。

DSCN1018.JPG

途中ですが小鹿やウサギを見ることができ、ちょっと得をした感じでしたね
この日は本当に天気が良くヒマラヤの素晴らしい景色が一望でき最高の一日でした。
本当はこの素晴らしい写真を現地でブログにアップしようと頑張ってノートパソコンを持っていたのですが・・・
電波が非常に弱くメール程度のチェックが限界でした。(非常に残念)

DSCN1024.JPG

明日はいよいよナムチェバザールなので標高を少し上げなくてはならず、少し早めに就寝致しました。
ちなみに夕食ですがおいしいチャーハンと野菜スープ、本当に食材の味がストレートに出ていて美味しかったです。
デザートの梨も皮をむいて種を取った状態でお湯に浸けて除菌をしてくれる徹底ぶりなので
本当にお腹を壊すことも無く旅を続けています。いつも食堂にいて自分のご飯の作るところをチェックしているケイムは
ポーターでありコックなのですが本当に感謝である。

DSCN1030.JPG

最終更新:2011/12/01 19:02

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2011/12/01 14:08

こんにちは。秀岳荘の小野でございます。
今朝ですがいつも通り出勤して工場で「おはようございます」と挨拶をすると
なんと工場長がにんまりとしてて「こっちに来て座れ」と言ったので何だろうと思いながら入ってみました。
工場長「良いものあるぞ」と言って出されたのが、なんとシャコの燻製でした。

1ポイントアドバイス 「シャコ」についてネットで調べてみました。
概要 [編集]外見はエビに似ており、「シャコエビ」と呼ばれることもあるが別種の甲殻類である(なおハサミシャコエビもアナジャコと同様にヤドカリ下目で、シャコではない)。体はエビなどと異なり偏平で、頭部にはカマキリのような鎌状の大きな捕脚が一対あり、それぞれに6~7個のトゲがある(「カマキリエビ」という英名はこのことに由来する)。歩脚は3対、腹部には遊泳脚があり、また左右の辺縁に短いトゲを持つ。尾節には鋭いトゲを持つ。北海道以南の暖かい海の内湾や内海の砂泥底に生息する。富山県や青森県ではガサエビ、福岡県筑後地方南部ではシャッパ、熊本県ではシャクとも呼ばれる。肉食性で、他の甲殻類や小魚、イソメ、ゴカイなどを捕食する。環境の変化に強く、一時東京湾の汚染が進んだ時期には「東京湾最後の生物になるだろう」といわれていたこともあった。外見などの理由により、人によって好き嫌いが分かれる。最大種のトゲシャコは30~40cm大になると言われる。

DSC_0004.JPG

工場の他の女性スタッフからも「これって虫だよね」とポツリ・・・
昨日ですが工場長が自宅で燻製にしたそうです。
市場で買ったボイル済みのシャコをヒッコリーで燻製にして仕上げています。
いつものように両端の部分をハサミで切り取ります。

DSC_0005.JPG

微妙に良い感じに湿り具合があり適度に燻製されているので香りづけもバッチリ!!!
ボイルのシャコも最高に美味しいのですが、食べれる人ならわかるはずです。
この美味しさが・・・・・

DSC_0010.JPG

おいしいエビにも負けないくらいの味と触感を十分に堪能させていただきました。
本当に工場長ありがとうございます。
みなさんも是非、「シャコ」の燻製ですが今が旬なのでお試しになってください。
最高に美味しかったです!!!

DSC_0006.JPG

最終更新:2011/12/01 14:08

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月