【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2016/05/26 16:03

いつもご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

南半球特集Vol.5 チリ・アコンカグアヴァレー


南半球特集5回目は、チリの第2弾としまして、
チリのNO.1ワイナリー、エラスリスが鎮座するアコンカグア・ヴァレーの特集です。
同地区は、エラスリスの他は指で折れるくらいしかワイナリーが存在しないという
エラスリスの独壇場とされる高級銘醸地です。

○ヴィーニャ・セーニャ [2011]
○エラスリス KAI カルメネール [2012]
○エラスリス ドン・マキシミアーノ [2012]
○エラスリス シラー ラ・クンブレ [2012]

きらきらヴィーニャ・セーニャ [2011]



1995年が初リリースとなった、チリスーパープレミアム。
チリ最高の高級ワイナリー、エラスリスの当主エドワルド・チャドウィック氏とアメリカのロバート・モンダヴィ氏のジョイント・ベンチャー。

リリース当時は、フレスコバルディ×モンダヴィのイタリアのルーチェが「オーパス・ツー」と言われ、
モンダヴィが絡んでいる事からこのセーニャには「オーパス・スリー」という異名もありました。

2011年物はワインアドヴォケイト誌93点。

以下、インポーター資料より。

エドワルド・チャドウィック氏とロバート・モンダヴィ氏の情熱が生み出したチリのスーパープレミアムワインが「セーニャ」。
2004年のベルリン・テイスティングにおいて、世界に名だたるグラン・ヴァンに勝る評価を獲得して以来、
世界中のワイン愛好家をうならせ続けています。

成熟したぶどうを厳選して収穫した後、一粒一粒を丁寧に選別。
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カルメネールを主体としたボルドーブレンドで、
熟成に使用するのは100%フレンチ・オーク樽。
凝縮感ある豊かな香りと、気品溢れる優雅な味わいを兼ね備えています。

またアコンカグア・ヴァレーにあるセーニャ・ヒルサイド・ヴィンヤードでは、
2005年よりアラン・ヨーク氏を起用し、ヴィオディナミ農法を採用。
チャドウィック氏のワイン作りへの情熱はとどまるところを知りません。

ヴィーニャ・セーニャ [2011]

詳細はこちら⇒
ヴィーニャ・セーニャ [2011]



きらきらエラスリス KAI カルメネール [2012]



2010年5月にニューヨークのマンダリン・オリエンタルで開催されたブラインドテイスティングの会、通称『NYテイスティング』で、
2006物のKAIが、ラフィット2006、オーブリオン2006、オーパスワン2006、サシカイア2006などを抑えてNO.1の座を獲得し、
一気に世界的に知名度が増した『チリ・スーパー・プレミアム』。

そして東京で、NYテイスティングのミニチュア版が開かれた折、
NO.1を獲得したのが、ヴィンテージ違いのKAIの2007年物でした。

ブラインドテイスティングに出席したのはソムリエ、ワインショップ、愛好家、ワインジャーナリスト約40人。
事前に銘柄のみをオープンにして、6銘柄のワインをテイスティング。
参加者は6銘柄に対して、良い順に6点~1点のスコアをつけ、それを集計して順位を決定するという方式でした。
結果は、

1位144点:エラスリス KAI 2007
1位144点:オーパスワン 2006
3位134点:シャトー・ムートン・ロートシルト 2007
4位131点:エラスリス ドン・マキシミアーノ 2006
5位121点:エラスリス ヴィニエド・チャドウィック 2007
6位103点:サシカイア 2007

と1位をオーパスワンと分け合い、KAIがムートンとサシカイアを押さえるという形になりました。

2012年物はワインアドヴォケイト誌91点。

ヴィーニャ・エラスリス KAI カルメネール [2012]

詳細はこちら⇒
ヴィーニャ・エラスリス KAI カルメネール [2012]



きらきらエラスリス ドン・マキシミアーノ [2012]



世界に衝撃を与えた2004年のベルリンテイスティング。
その世界ツアーの東京版が2006年6月14日にグランド・ハイアット東京で75名のテイスターを招いて行われました。

パーカー100点のラフィット&マルゴー2000を押しのけて第5位にランクインしたのはドン・マキシミアーノの2003年物。

東京でも、チリ産カベルネの秀逸性を存分に証明する結果となりました。

濃いルビー色に、ブルーベリーやカシスなどの黒系果実、ブラック・ペッパー、グリーン・オリーヴなどのアロマ、
バニラやチョコレートのような香りも感じられます。
凝縮した果実味からくる伸びやかな酸、しっかりしたタンニンが全体の味わいを引き締めます。

以下、正規輸入代理店公式サイトより。

ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・レゼルヴを味わうことなく、「世界最上のカベルネ」を知る術はない。
ワイナリーが位置する斜面低部から、丘に向かって伸びる45度もの急斜面、とりわけ丘の中腹付近に位置する最高の区画から作られる。
ファウンダーズ・リザーヴは、夏の朝霧が覆い暑さを和らげ、午後には、太平洋から吹く風が日中高まった気温を和らげる、ミクロクリマに恵まれる。
果実味、酸味のバランスを備えた、凝縮した世界最高峰のカベルネが生まれる。
熟成には100%フレンチ&アメリカンオークの新樽を使用。
18ヶ月の熟成を行う。

ヴィーニャ・エラスリス ドン・マキシミアーノ ファウンダーズ リザーヴ [2012]

詳細はこちら⇒
ヴィーニャ・エラスリス
ドン・マキシミアーノ
ファウンダーズ リザーヴ [2012]



きらきらヴィーニャ・エラスリス シラー ラ・クンブレ [2012]



今でこそチリでシラーは珍しくありませんが、チリでシラーの先駆けは、このエラスリス。

チリワインのパイオニアとして最高のワインを作り続けてきたエラスリスは、
このシラーでも「多くの異なる条件を持つテロワールとシラー」の関係性を探求して、
チリ最高のシラーを確立させました。

アコンカグアの日照は強く、近くを流れる寒流の影響を受けて涼しいことから、一日の寒暖差が大きいため、
ローヌ最高峰のエルミタージュのようなエレガントなシラーになるようです。

リッチでスパイシー、ボリューム感もありながら、まるで果実を噛み締めているかのような濃縮感。
黒系の果実やラズベリー、愛らしさを感じさせる果実味を堪能できます。
オーク樽にもうまく支えられ、余韻は、滑らかにそして長く続きます。

ヴィーニャ・エラスリス シラー ラ・クンブレ [2012]

詳細はこちら⇒
ヴィーニャ・エラスリス シラー ラ・クンブレ [2012]




その他、スタンダードクラス~上級品もございます。

●ヴィーニャ・エラスリス 信濃屋取扱品

https://item.rakuten.co.jp/shinanoya/c/0000002556/

スマイルグッド
いつもご愛読、ありがとうございます。
では、良きワインライフを。きらきらきらきら

-------------------------------

最新情報はUSUKEBAブログ・FACEBOOKでもご紹介しております。

USUKEBA:shinanoya.usukeba.com

FB:www.facebook.com/pages/SHINANOYA/151334618214433



週一回の処方箋?

最新情報満載の

信濃屋メルマガ『お酒の惑星』を

ぜひご購読下さい!


※ご登録の際は、ドメイン設定など受信環境にご注意下さい。

--------------------------------------------------------------------------

最終更新:2016/05/26 16:25

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム