【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2013/03/05 19:45

みなさまこんにちはスマイル
パーカッションフロア担当のフジタです。
少しずつ、暖かくなってきましたねさくら

屋外でパーカッションを演奏するにはまだ少し寒いですが、
今日はジェンベのお話です音符

現在、コートジボワール製の「TRIBAL BEAT」ジェンベが、

大特価で入荷中なのです!!!


TBジャンベ.jpg

今回、特価で入荷しているのは、ロープの色が赤い、BASSAM(バッサム)シリーズのジェンベです。
ジェンベ発祥の地である西アフリカに位置する国、コートジボワールで、1本1本精魂込めてハンドメイドされています。
油分が多く質量の高い木をくり抜きして成形し、最高級のピグミーゴートスキン(山羊皮)を張ったハンドメイド・ジェンベ。

これが底側からみた胴です下矢印
厚みは2.5~3cmほどあります。硬い材質の木を手作業でくり抜くとは、相当力が要る仕事ですよねショック

BL12100_4dig.jpg

因みに山羊皮はこんな感じです下矢印
ふさふさの毛がついているものと、薬品で処理を施した毛無しの皮とがあります。
今回ジェンベ用の皮も少し入荷してますので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい音符

ジャンベ皮(毛付き).jpg  ジャンベ皮(毛付き) (1).jpg

皮をロープで張る作業は、熟練の技術はもちろん相当力の要る作業です。
伝統的な材質・製法によって作られるまさに本物のアフリカン・ジェンベ。
しかも、リーズナブル!号泣
メーカー決算セールの為、定価の半額特価!

迫力満点のボリューム、重厚な低音・張りのある高音、ジェンベの王道サウンドを

この機会に是非~!

ストックリストはこちら

そして、最近ワタクシお店にてジェンベの皮張りに初挑戦しましたスマイルせっかくなので、その工程をご紹介しちゃいます。
皮が破けたため、修理品として持ち込まれた某メーカーのジェンベ。
ロープではなく、金属製フープとチューニングラグで皮を張っている、いわゆるラグ・ボルトタイプです。
持ち込まれたジェンベは少し古いモデルで、なんと現行品の成型ヘッドが無いサイズであることが判明ショック。。
そんなわけで、成型されていない一枚皮を使って、ジェンベのサイズに合うようヘッドを張ることに。
用意したのは、TOCAのジェンベヘッド(皮)。

【工程1】 皮を水に浸して、なめす。パリパリだった皮が、1時間ほどでぐにゃぐにゃに柔らかく。
皮張作業1.jpg 右矢印 皮張作業 2.jpg

【工程2】 水気を軽く拭いて、ボディの上に幅が均等になるように皮を乗せ、その上にヘッドを成型するのに必要な、細い金属製リング(フレッシュ・フープというらしいスマイル)を乗せてスタンバイ。このリングがなければヘッドを成型できません。
皮張作業3.jpg  右矢印  皮張作業4.jpg

【工程3】 さらにジェンベのフープを乗せ、さきほどのリングを巻き込みながら、ヘッドの端をフープの内側に折り込んでいきます。
  これが最大の難所失敗。打面はもちろん、フレッシュフープを巻き込んだ外側のエッジ部分にも、
  しわが寄らないよう、ヘッドを強く引っ張ります!
皮張作業5.jpg  右矢印  皮張作業6.jpg

通りすがりの営業さん2人にも手を借りつつ笑、なんとかキレイに張ることに成功。
いや~これは、パワー要りますわぁ~ぷー

【工程4】 きちんと皮が引っ張れたら、ヘッドのテンションを上げてチューニングをしていきます。濡れた状態の皮は、果てしなく伸びるので注意。乾燥して縮むことを考慮しつつ、全体を均等に、程好く張ります。
皮張作業7.jpg  右矢印  皮張作業 8.jpg

ここまでくるとほぼ安心ウィンクって感じになるのですが、最後の工程に大きな試練が。。

【工程5】 端の余分な皮をカッターで切り落とします。ジェンベのフープに沿って、慎重に。切れ味の良いカッターを使わないとうまくいきません。誤ってヘッドに傷をつけようものなら。。。やり直しですショック

皮張作業9.jpg 右矢印 皮張作業10.jpg

なんとか、できました!いや、かなり上手くいったのでは?と自画自賛ですオーケーぺろり
【工程6】 あとは2日間ほどかけて、日陰の風通しの良い場所で乾かします。

こんな感じで、無事にジェンベの皮張り終了!
しばしばジェンベの皮張り修理について問い合わせをいただきますが、
専門の業者さんに依頼すると、相場としては、2~3万となかなか高額なんですよねしょんぼり
よっぽど高価なジェンベでない限り、正直、買った方が安い場合がほとんど。。
でも、今回使用した皮は3千円程度なので、もし自分でできたら、とっても安く交換可能ですよね、
ジェンベ以外にも、コンガやボンゴなどで、サイズの合う成型ヘッドが入手できない場合は
ほぼ同じような手順で皮の張替えができますよ。

次回はコンガ、ボンゴの皮張りに挑戦しますぐー それではまた音符

最終更新:2013/03/05 20:04

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2013年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年
KAMEDA CLASSIC

prs_s2_blog.jpg

gibsonaco.jpg


evo_blog_160.jpg

evo_blog_160.jpg
※ブログ内で紹介しております商品情報は掲載時点での内容となっております。既に販売済・商品仕様及び価格に変更がございます場合は現状を優先とさせて頂きます。予めご了承下さいませ。

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム