【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2015/03/09 18:32

水耕栽培で使う水に溶かした培養液の作り方 『CANNA AQUA ~キャナアクア~』

7月23日4.jpg トウガラシ2.jpg



液体肥料を水に溶かした培養液の作り方 

『CANNA AQUA ~キャナアクア~』水耕栽培編


基本肥料であるCANNA AQUAと発根剤、生長促進剤、開花促進剤、風味などに影響のある活力剤のセットです!!【液肥】【液肥】CANNA AQUA1 キャナアクア 1L シリーズ+活力剤 250ml セット 水耕栽培 肥料/液体肥料 液肥



以前にも水耕栽培で使う液体肥料の作り方を紹介しましたが

今回は



CANNA AQUA ~キャナアクア~の生長段階に

合わせた配合の仕方を紹介します。





このCANNA AQUA ~キャナアクア~は

上級者向けの液体肥料ですが

作り方を分かっていしまえば作りやすい液体肥料です。






■■■ このCANNA AQUA ~キャナアクア~は ■■■

CANNA AQUAは、水耕栽培専用の液体肥料で、土栽培には使えません。

生長期にはAQUA BEGA (A+B)

開花期ではAQUA Flores (A+B)に分けて

使用することによって植物に最適に栄養補給できます。

CANNA の優れている所は生長期と開花期で

完全に肥料を分ける事によって植物が肥料養分を吸収していっても

培養液のpH値が適正値範囲内で

安定し変化しづらくなっております。

生長促進効果があるケイ酸塩、フミン酸、ルボ酸、

海藻由来の天然エキスが配合しております。

イギリスで大人気の理由の一つは、

天然成分と同じ吸収促進効果が有り、

植物にストレスなく養分が吸収されるので、

植物の細胞を強化し安定的に生長が見込めるからです。



ボトルの肥料レシピはトマトなど夏野菜を基準としています。

葉物野菜などの低いEC値(肥料濃度)を好む植物では、

水の量を多くした薄めの希釈のレシピを与えてください。





■水耕栽培専用の液体肥料を水に溶かした培養液の作り方■





~~~~~ 生長期 ~~~~~

この時期は発芽した苗の時から、花や実を付ける開花期の

前までの時期を言い実を付けない葉物野菜では

発芽時期から収穫までの時期です。

例えば春まき秋収穫の植物だったら春から秋ぐらいの時期にあたり

室内栽培で植物育成ライトで育てている場合なら

ライトON時が16時間~18時間の時期にあたります。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



水耕栽培でよく使う種植え用の


ロックウールスポンジに種植えして


ロックウール小2.jpg wp190.jpg


発芽したら




まずは1Lの水に対してベース肥料の

AQUA Vega(A)を1.5mlを溶かし

そこにAQUA Vega(B)を1.5mlを溶かし






またそこに発根剤のRHIZOTONICを4ml溶かし




水耕栽培キットに入れたり培地に注ぎます。






こんな感じに発根が進んでいきます。

葉レタス8.jpg サニーレタス10.jpg

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇







◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

次の段階は定植していきます。



発芽した小さなロックウールとスポンジを

ロックウールやハイドロボール、スポンジで定植していき、


定植68.jpg ハイドロボール2.jpg


根をより多くさせ、今後の生長に備えます。





この時期に液体肥料の濃度が濃くなっていきます。



まずは1Lの水に対してCANNA AQUA(A)を2mlを溶かし

そこにAQUA Vega(B)を2mlを溶かし







またそこにRHIZOTONICを2ml溶かし








そこに肥料養分の吸収力を促進する効果が有り

枯死した根を分解し有用微生物を活性化させ、

さらには病原菌への抵抗力を高める

Cannazymを2.5ml溶かし





水耕栽培キットに入れたり培地に注ぎます。



これで生長期の液体肥料を水に溶かした培養液は完成です。
生長期間の中でも定植後の小さな苗の時期はもう少し希釈して良いと思います。





完成した培養液のpH値は弱酸性の

7月23日5.JPG 
pH測定器 HANNA ハンナ Gro Line(グロライン pH/ ℃テスター)  農業・水耕栽培の生産者(Grower)向けに誕生したGroLine(グロライン)シリーズのpH測定器!!pH/温度テスターですpH測定器 HANNA ハンナ Gro Line(グロライン pH/ ℃テスター) 生産者(Grower)専用 水耕栽培で活躍【送料全国一律650円.沖縄、離島除く】

5.8~6.2前後になりますので多くの植物に対応しています。

水耕栽培キットなどで育てている場合は

色々なシステムはありますがエアレイションや

循環で水が動いているので腐ったりはしませんが、

そうする事でpH値もくるってきますし、

栄養素のバランスも崩れてきますので

1週間に一回は総入れ替えをした方が良いです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■■■ 葉物野菜の場合は■■■



葉物野菜の場合は生長期が終われば収穫出来ます。

ですので、


肥料抜き剤 Canna Flush 1L キャナ・フラッシュ【送料全国一律650円.沖縄、離島除く】収穫前に蓄積された肥料塩類や老廃物を植物から抜く液体肥料です。肥料抜き剤 Canna Flush 1L キャナ・フラッシュ 送料全国一律650円.沖縄、離島除く

蓄積した塩分や肥料分を排除して

植物本来の味と風味にしてくれますので使っていきます。

収穫の1~2週間前から使っていきます。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

花が咲いたり実が付く花や野菜に使う栄養剤の作り方に戻ります。


~~~~~ 開花前期 ~~~~~

unnamed (8).jpg トウガラシ5.jpg

この時期は花を咲かせ始めたり、


実を付け始めたりする時期にあたり


例えば春まき秋収穫の植物だったら秋ぐらいの時期にあたり


室内栽培で植物育成ライトで育てている場合なら


ライトON時が12時間の時期にあたります。





このCANNA AQUAは開花期を約8~13週間を

5パートに分けていて、その時必要な栄養分を与える事が出来ます。






■まずは生長期から開花期に移行した直後の

       2~4週間の時期の培養液の作り方です。




まずは1Lの水に対してCANNA AQUA(A)を2.5mlを溶かし



そこにAQUA Vega(B)を2.5mlを溶かし





またそこにRHIZOTONICを2ml溶かし








そこにCannazymを2.5ml溶かし









またそこに花芽の分化と形成を促進し、果実の品質を向上し

大きな果実へと導き収穫量をアップさせるために

CANNABOOSTを2ml溶かし




水耕栽培キットに入れたり培地に注ぎます。

これで2~4週間与えていきます。











■次に開花反応がはっきり起きてから

       2~3週間の時期の培養液の作り方です。




※完全に開花期に入るとベース肥料がAQUA Floresに変わります。



まずは1Lの水に対してAQUA Flores(A)を3mlを溶かし



そこにAQUA Flores(B)を3mlを溶かし






またそこにRHIZOTONICを0.5ml溶かし








そこにCannazymを2.5ml溶かし









CANNABOOSTを2ml溶かし






水耕栽培キットに入れたり培地に注ぎます。

これで2~3週間与えていきます。















■次に花芽ついて花や果実を大きくする時期の

       2~3週間の時期の培養液の作り方です。




まずは1Lの水に対してAQUA Flores(A)を3mlを溶かし



そこにAQUA Flores(B)を3mlを溶かし







またそこにRHIZOTONICを0.5ml溶かし









そこにCannazymを2.5ml溶かし










そこにCANNABOOSTを2ml溶かし









そこにミネラル群を配合した、花芽形成を促進する開花促進肥料の

CannaPK13/14を1.5ml溶かし





水耕栽培キットに入れたり培地に注ぎます。

これで2~3週間与えていきます。













■次に花芽ついて花や果実をさらに大きくする時期の

       2~3週間の時期の培養液の作り方です。




まずは1Lの水に対してAQUA Flores(A)を2mlを溶かし


そこにAQUA Flores(B)を2mlを溶かし







またそこにRHIZOTONICを0.5ml溶かし








そこにCannazymを2.5ml溶かし









そこにCANNABOOSTを2ml溶かし






水耕栽培キットに入れたり培地に注ぎます。

これで2~3週間与えていきます。















■次は最後の周期で収穫の準備の肥料抜きの時期で

1~2週間の時期の培養液の作り方です。


※この時期はベース肥料は使いません。



まずは1Lの水に対してCannazymを2.5ml溶かし






そこにCANNABOOSTを2ml溶かし







水耕栽培キットに入れたり培地に注ぎます。

これで1~2週間与えていき収穫したり

花だと鑑賞を楽しめます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

または、植物活性剤ではなく

最後の1~2週間を肥料抜き剤で終わらせるのも良いと思います。


肥料抜き剤 Canna Flush 1L キャナ・フラッシュ【送料全国一律650円.沖縄、離島除く】収穫前に蓄積された肥料塩類や老廃物を植物から抜く液体肥料です。肥料抜き剤 Canna Flush 1L キャナ・フラッシュ 送料全国一律650円.沖縄、離島除く

蓄積した塩分や肥料分を排除して

植物本来の味と風味にしてくれますので使っていきます。

収穫の1~2週間前から使っていきます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




以上で CANNA AQUA ~キャナアクア~の培養液の



作り方でしたが色んなパートに分かれていて



難しく感じたかもしれませんが



慣れてしまえば簡単なので試してはいかがでしょうか。


最終更新:2017/12/08 16:36

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月