【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2012/06/04 18:39

こんにちは!!!
秀岳荘の小野でございます。
先月18日~19日ですがゴールドウインご招待で富士山に行ってきました!!!
なんと、あのスーパーウルトラトレイルランニング「UTMF2012」視察に行ってきたんです(*^.^*)
スタート会場はお祭り騒ぎですごい感じに盛り上がっていました
今月、結婚を予定している福岡ラリーグラス浦さんにもお会いできてうれしかったですね!!!

DSCN1857.JPG

北海道からもたくさんの方が出場をしており北海道トレイルランニングクラブの武田さんやお仲間の方にも合えて
自分もちょっとテンションが上がりましたね・・・・「やっぱり出ておくべきだったかな?」
でも今回の大会は本当にすごい大会なんです、48時間も走り続けなくてはならなくて正直尻込みしたのが本音でした。
そんなレースに果敢に挑んだ道産子の有志がこちらのメンバーになります。
(左端はゴールドウインの木村さんです。)

DSCN1864.JPG

UTMFは10年前から行われているスイスのモンブラン一周レース「UTMB」の姉妹大会として企画運営をされた大会のため
100マイル(160km)がベースになったトレランロングレースなんです。
コース総距離はなんと156km、累積獲得標高は8503mなので正直ちょっとイメージつかない方がいるかと思うぐらい
とんでもないレースなんです。今回は第1回目なので自然保護の観点から人数を少なめに設定したそうですが
800人の強者(つわもの)が参加しています。スタートの写真ですが、みなさん本当にうれしいそうでしたね!!!

DSCN1869.JPG

トップ集団の選手達が弾丸のように飛んでいきます。今まで地道に積んできたトレーニングの成果を発揮させる
チャンスの場がUTMFではないでしょうか?
参加者選手の武田さんが言っていましたが昨年の秋から週末は必ずどちらか山を実際に走っていたそうです。
北海道の冬は寒くて雪が多いのに負けずに走り続ける事をあきらめなかったストイックな姿に「いいね」ですよね!!!

DSCN1874.JPG

18日の午後3時に選手が出発して自分たちは富士山5合目に向かいました。
まだ、所々に雪があり北海道の低山並みの寒さがあるので夜中ぶっ通し走る選手には過酷な状況だと思いましたね
5合目の展望台でゴールドウイン関係者からコース全体図を説明してもらいます。
正直に書きますが見下ろすすべてがコースなので「本当に完走できるの?」と思いますよね!!!

DSCN1880.JPG

選手達が厳しい関門に追われながら走っているときに自分たちは夕食をしっかりいただき
トップ選手が来そうなエイドステーションで待機、観戦してました。(少し申し訳ない気持ちでしたね)
ちなみに各関門ですがバックアップサポート体制が本当に素晴らしかったです。

DSCN1882.JPG

場所によって何百発もの花火があがったり、地元名産のうどんや焼きそばがふるまわれたり
各自治体の応援ムードがヒシヒシと伝わりました!!!
地元密着レースの素晴らしさを感じたレースだったと思います。

DSCN1881.JPG

北海道のレースと比べて思った点としては、やはりコースが本当にロングレースなため個人の荷物を置いておける
補給ポイントがあった点だと思います。自分の好きな飲み物や食べ物、薬など保管できるコーナーがあり
安心して体力回復できる点は大事だと感じました。また家族の方が選手の動きに合わせてネットでチェックして
先回りを行いプライベートサポートをされているシーンは一人で頑張っているのではなくサポーターも一緒に
頑張っていて美しい「家族の絆」を感じましたね!!!

DSCN1885.JPG

そんな時にトップ選手が入ってきました!!!
すでに55キロは走っていると思うのですが、とにかく早い!!!
疲れを知らない走りは、さすがに招待選手のすごさを見せられた感じがありました。
気迫、オーラが漂う感じです。

DSCN1891.JPG

選手たちが小さなヘッドランプで走っている中、自分たちは宿に戻り5時間ほど休んで
5時半にA9ポイントで、トップのジュリアンを待つことにしました。
天気は本当に良いのですが肌寒くて、みんな寒そうでした。
偶然にも北極の荻田さんに出会いボランティアをしていましたね!!! (素晴らしい)

DSCN1893.JPG

サロモンチームの選手ですが足型を個別に計測した特注のシューズでコースの状況に応じて何種類も用意されており
手厚くサポートされているんだなと思いました。
今回の大会ですが結果としてサロモンチームが圧勝してます。

KIMG0038.JPG

ちなみに、ここのポイントは非常につらいコースから降りてきており
なんと前のポイントから27キロも離れていて標高差も1500mもあるので
普通の30キロレースができてしまう区間になっています。
今大会一番つらいポイントだったと思うのですがスピードを落とさないジュリアンを見て圧倒されました。

DSCN1897.JPG

ゴール会場に戻り、再度ジュリアンを待ちます。
鏑木実行委員長やパワースポーツの滝川さん、ベスパプロでお世話になっている川原さんにあいさつをさせていただき
トップのジュリアンのゴールを見させていただきました!!!
156キロをトップで走り切った姿は神でしたね!!!
本当にすごい事だと思います。

DSCN1907111.jpg

時間の都合で後ろ髪をひかれる思いで札幌に戻りました。
夜中の遅い時間に家に着き、次の朝ですが普通に出社していても落ち着かなかったです。
今現在も半分以上の選手たちが走っていると思うと胸が圧迫される感じです。
きっと強烈な睡魔と幻覚と闘いながら走る(歩く)いているんだろうと思いました。
機会があったら次は逃げないで挑戦してみようと思います。
本当に参加された選手のみなさん、大変お疲れ様でした!!!   (^_^)/~~

最終更新:2012/06/04 18:59

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 1件

2012/06/07 21:45:29

UTMFは最高でした

北海道トレイルランニングクラブ 武田さん

いつも当クラブをご紹介いただきありがとうございます。UTMFのクラブ参戦者7名全員が完走できました。北海道人は、辛抱強い人ばかりのようです。このレースはこれまで体験したことのない156kmとロングで、100km地点を越えてから2000m級の山越えをしなければならず非常に過酷なものでした。だからこそ完走した者は、ゴール後の至福の時にどっぷりと浸ることができます。3週間が経とうとしていますが、いまだにゴールできた喜びが耐えません。レースの影響でふくらはぎを痛めてしまい現在も治療中ですが、来年も絶対に参戦したいと思っています。UTMF最高!

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2012年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月