【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2018/06/01 22:01

楽天ブログをご覧のみなさま、こんにちは
アンプステーション本田です。

本日はLine6から先日発売されたばかりの
新製品PowerCabの魅力について、試奏レポートを交えお伝えします。
powercabplus.jpg

まずこちらはただのキャビネットではなく、スピーカーモデリングを搭載したキャビネットというのが最大の特徴です。
Line6が開発した新たなテクノロジーにより12インチのスピーカーを1発搭載したリアルキャビネットに、
6種類用意されている定番のスピーカータイプから好きなものを瞬時にボタン一つでヴァーチャルに呼び出すことができます。

今回KEMPERのライン出力をPowerCabに接続して試してみましたので
試奏レポします。
kemper.jpg


まずKemper側の搭載リグは個人的にも使用する ”Bombed”にてキャビネットオフに設定。
(Bogner uberschallリグで歪みサウンドの音良いのでオススメです)

PowerCabスピーカーエミュレーションモードでは下記のモードがあります。
ベースとされているスピーカーモデルを右に、その下に鳴らしてみた印象を記載します。

VINTAGE:Celestion Vintage30
おおっ聴きなじみのあるミッドにネバリがある心地良いサウンドはまさにロックな王道サウンド!

GREEN:Celestion Greenback
許容入力が小さめでスピーカーディストーションと呼ばれる特徴を狙っているかのように、歪みが深くなる印象。
やはりビンテージMarshallなどとも相性が良さそうです。

CREAM:Celestion G12M-65
少し丸く柔らかくなる印象です。太めで甘いサウンドを出したい時など良いかと思います。メローな感じです。

JARVIS:Jensen P12Q
クリーントーン、フェンダー系に相性が良いかと思いますが、
意外にも歪みが深いアンプモデルにも相性良いです、高域のヌケが良くタイトにまとまり個人的に好みです。

BAYOU:Eminence Swamp Thang Patriot
低音の押し出しが強く、ダウンチューニングなどに相性が良いと思います。
6つの中でローが一番出る印象です。

ESSEX:Blue Bell
ボトムのモッチリしたサウンドと高域のギラッとしたサウンドは、特徴あるあのベルトーンのサウンドを彷彿とさせます。

Natural:Powercab スピーカーのナチュラルなサウンド
まとまりが良くて名前のとおり自然な感じでオールマイティに使える印象です。

FLAT:70Hzから200KHzのニュートラルな周波数特性を実現、フルレンジ対応。
こちらはフルレンジ対応なのでKEMPERのキャビをオフにしているとデジタル特有のジリジリとした耳障りな高域になってしましますので、必ずKEMPERのキャビはオンにする必要があります。フルレンジなので高域から低域まで綺麗に出力します。
所謂モニタースピーカーで聞いている印象ですね、KEMPER側の設定に大きく影響されると思います。

全体として、モニタースピーカーでは得られないギターキャビネットの箱鳴りの感じが出せる
いままでにない画期的な商品だと思いました。
低音が出すぎる場合は、背面に80Hzローカットスイッチがあるのでそちらを入れると余分なローはカットされます。
l6powerplus背面.jpg

シンプルな操作で十分な場合は、Line6 PowerCab112で良いと思います。
ご自宅でギターのキャビの感じで、今流行のデジタルアンプをモニターするのに使い易いのではないでしょうか。

Powercab 112 Plusの場合は、128のインパルス応答 (IR) ファイルをインポートして、より多くのスピーカーキャビネットモデルを使用できるようになります。
さらにMacとPC用の無料の編集ソフトウエアPowercab Editを使用することで、プリセットのカスタマイズと管理を行い、Powercab 112 Plusへ好みのインパルス応答をロードすることができます。
メモリー設定で、使用しているスピーカーモード(Flat, SpeakerやIR)で構成したスピーカートーン、
その識別のための色やパラメーター設定を保存し、リコールしたりする場合は、Powercab 112 Plusがオススメです。

あとKEMPERをRemoteでコントロールされている場合、パフォーマンスモードの各スロットにMIDIアウトを割り当てれば、RemoteからKEMPERのリグのコントロールとともに、Powercab 112 Plusのプリセット切り替えが同時に可能です。
これは便利だと思いますよ。
kemper2.jpg

店頭で、お好みのプリアンプと組み合わせて試せますのでぜひチェックしてみてください。
ご来店お待ちしております!

Line6 PowerCab112
l6power.jpg



Line6 PowerCab112 Plus
l6powerplus.jpg

最終更新:2018/06/01 22:01

ページ上部へ

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
KAMEDA CLASSIC

prs_s2_blog.jpg

gibsonaco.jpg


evo_blog_160.jpg

evo_blog_160.jpg
※ブログ内で紹介しております商品情報は掲載時点での内容となっております。既に販売済・商品仕様及び価格に変更がございます場合は現状を優先とさせて頂きます。予めご了承下さいませ。