【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2018/04/20 09:23

180412_01.jpg

Finland Kitchen Talo [フィンランド キッチン タロ]
東京都港区六本木六丁目4番1号 六本木ヒルズ メトロハット / ハリウッドプラザ B2F
03-3478-1917



オンラインショップだけでやっておりますと、実物が見たい、座ってみたいとの声が聞こえてきます。日本全国にスコープ別注家具が置いてあるレストランやカフェがあったらいいのに、それが全国にあったらいいのにって、よく話にはあがってはいたのですが、まずは1店、やっと実現。
楽天主催のイベントを通じて知り合った、フィンランド料理のレストラン Finland Kitchen Taloで、スコープ別注のドムスチェア69スツール60を店内で使ってもらえることになりました。2019年1月までは置いてあるので、いろいろ試し比べてみてねという試みです。
レストランなので、混みあう時間帯は避けて、Taloイチオシ、フィンランド大使館 料理長監修のルバーブパイとコーヒーでティータイムを楽しむくらいの気持ちで行くのがオススメです。僕がグッときてしまったのはクマのイラストが入った缶がグッドデザインだと思っている、フィンランドのビール「KARHU(カルフ)」が置いてあったこと。フィンランド出張に行ったとき、必ずホテル近くのスーパーマーケット「S-market」でKARHU3の大きい方を買って、夜遅くとも、次の日朝早くてもプシュッと一人飲んでた。オシボリ専務(平山さん)と2人で飲んだこともあったななんてことを思い出し、懐かしい気分になってしまった。
※なんと、この記事を書いている間に、カルフが日本欠品中というなんとも間の悪いお知らせが。。。なのでカルフはあるかもしれないし、ないかもしれない。あったらラッキーくらいに思っておいてください。もう一つのフィンランドビール、ラピンクルタは飲めるみたいなので、カルフがなかったらこちらをどうぞ。



座れる椅子
ドムスチェア:ハニー×ウォールナット / ウォールナット×ハニー
チェア69:ハニー×ウォールナット / ウォールナット×ハニー
スツール60 リノリウム:パウダー / ピスタチオ / アクアヴェール
スツール60 リノリウム×ハニーステイン:ブラック / スモーキーブルー / 4本脚 レッド
座れる期間
2019年1月まで


180412_02.jpg

2018年2月末からフィンレイソンフェアを開催するために模様替えをするということで、そのタイミングに合わせて、名古屋からハイエースにアルテック家具を満載しまして納品してまいりました。次の日には壁紙やクッションなどフィンレイソンパターンで彩り華やかなるイメージチェンジ。営業前から押しかけまして、店内覗き見してまいりましたので、ぜひご覧あれー。ひょっとしたら、今はレイアウト変わってるかもしれませんが、それはお許しを。


180412_03.jpg
180412_04.jpg

店内のご様子 其の一
お店入って正面の2人掛けのテーブルにドムス4脚ずらっと贅沢配置。4脚色違いで並んでていい雰囲気。ドムスに座ったならば、このちょこっとした肘掛をぜひ使ってみてくださいませ。肘掛の機能として十分ですし、立ったり座ったりもしやすいです。チェア69と比べると、ドムスは座面の先端が湾曲しているのと、おしりの部分も凹んでいるので、座った感じ柔らかい印象。


180412_05.jpg

店内のご様子 其の二
店内で使われているティーマのお皿や、アイノ・アールトのグラスと相性良く、フィンランドの日常を僕は感じてしまうチェア69。ハニー×ウォールナットはビンテージのチェアと並んでも、馴染み良いです。


180412_06.jpg

店内のご様子 其の三
ハニーステインのスツール60も全色置いてもらいました。ビンテージ家具とも相性よいのですが、ハニー×ウォールナットのドムスとも、色の雰囲気が合っていて、一緒に使うとまとまる君ということに始めて気づきました。赤は今回置かせてもらっている中で唯一の4本脚。3本脚との安定感の違いなんかも、もし気になれば試してみてください。


180412_07.jpg
180412_08.jpg

店内のご様子 其の四
スコープ別注 新色リノリウム。楽天イベントがおしゃれママさん向けのイベントだったため、パステルカラーの3色を選んで持っていきました。今までのリノリウムのラインナップが渋めだったせいもあり、皆さんの反応はどうだろうと心配でしたが、評判良くてひと安心。上の写真2枚目はイベント時の写真です。



180412_09.jpg

最終更新:2018/04/20 09:23

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2018/04/13 15:09



ウォシュレットのノズルってどうしてる?
そんな話をしていた時、

「ウォシュレットを掃除したい時はさ、
一旦便座に座ってから洗浄ボタンを押して、
ノズルがビーンと出てきた瞬間にサッと
立ち上がってA2を噴霧するといいんだよ!」

とスタッフ花井が、
秘伝の裏技をドヤ顔で教えてくれました。

その話を聞いたシャチョウ、
「わざわざそんな事してるの?
俺はノズルをティッシュで掴んで
グイッと引き出して掃除してるよ。
普通に引っ張れば出るんだからさ。」
と、スマートなドヤドヤ顔で返してきました。

「そんな無理に引っ張ったら壊れますよ。」
の女子達の反論に、
「ノズルの下にツマミがちゃんとあるんだわ。
無理にじゃないわ。」とシャチョウ。

ノズル談議が最高潮を迎えたところ、
静かに聞いていた若手女子スタッフ松尾の
「そんなことしなくても《ノズルおそうじボタン》
を押せば自動で出てきますよね。」
という一言でノズル談議はあっさり閉幕。

戦い方は違えど、目的は同じ。
皆、A2ケアでちゃんと除菌しているわけですね。
日々新しいA2の使い方を見出していて素晴らしい。

ちなみに酒井家にはノズルがない、
それすなわち普通便座~。
天空の人々の会話をずっと無の状態で
拝聴してました。ノズル憧れるー。

text:スタッフ酒井

最終更新:2018/04/17 10:58

2018/04/04 17:15



スコープでお買い物していただくと、
荷物の中に明細書と予告リーフレットを
挟んだクリアファイルが入っています。

お届けしたものがゴミにならないように、
折角なら再利用してもらえるものを同封しよう。
そう考えて、クリアファイルより前に
明細書入れとして使っていたのは『封筒』。
ショップ情報を極力省いたTwiggy柄なら
何かの時に使ってもらえるかな、と思って
長く続けていたのですが、時は流れ
封筒より『クリアファイル』の方が用途
多いんじゃない?と気付きましたのが2012年、
クリアファイルにチェンジ。イエスウィーキャン。

それから2~4ヵ月くらいのサイクルで
クリアファイルのパターンを変えて
お届けしているのですが、
20種を超えた最近になって、掲示板に
過去のパターンを全部見たい。是非見たい。
というリクエストをいただきました。

クリアファイル担当(私)の誉。
よろこび喜んでかき集めてまして
以下、ざっと2012年からの
スコープ クリアファイル公開です。

こうやって振り返って見てみると、
スタートした頃はクリアファイルだけの為に
イラストを描いてもらったりしてたんですよね。
そういうの最近やってないなー。やりたい。

ちなみにスコープでは、
シャチョウの突然のピラめきで
すんごい出荷数になる企画が
突如始まる事があります。

それ即ち、クリアファイルクライシス。
印刷がまったく間に合わず、
クリアファイル担当(私)が、
ヤベェーーーってなりますから、
緊急事態用に0014と同じパターンの
Twiggyファイルを予備として備蓄しています。
安心ー。安全ー。危機管理出来てるー。

その予備Twiggyをなるべく使わないよう、
ナウなファイルを切らさないようにしていますが、
今後お手元にTwiggyファイルが届いた時は、
スコープテンパってんな~と
思っていただいて間違いないと思います。

scope / It’s in a plastic folder 0001- 0024



0001
Twiggy
Graphic → Bob Foundation
2012年





0002
SCOPEスケジュールノート L
Graphic → Matti Pikkujamsa
2013年





0003
SCOPEスケジュールノート S
Graphic → Matti Pikkujamsa
2013年





0004
artek stool60
Graphic → Matti Pikkujamsa
2013年





0005
Klaus Haapaniemi クッションカバーRabbit
Graphic → Klaus Haapaniemi
2013年





0006
Birds by Oiva Toikka
Graphic → Matti Pikkujamsa
2013年




0007
iittala Flola orange
Pattern → Oiva Toikka
2014年





0008
iittala Flola blue
Pattern → Oiva Toikka
2014年




0009
Oiva Toikka
Graphic → Matti Pikkujamsa
2014年





0010
SCP CAMP
Graphic → Bob Foundation
2014年





0011
artek Lehti
Graphic → Aino Aalto
2014年




0012
Fabric of the day CHECK
Graphic → Bob Foundation
2015年





0013
Oiva Toikka
Graphic → Matti Pikkujamsa
2015年





0014
Twiggy
Graphic → Bob Foundation
2015年 




0015
iittala Flola green
Pattern → Oiva Toikka
2015年




0016
Fabric of the day Snowflake Tree
Pattern → PROOF OF GUILD
2016年





0017
五金超大国 Metallic Superpower
Graphic → Daisuke Tajima
2016年





0018
Fabric of the day Summer Night
Graphic → Jaakko Mattila
2016年





0019
Arabia Colors Yellow
2017年





0020
iittala Frutta black
Pattern → Oiva Toikka
2017年





0021
iittala Frutta amethyst
Pattern → Oiva Toikka
2017年





0022
Fabric of the day KIRO
Pattern → PROOF OF GUILD
2017年





0023
iittala Frutta Lemon
Pattern → Oiva Toikka
2018年





0024
Kuovi Wild clover
Pattern → Birger Kaipiainen
2018年

最終更新:2018/04/17 10:50

2018/03/30 16:19



> 4月に入荷予定の復刻的保存瓶ですが、
> 2kgのお米入るのはありますか?(ぬっこ様より)

という質問をスコープ掲示板にいただきました。
サイズと容量が分かっていれば
大体入る量の見当がつけられるのですが、
SCALAジャーは4月発売予定なので
2018年3月現在、まだ商品ページがありません。
そりゃ見当のつけようがない。ですよね!
私も白米以外の準レギュラー米類を
入れてみたいと思っていたので
質問に乗っかって試してみました。



5サイズあるSCALAジャーの
一番大きいサイズが2.0 Lサイズ。
瓶の下のラインが「1L」、
上のラインが「2L」とビンテージ感のある目盛りアリ。
2Lなら2kgの米も入るんじゃ?と安易に思ったのですが、
お米1kg=1.2L、かさ密度分ってのがあったんだった。



ラインより上に結構余分があるので、
余裕で収まるに決まってるわと、
疑いを持たずに、2kgのパールライス胚芽精米を
勢いよく流し込んでいるところ。

瓶に安定感があって、口も十分に広いから
流し込みやすいという感想も忘れずにレポ。



2Lのラインを超えてもまだ米が入り切っていない。
ヤベー。
残念ですが良いお答えできませんでした系か、、、
不穏な空気が流れる。



と思ったら入った~。
2kgの米、スレスレ~。
再び安堵の空気。

ということで、ぬっこさん、
2kgの米を入れるなら2.0Lサイズが良いですよ。
ただし一升枡や計量カップは容量的にも口径的にも
瓶には入らないので計量は工夫が必要ですね。



ついでに1.0Lサイズに押麦800g一袋も
入れてみました。こちらはまだ余裕があったので、
計量用のスプーンが一緒に入りました。
主食の白米は米櫃に保管し、時々白米に
混ぜるような米類を瓶に保管するのは
いいなーと思いました。
かなり安定感あるので、床置きしても大丈夫そうです。

最後に、輸入元さんの情報によりますと、
SCALAは、Scale (スケール) 目盛りなどの意の
ラテン語が語源になっているようだ、ということ。
響的な流れでいくと、呼び方は
スカラではなく、スカーラですから~。

最終更新:2018/04/17 11:06

2018/03/20 13:08



2018年5月19日(土)11:00-20:00、20日(日)11:00-17:00
※雨天中止
会場:袋町公園(Hiroshima)



5月19、20日の二日間で開催される
広島のトランクマーケットってな
イベントに出る事になりました。

ゴールデンウィーク明けまして
ただ今、広島トランクマーケット
(久々のリアルイベント)
出店に向け準備をしてます。

とはいえテント1つ、スタッフ4人と
毎年10月に名古屋で開催している
フリマとは内容も規模も異なります。

以前ティーマについてのページ
を作ってみました。コレ↓
https://item.rakuten.co.jp/scope/c/0000000279/

自分で作っておいてナンですが、
このページのティーマ全色データが
面白い。長く生産が続く物の過去を
知ると、物の価値も高まるような
そんな変化が自分にあったのです。

色だけではなく、ティーマの型も
網羅した情報を追加しようと準備を
始め、そこから更に加熱しまして
ティーマの前身といえるキルタの
全体像も含めようとキルタ収集開始。
キルタ群の写真撮りをしてます。



現行ティーマと廃番ティーマ、
そこにキルタを網羅できる情報が
あれば新旧織り混ぜたテーブルを
組もうか?なんて人も増えるんじゃ
なかろうか?ってね。

生産が続く歴史ある物ってのは
そのナガーーーーーイ歴史において
世の流行になることもあれば
流行でなくなることもあるんだけど
それとは関係なく使い続ける人が
世界中にいる。つまり老舗みたいな
もんなんだなって思うわけです。

勿論ラインナップは時代とともに
変わるんだけど、買い足したり、
代替しながら使い続けられる物は
素晴らしいと僕は思ってますから
あまり注目される事のなくなった
今の日本で、あーえーてー!
ティーマに力を注いでみます。
で、その集めたキルタを一気に
トランクマーケットで販売します!

もしスコープ企画はお口に合わなく
ても、イベントはナウダラケだから
どれかのいくつかは口に合うで
しょう。遊びに来て下さい。

ただ雨だと中止らしいです。
トップに情報アップします。

text:シャチョウ

最終更新:2018/05/15 09:56

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

フリーページ

過去の日記

2018年
2017年
2016年