【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/03/27 13:18

こんにちは!佐竹です。

今朝の事なんですが「なんかダルいなぁ・・・」と思いながら起床しようとしたら立てませんでした。
熱が出ちゃったようです。↓

29542897_1916076445132419_745689803100327188_n.jpg

昼まで休んで回復したら仕事に出よう!と思ったんですが駄目でした。
なので今日は自宅で事務仕事を行おうと思います。

本当はガスの配送をやりたかったんですけどね・・・。
明日やればいいか・・・。

よく同業者の方やお客さんから「えっ?社長もガスの配送なんてやるの?」と驚かれます。


「ガス屋なんだからガス屋の社長がガスを運ぶのは不自然ではないでしょ?」

と私は答えてます。

株式会社サタケは社員全員が一流の配送スキルを持つ事を目的としてます。
23年前の阪神・淡路大震災で被災した時に私は関西の大手のガス会社にいました。
大半がスーツを着て自社の顧客の家にさえ点検に行かない・・・と言う姿を自分の目で見た時に「あぁ・・・こいつら見てくれと肩書きだけのカスだな・・・。」と思いました。
ガス会社の社員なのにガスすらまともに運べないんです。
これでは災害時に何もできない連中の集まりになってしまいます。
大手と呼ばれる会社ほどなんの技術も持ってないんです。
全部外注業者に丸投げ。

だからこそ私は社員に「いつ何が起こってもお客さんの家ににガスを届けられるように一流の配送スキルを持て!」と命じている以上は自分が社長だからと言って運ばない訳には行かんのです。

ガスの配送ってね・・・結構楽しいんですよ!
株式会社サタケのガスのお客さんってみんないい人しかいないから会うのが楽しみなんです。

株式会社サタケの信念は「自社配送・自社容器」この2点は絶対に守り通したいと思います。
ガスを安く供給する為に絶対必要な要素がこの2点です。
現在は多くのLPガス業者は配送センターと呼ばれる仕組みに取り込まれてしまいました。
20数年前辺りからこの「ガスの配送を他社に丸投げする」と言う仕組みが普及しました。

当初は「配送センターに配送を集約すればガスの配送コストも削減できる!高効率の配送システムがこれからの主流だ!」と言われてました。

LPガスの容器もセンター瓶と呼ばれる借り物の容器で商売します。
私は人と同じ事をするのが大嫌いな性格なので配送センター構想には反対しました。

地域差はあると思いますが現在の1キロ当たりの配送コストは24円ほどだそうです。
50キロ容器を1本運ぶと「24×50=1200円」ほどの配送コストが発生すると考えてください。

例えばこの1本1200円のLPガスの配送を自社の社員で行えば社員が1日20本の50キロ容器を需要家の所まで運ぶと24000円分の仕事をした事になるんですね。

自社配送だと社員の給料は固定給なのでなんぼ運んでもかかるコストは一定です。
これってガス屋として一番大事な所なんじゃないでしょうか?

ガスを安く販売する為の絶対条件は自社配送・自社容器です。


数年前から自社容器を毎月分散して買い込んでました。
この数年で私が住宅設備機器やリフォーム等で稼いだお金の大半は自社容器の買い込みに消えて行きました。
4年くらい買い込んだんじゃないかな?

ある日、私は配送担当の石川さんにこう言いました。

「なぁ・・・せっかくさぁ・・・ボンベ買ってるのにちょっと地味じゃないか?お金かかってもいいから見ただけでサタケの顧客だ!ってわかるようなデザインにしないか?うちのボンベが軒先に付いてるだけで俺が認めた超一流の顧客だ!って思われるようなブランドにしたいよねー!」
これがその私が地味だと言ったLPガスの容器です。↓

IMG_3509.jpg


「わかりました!それ面白いですね!」と石川さんは答えました。

「デザインは任せる!とにかくド派手なデザインにしてくれ!」と石川さんに頼みました。

そして出来たのが・・・↓

18922122_1550738521666215_1746824689390261101_n.jpg

こちらは50キロ容器。
初期の頃は口元が灰色ですが改良を加えて白い口元になってます。


こちらが旧20キロ容器と新20キロ容器になります。↓

12985631_1067916443281761_3026115808565090366_n.jpg

右側の新容器の方が素敵でしょ?

私は相当気に入ってます!↓

26904795_1835108973229167_1192175170630125885_n.jpg


こちらは30キロ容器です。↓

13165929_1090758920997513_114154871502884751_n.jpg


町田市にあるアストモスリテイリング株式会社の充填所でも「派手だねぇ!でもサタケさんらしくていいや!」なんて笑われたそうです。


ところがですね・・・。
ある日私が横浜の阪東橋の事務所に向かってる時にアストモスリテイリングの配送車にうちと同じデザインの容器が積まれてる事を発見してしまったのです。w

すかさず石川さんに電話。

「なんかさぁ・・・うちと同じデザインのボンベ積んだ車が走ってんだけどどーなってんだ?」

と聞きました。

「あっ!社長!デザイン・・・パクられちゃいました!」

と答える石川さん。


「おいおいおい・・・他社との差別化をはかるために派手なデザインにしたのにそりゃないぜ・・・。」


と私がガッカリすると石川さんが「でもオレンジヘッドだけはサタケの証だから真似すんなよ!と釘を刺してありますから大丈夫ですよ!」と言う答えでした。


私がこのオレンジヘッドのガス容器に込めた想いは半端なもんじゃありません。

サタケのオレンジヘッドのガス容器が設置されてる家は俺が認めた「超一流」の客なんだと言う想いです。
ブランドってのはそーやって作られて行きます。


この数年間で苦労して稼いだお金の大半をガス容器への投資に使ってしまいましたが配送の石川さんをはじめ他の社員も自社の容器に誇りを持つようになってきてます。
借り物のセンター瓶じゃないから大切に扱ってくれてます。

これからのガス会社は自社配送・自社容器への原点回帰がお客さんから選ばれる鍵になると思ってます。








最終更新:2018/03/27 13:21

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。