【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/12/18 10:53

☆大河ドラマ☆
   
《真田丸》
    感想ブログでござる!(*^^*)

   第49回 『前夜』
      2016.12.11 放映

◇主な登場人物◇
豊臣秀頼(中川大志)・真田左衛門佐幸村(堺雅人)
・後藤又兵衛(哀川翔)・毛利勝永(岡本健一)
・長宗我部盛親(阿南健治)・明石全登(小林顕作)
・塙団右衛門(小手伸也)・木村重成(白石隼也)
徳川家康(内野聖陽)・伊達政宗(長谷川朝晴)


豊臣と徳川は ついに完全に手切れとなる。
「今生の別れではない」
「お会いできて光栄でした」

フラグたちまくりなのも必然でしょうか?
大阪夏の陣、ついに開戦!

真田丸センちゃん(前夜)
向かって右のオバケモドキはウチのJD娘の化身キャラです。
阿梅ちゃんのかわりにずんだ餅試食……ドーミスミマセン;





☆     ★     ☆





今回の真田丸、いろいろ描かれ方が従来の通説とは違うので、

どうしても先入観が邪魔をして、最終回の直前なのに冷めてしまった部分があり、
少々理屈っぽくぐだぐだと感想を書いてしまいました。

そういうのがNGな方は読まずにスルーしてください。






家康殿が突然“黒狸”になったり、また温厚で余裕のある大人物に戻ったり??
大人の事情でその時々の態度が違うのかもしれませんが、

将軍職を譲った息子秀忠殿との接し方が、なんだか今一つ不思議な雰囲気がありますね。
うまく言えないのですけれど。

今回はわりと余裕のある おっとりとした大御所様でした。


前回の感想ブログでも書いたのですけれど、史料に依れば「三日分の腰兵糧でよい」と、
この夏の陣の時、家康殿ご自身は 簡単に決着がつくであろうと甘く見ていた節があります。

だからこその余裕だったのかもしれませんね。

まあ、どう見ても豊臣側は最後の悪あがきにしか見えないですから。


でも 家康殿のやっていることはえげつないけれど、

その余裕の中で 心には大きな呵責がある事を匂わせる雰囲気が 上杉殿との会話が描かれていました。

「心の内のやましさ」「大義なき戦」

太閤から「秀頼をくれぐれも頼む」と、何度も何度も懇願されながらも豊臣を滅ぼす行為……


今更 悔いる気持ちはないと思いますが、
やっぱり家康殿に心の呵責はあったのではないかと
……そうであってほしいと思います。



そして景勝殿が 幸村を羨ましいと思う気持ちも……もしかしたら本当にあったかもしれませんね。

義に篤い人柄でありながら、家を守る為に家康の暴挙を黙認した事は
ご自分の意に反する事だった
と思います。

史実の景勝殿は「真田丸」の景勝殿とは違うだろうとは思うのですが、
心の根っこにあるものはきっと同じものだったのではないかと……素敵な景勝殿でした。(^^)b



戦の描写に関しては……、残念ながら

ブラタモリやらその他のNHKの番組で事前に紹介されていたような、地形に関わって展開された
大坂夏の陣特有の合戦状況が描かれていたようには 思えないのですが、(なぜ連動させないのかしら??)


まあ、それはやむを得ないとして、

大まかに言えば、戦場が
《道明寺》方面と《八尾・若江》方面の二局面であった事は描かれていました。

で、「真田丸」では登場していない人もいるので
道明寺方面の先鋒の後藤隊と共に明石隊も進んでいるように描かれていましたが、

今までの通説では ザックリ言うと この戦、

丑の刻過ぎから立ち込めた濃い霧の為に後詰隊が道を見失い、
到着が約束の時刻に間に合わず、

機を逸して敵に囲まれることを危惧した又兵衛殿が やむなく突貫を開始し、

士気が高く 当初は優勢であった後藤隊であるが、圧倒的な大軍の敵にやがて押され、

伊達政宗の鉄砲隊に撃たれた後藤又兵衛殿は身動きが取れなくなり、
奮戦空しく遂に討ち死を遂げてしまった。

又兵衛殿が討ち取られた頃になってようやく明石・薄田隊が到着し、
さらに遅れて毛利隊、そして一番遅れてようやく真田隊が道明寺の合戦場に参戦。

又兵衛殿の死を知った幸村殿は、遅参を大いに悔やみ、その場での討死を覚悟したが、
勝永殿に慰留され翌日の戦闘へ決戦を持ち越し 退却した……


という感じだったと思います。



でもなんだか違いましたよね?「真田丸」では。「霧で遅れた」なんて欠片も出て来なかったし。

むしろ後詰が遅れたのではなく、徳川方(本多佐渡守)の心理作戦に微妙に引っかかり、
良からぬ噂を払拭するために(?)気が逸って勇み足で又兵衛殿が攻撃を開始した??
みたいでしたよね?


なんだろう……これ……??

って、違和感を覚えたので調べてみたのですが、

最近はそういう説も展開されているみたいで、
決定的な確証があるわけでは無いみたいなので何とも言えませんが、

歴史は既に完結している事象であるにもかかわらず、史料の新解釈により?
一概に「史実はこのようであった」とは言えなくなってきているのですよね?


新しい説が必ずしも正しいとは限らないとも思うのですが、

新しく描かれるドラマとしては、
新説を採用して展開している事は 目新しいので興味を引いて良いのかもしれません。

でも通説に慣れ親しんだ私みたいな人間には、
「なんだかなーっ……」な感触が残ってしまう事は否めないのですヨ……

|||(-。-;)||||||ムズカシイトコ デス




豊臣軍のこの日の退却に関しても……

ドラマでは 道明寺に於いて、のこりの豊臣軍が到着した後も、

戦いはそのまま伊達軍が優勢で展開されていたにも拘らず(?)、
いつものおびき寄せ作戦のように真田軍はわざと転進して、幸村殿は強気の捨て台詞を残して挑発し(?)

それを聞いた政宗殿の謎の気まぐれ(?)で伊達軍による追撃は行われず(?)
豊臣軍は無事に退却することが出来た(?)


……みたいな感じに 私には受け取れましたが……


この場面に関しては新解釈を調べていませんのでよくわかりませんけれど、


今までの通説では、

戦上手の真田隊が参戦してから 伊達軍は誉田(こんだ)まで押し戻され、
そこで長い間、睨み合いの膠着状態が続いたが、

八尾・若江方面軍の敗走により、大野治長から道明寺方面軍にも撤退命令が出されたので、
結局、真田軍が殿(しんがり)を務めて 豊臣軍は無事に撤退を果たした。

その時の幸村殿の言葉が

「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候」であったと……

これが人々に語り継がれたと言われています。




まあ、ドラマでもこれを聞いた政宗殿が、全然悔しそうではなくて
逆にうっすら笑っていた感じが、

心の中では徳川軍に完全に従っているわけでは無い政宗殿の反骨精神が感じられて
その後の……幸村殿が家族を託すシーンに 違和感なく繋がるので問題はありませんが、

欲を言えばここに至る前にもう少し、幸村殿と政宗殿の何らかの絡みがあってもいいのになぁと
思ってしまいました。

でもまあ、通説でも「この日の戦場での伊達軍の戦いぶりを見て幸村殿が決めた」とか、
「大阪城を攻めた時に、可愛いコがいたので拉致って来たら実は幸村殿の娘でした」とか、


公式文書に正々堂々書かれていたりしますので、(笑)

事前の密約(?)は存在していない事になっていないと、
伊達家の立場が悪くなるのかもしれませんけれどね。(;^ω^A





……とまあ、今回はこんな感じで。(^▽^;)  それ以外の第49回についての場面に関しては

ちょこちょこっと イラストなどをアップしながら、感想も書かせていただきましたので(笑)

とりあえず、

幸村殿の大切な家族である 春ちゃん、大助くん、阿梅ちゃん、(+大八くん)、
そして幸村殿とずっと命運を共にしてくれた高梨内記殿やきりちゃん、佐助さん、作兵衛さん……

それぞれみんな覚悟を決めた潔さがとても凛々しく、嬉しかったですヨ!!ヽ(=´▽`=)ノ


(唯一、きりちゃんに対する幸村殿だけはサイテーでしたけど。ww) クリック!ww⇒ 「遅い」…というか、また脳内変換。




何はともあれ、今夜はいよいよ最終回!!

終了時刻延長の拡大版ですよね!! 録画のセット時間、要確認です!(≧ω≦)b







星只今静岡茶舗は全品ポイント10倍!このチャンスをお見逃しなく!手書きハート

ポイント10倍12/17


        12/22(木)01:59まで!OKダブルハートダブルハート    ご来店、お待ちしておりま~す♪

弁天丸 ほっといっぷくダイヤ ためしてガッテン! → 深蒸し煎茶!

ダイヤ 職場で、家庭でたっぷりお得! → お徳用!

ダイヤ メチル化カテキンのパワー! → べにふうき!

ダイヤ 九州の茶葉、豊富なカテキン! → かごみ!

ダイヤ 送って喜ばれる、もらって嬉しい! → ギフト!
 
ダイヤ 簡単で美味しい! → ティーバッグ!

ダイヤ ヘルシー&ダイエット! → 健康穀物!





緑ハート休日はのんびり!音符
  リラックスタイムに緑茶はいかがですか!

青ハート緑茶には、ビタミンがたっぷり含まれていますよ!
   疲労回復、風邪予防、老化防止効果あり♪日本茶

緑ハート緑茶のカテキンパワー!!
  毎日飲んで、健康長寿!ちょききらきら
  

↑ ¥1000

↑ ¥1360
                                               


                             下矢印クリック!スマイル

日本茶美味しさと健康、食卓に笑顔。 静岡茶舗 https://www.rakuten.co.jp/shizuokachaho/

【静岡茶舗 楽天市場店】 店長ブログ→https://shop.plaza.rakuten.co.jp/shizuokachaho/
   緑茶・日本茶・煎茶・深蒸し煎茶・粉茶・粉末茶・べにふうき・紅茶・玄米コーヒー・健康穀物他

最終更新:2016/12/18 21:59

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 6件 コメントを書く

2016/12/18 12:31:32

そうなのですよね!

デザインポートさん

スタッフMです。

いよいよ最終回なのですね!
歴史に無知な為、新しいドラマ?として楽しみ、ここで、史実を知り2重に楽しめた真田丸でした。
いよいよ、とうとうです…。

2016/12/19 04:13:38

デザインポートさま

静岡茶舗さん

最終回……視ましたよ。また深夜……

皆さまはあの最終回をどう見たのでしょうね?

今までの大河ドラマって、私は大抵涙腺崩壊だったのですが、
今回は全く涙が出るシーンがありませんでした。

「真田丸」は決定的な主人公の最期の描写がありませんでしたから。

……やっぱり多少 伝説を意識しているのでしょうか?


私の所感はまた改めてブログに書きますね。

2016/12/19 07:36:05

最終回

デザインポートさん

最終回・・・と覚えていましたが、サッカー観てしまいました・・・

感想を読んで最終回を見た気分になります
 
スタッフ1号

2016/12/19 12:51:17

最終回でしたね~^^

インテリアショップ にんぐるさん

真田丸、とっても視聴率よかったようですね^^
これも、役者さんと脚本家さんのタッグのお陰でしょうか?

大河ドラマを、もの凄く期待していた者としては
歴史オンチにもかかわらず、何だかなぁ~な
部分を感じてしまい、ちょっと残念な感は否めません。

もっと重厚な感じのある大河ドラマ・・・みてみたいです。

2016/12/20 15:22:50

デザインポートさま

静岡茶舗さん

う~ん……
スタッフ1号さま……

私の感想を正直に書くと全国の「真田丸」ファンの方から石を投げられそうなので、ww
最終回ですしあまりdisるわけにもいかずww

きっとオブラートにくるんだような感想になると思います。


もし覚えていたら、12/30の総集編を見てみてください。(笑)

2016/12/20 15:34:30

にんぐるサマ

静岡茶舗さん

楽しめる人とそうでない人が両極端だったのではないかと思います。

でも私のように、文句言いながらも結局見た という人もいらしたみたいなので、
結果的に視聴率は、たしかに そこそこ高かったのかもしれませんね~。


……そうなんですよ。

本当言うと、私もガチで重厚感のある歴史ドラマを1年間じっくり見たい!!

少なくとも歴史の教科書に載るような事象に関しては
それなりの重さが欲しいと思っています。


些細な日常生活の中なら ちょっとしたネタ的フィクションもいいのですけど、
シリアス部分はどっぷりと浸れるドラマが欲しいです。

「真田丸」はなんというか……
もう一度見たいシーンには、ほとんど主人公が存在していなかったりするww(;´▽`A``


でもこれだけたくさんブログネタにさせていただいたので
私が文句言っちゃいけないですよね。(笑)

スタッフの方、出演者の方々に感謝です。(^^)

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年