【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/12/25 16:01

こんにちは、秀岳荘の小野でございます。
【エベレスト街道】ヒマラヤトレッキングシリーズを書き始めて今回が最終回になります。
日本を出て2週間の旅だったんですが今回の最終回が実は一番大変でした。
写真が少ないため是非、最期の動画を見て頂きますようお願いいたします。

ルクラ空港に向かうため楽しかったクムジュンを出発しました。
気温が低く小雪が舞っていています。

DSCN1324.JPG

雲が多くルクラ方面は重いガスにとじこまれていて見えませんでした。
サティスの情報によるとカトマンズへ向かうルクラ空港はずっと天気が悪く飛行機が
5日も飛んでいなく明日も天気が何とも言えない状況との事でした。
ちょっと嫌な予感はしましたがガスに隠れているナムチェバザールを経由してルクラに移動しました。

DSCN1331.JPG

来るときは3日間かけて登ったルートを1日で降ります。
小雨のため少し滑りましたが夕方にはルクラへ到着できました。
しかし本当に驚く光景がそこに待っていたんです。
なんとルクラ飛行場の周りは飛行機に乗れない登山者で溢れかえっているんです!!!
その数は推定で1500人!!!

DSCN1336.JPG

ロッジの中には日本人ツアーで5日間も飛行機に乗れなくて困っている人が大勢いました。
今日のお昼で国際便チケットがフィックスのため流れてしまうお客さんも大勢居て本当に気の毒だなと思いました。
こんな場所で何もできずにいたら気がおかしくなりそうで怖かったです。
そんな時、サティスは二言目には「小野さんはどんな手を使ってでも絶対に帰すから安心してくださいね」と
言ってくれていたのでちょっと安心でしたね!!! 現地ガイドの力量が問われる時だと思いました。
しかし残念ながら次の日の飛行機は悪天候のため欠航になってしまいました。
欠航が決まってふて寝をしてベッドでゴロゴロしているとサティスが急いで降りてきたんです。
「別に6万円かかるけど小野さんのヘリがチャーターできたよ!!!」
「急いでヘリポートのある下の村まで行くから準備して!!!」
やったと思い、あわてて荷物をまとめヘリポートを目指して走ります。 (ちなみに国際便は20万以上かかります。)
1時間以上トレラン並みに全力で下って着いたところはすさまじい場所でした!!!

DSCN1337.JPG

推定200人以上のヘリコプター搭乗希望者で溢れかえっているんです。
チケットを持っていない人も中には大勢いてダフ屋みたいなヘリ管理者と大声で交渉をしています。
何機もヘリが来ては5人から8人を搭乗させて飛んで行くのですが・・・
後から後から人が降りてくるので収集出来ない感じでしたね。

DSCN1339.JPG

ヘリのチケットですがお金があっても乗ることができず、なにか有力なコネが無いとだめらしく
ここでもサティスの人脈に助けられました!!!
2時間ほど待って次のヘリコプターと指示され待機していました。
しかし、ヘリは来たのですがなぜだか乗れないまま飛んでいっちゃたんです。
「あれ変だな?」と思いながらも指示の間違いなのかと思っていたら、なんと目の前で自分のチケットを
誰か知らない人にパイロット直接交渉で買収されていたんです!!!
本当にすごい国「ネパール」と思いましたね!!!
しょうがないのでヘリに乗れなく困っていた大勢の人と一緒にまわりのロッジを探します。
運よくポーターが泊る少し汚いロッジがあり本当に良かったです。
宿は本当に汚かったけど自分に合っている感じがありロッジの人も親切で助かりました。

DSCN1343.JPG

サティスは本当に一生懸命に手に入れたチケットをだまし取られたので寝込んでしまいました。
きっと大急ぎで降りてきたため汗が冷えて風邪をひいたと思います。
寒い中で何も食わずヘリを待っていたのに、最期の仕打ちがこれかよ・・・・って感じですね(*^_^*)

DSCN1345.JPG

ポーターのケイムと自分はやることが無いのでお互いあまり通じない英語で会話してましたね
かなり英会話は自信がないのですが面白かったです。(日本に帰ったらやってみようかな・・・)
次の朝、ヘリの管理責任者が来て詫びを入れており本日の1番チケットをくれました。

DSCN1352.JPG

朝早く少し寒かったのですがヘリポートで待機をします。
「今日はチケット取られないぞ」と冗談を言いながら待ち続けました。

DSCN1353.JPG

ようやく自分のヘリが来て乗れる事が出来たんです。(*^_^*)
ヘリが飛ぶときはサティスともう会えなくなると思いすごく悲しかったです。
「本当にサティス、いろいろありがとう!!!」
ここから英会話の出来ない一人旅が始まりました。

DSCN1360.JPG

深い谷間の峡谷を右に左にと飛びます。
想像以上にギリギリを飛ぶので大変怖く、後ろの外国女性が叫んでいました!!!
正直、一緒に叫ぼうかなと思うぐらい怖かった時がありましたね!!!
偶然ですが日本人夫婦の方もいてラッキーでした。
英会話は自分以上に出来ないそうですが同じ日本人なので安心ですよね

DSCN1362.JPG

なぜかヘリは途中で降ろされ1時間以上待たされ次のヘリに乗ってバス待機所に着きました。
なぜ一回でバス待合所に行かないのか不思議でしたね!!!
乗る前にサテイスから分割して飛ぶとは聞いていなかったので嫌な事まで考えてしまいました。
とりあえず降ろされた時は背中に入っていた未開封のビスケットを開けて隣に居た
イタリア人に差し上げて情報を教えてもらい、なんとなく「待っていれば次のヘリが来る」まで
教えてもらい日本人のご夫婦にも教えてあげて待っていました。
英会話はやっぱり大事ですね!!!

DSCN1367.JPG

バス待機所で乗車した時にサティスから連絡が入りました。
「ルクラで裏チケットを手に入れたからカトマンズで待ってるからね」
嬉しかったですね、もう会えないと思っていたのにカトマンズで再会が出来るんです。
本当に良かったです。
ボロボロなバスに乗ってカトマンズまで40キロを走ります。

DSCN1373.JPG

道が悪くでこぼこで大変な悪路でしたがどんなに遅れても明日の国際便には間に合いますのでルンルンでしたね
でも何人か本日の国際便のお客さんが乗っているのでドラスバーは無理をして何度も追い抜きをかけます。
3~4回ほどルパン三世の映画シーンに出てくるような危ない場面がありながらもギリギリ国際線に間に合いゴールでした。

DSCN1379.JPG

サティスと感動の再会!!!
たかだか6時間なのに本当に長いドキドキの6時間でしたね!!!
あまり自分には一人旅は向いていないかも・・・ (*^_^*)
サティスの裏チケットですが自分と別れてルクラのロッジに戻ったところ
ロッジのご主人の知り合いで都合が付いたそうです。
相変わらず1500人が空港の周りで困っている中、自分のために200ドルを自腹して来てくれました。
一応、サティスの知り合いをカトマンズで手配しているので何とかなったはずなのですが・・・
それでもサティスは来てくれたんです!!!
自分の信用をお金を払ってでも勝ち取ってくれた気がしました。
知り合いも誰もいない異国でこんな風に思ってくれるサティスが居て本当に心から感謝でした。
「ありがとう、サティス」

DSCN1380.JPG

空港でサティスは銃で撃たれたタクシーで待ってました。
今回、本当に危険な旅を安全に過ごせたのは良きガイドであり仲間であるサティスのおかげだと思っています。
もしブログお読みのお客様でネパールをプライベートで観光希望の方が居たら是非サティスをお勧めいたします。
日本語が出来て、日本文化にも精通しているのでいろいろな細かいことまで安心です。
料金も最安値ではありませんが普通に大手よりはずっと安いです!!!
日程やコース、食事から文化などの説明も全部してくれています。
秀岳荘のホームページにリンクを張っていますのでご興味ある方は是非ご覧になってくださいね!!!
秀岳荘一押しネパールガイドだと思っています。
よろしくお願いいたします。

今回は想定外な事がラストにあり写真が少なかったです。
しかし動画をうまく編集して臨場感を出せているかと思います。
5分ほどありますが是非チェックお願いいたします。













最終更新:2011/12/25 16:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
2017年