【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2016/04/30 14:00

※真田幸村レポート「疾風の如く 掠火の如く(かぜのごとく ひのごとく)」を読んでいただける前に
 下記の“ご注意”をご確認ください。よろしくお願いいたします。

「疾風の如く 掠火の如く」☆読んでいただく前のご注意☆ Attention please!!


※主要登場人物のイメージイラスト は こちら ⇒ 「疾風掠火」青年期 人物紹介

※ここまでの「疾風の如く 掠火の如く」 は こちら ⇒ カテゴリ「疾風の如く 掠火の如く」



☆Report of Yukimura Sanada / by Shizuoka Chaho 1000

《疾風の如く 掠火の如く》



◇Chapter:8 【天下統一】◇



8-5「伊達政宗」




 小田原城が開城する約ひと月前……

「ようやく参ったか、お若い伊達の当主殿。 死装束とは……面白い奴じゃのぅ。

 もう少し遅ければ……確かにこの首、胴から切り離されるところであったぞ?ん?
 ……周りが良く見える右目が側に居って良かったのう。」

秀吉は白装束で平伏する政宗の首筋を 手に持っていた杖で撫でつけながら、
子供をからかうような口調で伊達軍の北条攻めへの遅参を咎めた。



◆       ◇       ◆




 政宗は当初、豊臣に臣従するのは気が進まなかったのだ。

己の力で伊達家中をまとめ、
身内の犠牲を踏み台にまでして奥羽の地を平らげてきた政宗であるのだから、
このまま豊臣に吸収されてしまうのはあまりにも欲求不満が残る。

たとえ相手が 畿内から西国の大大名をも次々と傘下に従えた、
巨大な力を有する豊臣軍であるとしてもだ。



 お人好しだった父輝宗……。その父が同盟を結んでいた北条氏政。

越後上杉の御館の乱で、輝宗は氏政との同盟により景虎側を支援したが、
結果は……景虎は敗北して自刃し、景勝が上杉の家督を継いだ。

政宗は父輝宗の方針を覆して上杉景勝と講和を結んだが、
北条に対して同盟を破棄したわけではなかった。

豊臣傘下の前田、浅野からは 再三秀吉に臣下の礼を取るように上洛を要請されたが
もちろん政宗は豊臣に臣従するつもりなど更々なかったのだ。


 上洛要請にはのらりくらりと理由をつけて躱してきたのである。

後北条・徳川と組めば対抗できるかと抗ってみたが、
徳川は早々に豊臣に対し臣下の礼を取ってしまい、そして後北条は……

秀吉が勝手に決めた“惣無事令違反”とやらで、征伐されつつあった。




「伊達も小田原征伐に参陣しなければ 次に矛先が向けられるのは明白でございます。」

政宗に切々と諭した片倉小十郎景綱の言葉が耳に残る。


確かに小十郎は頼りになる忠臣であるし、元服前の政宗の指南役でもあった存在だが、

腹の探り合いと謀略で、互いに姻戚関係を結びながらも血で血を争う奥羽の大名家を、
政宗は戦によって明確に雌雄を決し、従えてきた。

その政宗が、孤軍奮闘する後北条を 数の力で責め立てる豊臣に対し、
戦もせずに従うというのか……。

……政宗の好むところではなかった。

伊達政宗兜イメージ


後北条との同盟関係を反故にした上、この出陣の直前には
政宗自身の命にもかかわるような家中のゴタゴタがあったが……

それを無理矢理収めて 秀吉に臣従を誓うために小田原へ出向いたのであった。


(俺らしくない。……だが……!)


ずっと迷い続けたが、この北関東まで豊臣が制圧したとあってはもう仕方がない。

ようやく参陣し、下げたくもない頭を下げる事にしたのである。




 しかし小田原に着くと、伊達軍は城を囲む戦に加えられるのではなく、
政宗は遅参を咎められ『謹慎』という名で底倉の地に閉じ込められてしまったのだ。


(ふん、俺はこんな事くらいで弱気になったりはせぬぞ。)


政宗は尋問に来た前田利家らに、

「関白殿下の茶頭を勤める千利休殿が此処に居られるのなら、
 良い機会であるから 是非茶を習いたい。」

と不敵にも申し出たのだ。

(こんなところに閉じ込められるために……小田原に来たわけではないわ!)



しかしこの政宗の強気な発言が 却って秀吉の怒りを鎮めたらしい。


「この状況で茶を習いたいと言うたのか?あの若造は。ふむ、面白い。会うてやるわ。」

そして政宗は、白装束(=死装束)に身を包んで 脇差一本を帯にはさんで、
秀吉の目の前に現れたのだ。

(俺は秀吉なんぞには絶対に殺されたりせぬ。死ぬる時は自分の意志だ。
 彼奴の出方によっては刺し違えてでも抗ってみせる。

 しかし……彼奴が俺を認めたならば……この脇差は 大袈裟に小道具として使ってやろう。)


政宗の謁見を許した時の秀吉は、すでに此度の戦の勝利を確信しており、
機嫌もよく寛容にもなっていた上、生来の派手好きである。

死装束に身を包んだ政宗の、尋常ならざる強気な態度は
ますます秀吉の気に入るところとなったのである。


――そして政宗は……腰の脇差を派手な動作で地へ放り投げ、秀吉の前に膝を折り……


秀吉は政宗の首を杖で示して
「あともう少し遅かったらここが飛んでおった」 と言って、笑って許したのであった。


◆       ◇       ◆



 政宗が秀吉に謁見してから十日ほど経った七月五日、小田原城はついに開城した。

唯一抵抗を続けていた忍城も七月十一日に開城し、
これにてついに、四ヶ月半にわたる小田原征伐は終結したのである。


秀吉は天下統一の最終段階として、
小田原征伐に参陣しなかった北の勢力を自らの支配に置く為、引き続いて奥州仕置を開始した。

そして伊達政宗は、この案内役を引き受けることとなったのである。



(ああ、イライラする……!)

宇都宮での仕置の後、政宗は秀吉を会津の黒川城へ案内し、
秀吉が大阪へ帰った後は、その甥秀次と前田利家らを接待する日々を送っていたが……


この頃の伊達政宗は、小田原参陣前から今まで、もうずっと
自分の中で募る欲求不満を 無理矢理押し込めているような状態であったのだ……。


そのような時に……政宗はその男と出会ったのである。





----------------------------------------------------------------




忍城の戦いと話が前後してしまいますが、

個人的には……この人…
伊達藤次郎政宗殿を抜きにしてはこの時代を語れないと思っております。(*^^*)

家康と違って、秀吉に脅威を与えるほどの存在ではありませんでしたが、
(まあ、領地が遠いし、年も若いですしね。)

なにかとちょいちょい、いろんな事件に名前が上っているお人でもあります。


それこそ、秀吉や家康と同年代であったら、
または生まれてきた場所がもっと近畿に近い場所であったら、

日本の歴史はかなり変わったのではないかと思えるほどのバイタリティの持ち主ですよね。
( ´艸`)ムププ



ちなみに…

“身内の犠牲を踏み台に”は 父輝宗の最期 のエピソード、
“命にもかかわるような家中のゴタゴタ”は 母義姫による政宗毒殺未遂 のエピソード

のことです。

真偽は確定ではありませんが、余りにも衝撃的なのでつい政宗殿の人生に取り入れてしまいました。


今回の話の続きは、また個人的見解に基づくフィクションとなりますが……
宜しかったらお付き合いくださいませ~~。(;´▽`A``







さくら大満足のほっといっぷく♪のために…さくら

緑ハートカルキを飛ばして美味しい緑茶を淹れましょう。
  湯は一度 沸騰させてから冷ましましょう!

青ハート茶葉の量…基本は一人分3g(大匙山盛り1杯)

緑ハート味の決め手は湯の温度!日本茶
  淹れ方で変わるお茶の味♪

黄ハート抽出成分が変わります。
  高い温度は渋みのカテキン・苦みのカフェイン、
  低い温度は旨味(甘み)のテアニン。


¥734
<
¥1728



                             下矢印クリック!スマイルきらきら

日本茶美味しさと健康、食卓に笑顔。 静岡茶舗 https://www.rakuten.co.jp/shizuokachaho/

【静岡茶舗 楽天市場店】 店長ブログ→https://shop.plaza.rakuten.co.jp/shizuokachaho/

   緑茶・日本茶・煎茶・深蒸し煎茶・粉茶・粉末茶・べにふうき・紅茶・玄米コーヒー・健康穀物他

最終更新:2016/04/30 14:24

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月