【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2011/11/28 15:10

いよいよ11月8日ヒマラヤトレッキングの開始です!!!
ちょっと汚いカトマンズ国内空港からルクラへ向かいます。
一番前の左側の席に座れたため朝一番のヒマラヤのパノラマを満喫出来てよかったです。
どこまでも続く白い山脈が近付くにつれてテンションが上がります。
今回の飛行機ですが12人~13人程度の小さなタイプで谷間を縫いながら飛び続け
丘の上にある傾斜がかった滑走路に着陸をします。
降りるのも相当怖かったのですが離陸は谷間に吸い込まれるように離陸するので想像したくなかったですね!!!
どこまで本当かわかりませんがカトマンズ~ルクラ間は非常に危険で年に1機、2機は落ちるそうです。
サティスにも聞いたが「しょうがないね!!!」で終わってしまった。
どうやら世界で最も危険な飛行機ルートだったようです!!!

DSCN0886.JPG

さてルクラ空港ですが標高はなんと2840メートルもあり、すでに北海道の大雪山、旭岳を超えています。
スタート直後からすでに高所との戦いが始まっていました。
国際線の疲れまたは時差ボケなのか本調子にならずスロースタータで行動開始です。
温かいホットレモンを飲んで水分補給を行いビスケットやりんごで軽い朝食でエネルギーを補給します。
ちょっと肌寒いルクラにも少しずつ日差しが入ってきて温かくなりだしたころから行動を開始しました。

DSCN0900.JPG

歩きだした実感ですが素直に「凄いところに来たな!!!」でしたね。
オーバーな表現かもしれませんが見る山、見える山すべてが大きく険しくてダイナミックな感じなんです。
北海道の大雪山のような優しい感じではなく日高山脈のように際立っていて、そして大きいんです。
白い雪が高所部分に付いていて山好きにはたまらない景色でしたね!!!
自分の安いカメラでも露出をちょっと落とすだけで満足な一枚が撮れましたね。

DSCN0895.JPG

ガイドのサティスですが、さすがに16歳からガイド業界にいるだけあって山や花の名前に精通していましたね
ヒマラヤの文化や風習も含めてきれいな日本語で教えてくれます。
ピークだけを目指すのではなくヒマラヤ全体を知ってもらいたい気持ちが伝わりましたね!!!
下の大きな呪文が刻み込まれた大きな岩ですが仏教の経文をマニ語で刻み込んでいるそうです。
岩を通過する時は必ず左側を通らなくてはいけないそうです。
当然ですがトレッキング街道道中にあったヌンダも含めて左を通りましたね!!!

DSCN0901.JPG

街の出口と入口ですが関所みたいな建物が必ず建っていてマニーグルマが設置されていましたね
時計回りに回すことによってお経を唱えたことになるそうです。
文字が読めない人たちに仏教の教えを広める為の「知恵」だなと思いました。
同然ですが今回の旅の無事を祈って回してきました!!!

DSCN0905.JPG

気温ですがほとんど北海道と同じか2週間前ぐらいの時期で空気は非常に乾燥していました。
乾季のため土埃がひどくマスク着用の方も多かったです。
ゾッキョ(ジョ、ジョッゲとも言う)のフンが至る所に落ちていて疑問を感じながらも歩いていましたね
なぜ、こんなに落ちているのかな?
相当な数だよな~と思いながらも前進です。

DSCN0908.JPG

お昼ごろですが前から歩いてきているにっこり顔の入澤さんと合流しました!!!
そ~なんです!!!
入澤さんは10日間ほどまえからヒマラヤに来ていてカラタパールやアイランドピークを登っていたんです!!!
お互いの旅の無事を祝っておいしいホットレモンで乾杯てす。
2週間ひげを剃っていない少し疲れた顔からも今回の大変な登山が想像できます。
昨年から日高山脈を中心に一緒に行っている仲間とこんなヒマラヤで無事再開ができ嬉しかったですね!!!
短かったですが今回の大変だったお話を少しお聞きして札幌での再会を約束して別れました。

DSCN0912.JPG

入澤さんと別れた直後ですがすぐにあのゾッキョと対面しましたね!!!
小学校の低学年時代に近所の牛で怖い体験があり一瞬ですが足が震えます!!!
他の人は大丈夫でも自分はダメですね!!!
いわゆる「トラウマ」なので、ここで克服しないと思いながらもやっぱり恐怖でしたね!!!
後で調べましたがどうやらヤクと水牛をかけて作った生き物で繁殖が出来ないようにしているため
1代限りのかわいそうな動物だそうです。母親が水牛のため非常におとなしく滅多に危害を加えないそうです。
角ですがみごとなゾッキョが多くゆっくりと振り回しながら荷物を運んでいました。
必ず数頭から10頭ほどの群れで移動して荷物を運んでいるため前にいると凄い埃で咳き込んでしまいます。
また、普通に追い抜かすのは至難の業でちょっと無理かと思いますね!!!
ゆっくり休憩を取って落ち着くのが一番かと思います。

DSCN0914.JPG

トレッキング街道ですが非常に吊り橋が多いです。
鋼鉄製の立派な吊り橋なので問題は無いのですがとにかく高さがあるため怖いですね!!!
ちなみにゾッキョは足元が見えないと怖がってなかなか進みません。
飼い主が掛け声やムチで叩きながらなんとか誘導します。
ゾッキョは怖いけど叩かれるゾッキョはかわいそうでしたね。

DSCN0919.JPG

今回のトレッキングですがサティスの考えもあり前半はゆっくり、後半はきびきびにしています。
どうしても日本人の体力や個人差を考えると無理を前半してしまい高山病で調子を落とす方が多いそうです。
このため今回は1泊目はパクディン、2泊目もちょっと先のモンジョに泊ってナムチェバーザールまで
1日多くかけて到着致します。このほうがゆっくりと順応できて無理が無いとのことでした。
こんなきれいな景色が随所にあるので気持ち的には焦る必要もなくゆっくり満喫できたと思います。

DSCN0924.JPG

見るもの聞くものが初めてな事が多いのでとにかく触ったり食べたり飲んだり・・・・
子供心をくすぐる事が多く少し変な日本人をやっていたかも・・・・(*^_^*)
遊びで来ているので良いですよね!!!

DSCN0933.JPG

石造りのきれい建物が多く表面をきれいに削るなどフラットな壁で積み上げられていました。
職人気質でないと積み上げれない奥の深い技術だと思います。
強度はわかりませんが十分立派な作りだったと思います。

DSCN0938.JPG

今回のロッジですが非常に良くトイレも水洗で温水シャワーも付いていて全然問題なしでした。
サティスのお気に入りのロッジらしく昔からのお付き合いだそうです。

DSCN0944.JPG

いつもそうでしたがポーターのケイムがサッと除菌ジェルを出してくれます。
サティスの旅では必需品で必ず除菌してから食べたり飲んだりします。
なんだか表現は悪いのですが「殿様気分」でしたね!!!

DSCN0946.JPG

お昼御飯ですが自分の好きなものをオーダーします。
野菜ですが意外と豊富で無農薬のためどれを食べても美味しく良かったですね!!!
今回は野菜スープパスタとフライドポテトでした。
冷蔵庫が無いため一からきちんと作ってくれます。
チンして終わりでないのでなんだか得した気分でしたね!!!

DSCN0949.JPG

部屋の中も十分にきれいで良かったです。
何かにつけて心配性のお客様でも大丈夫ですね!!!

DSCN0950.JPG

ちなみに夕食ですがチキンカレーを頼んでみました!!!
やっぱりそうかなと思っていましたが・・・・
今まで生きていたと思われるチキンがさばかれて料理されてましたね!!!

DSCN0954.JPG

そしてやっぱりカレーもちゃんとスパイスを挽いていました。
これはきちんと食べないとバチが当たるなと思いましたね!!!
料理を作ることは本当に大変な事だなと思いましたね!!!

DSCN0956.JPG

出来上がったチキンカレーですが本格的な味で実に美味しかったです。
多めに作っていて従業員も同じものを食べていましたね
トレッキング初日から思い出深いスタートを切ることが出来たと思います。

DSCN0960.JPG




最終更新:2011/11/28 18:35

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月