【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/09/23 22:30

こんばんは!佐竹です。

すっかり肌寒くなってきましたね。
私は今日から上着を着用して仕事するようにしました。
嫌な天気が続く中、連日殺到する様々な依頼をこなし続けてましたが今日は事務仕事に設定しました。(さすがにこの雨じゃ仕事にならないです。)
先日の台風16号が接近する豪雨の日は世田谷区砧にてエコジョーズ熱源機の施工をずぶ濡れになりながら行っていたんですがあの雨の中だと仕事の効率が非常に悪く・・・とりあえずお風呂は使えるようにしたのですがまだ完成には至ってません。
この時の施工は大変メッセージ性の強い記事になると思いますので完成後に記事にまとめてみたいと思います。
その日の私のズボンです、泥だらけでしょ?↓

IMG_0520.jpg


最近やたらとガス衣類乾燥機「乾太くん」の相談が激増しております。
昨日も大田区と新宿区で乾太くんをご希望の方からの依頼を受けて現地調査に行ってまいりました。
こちらにつきましても10月に入ったらの施工を考えてますのでご期待ください!

今日はひさしぶりに本社に行ったのですが偶然にもリンナイからカタログが届いてました。↓

14463041_1208228965917174_3411581897899608469_n.jpg


こちらは10月1日発売の業務用乾太くんなのですがなかなか素晴らしいデザインですよね!

実はちょっと前に「業務用乾太くん」の発表がありまして私もカタログがメーカーから届く前にある美容師のお客さんに営業をかけました。↓


14322370_1198521950221209_7015114880034301331_n.jpg


サタケ名物・・・恫喝営業です。


興味津々なお客さんから早速質問がきました。↓

14333637_1198707830202621_8089689518302228440_n.jpg


だってその時は何にも知らないんだし・・・。
私は正直者なんですから。


そんなやり取りがあったんですが届いたカタログを見てみると・・・・。↓


14354889_1208228972583840_690098740981836459_n.jpg


まず驚いたのが価格!
家庭用のモデルよりも5000円ほどしか高くない。
しかも機能的にも変わらない!
そしてたった5000円のアップで耐久性は家庭用のモデルと比べても3倍アップ!

業務用とはうたってますが・・・これ・・・家庭用でも全然使えるじゃん!

と言う印象です。

なので昨日現地調査に行った2名のお客さんは家庭用の5キロタイプで決まったのですが発注を急遽取りやめにして「この選択肢もありなんじゃない?」と先ほどこのカタログを送付いたしました。


優しいな・・・・俺。


実は私は過去に何度も乾太くんを販売し施工経験もそこらの業者さんとは比較にならないほどこなしておりました・・・・。
しかし、あんまり記事にしたくなかったんですよね。

その理由は非常にシンプルなものでした。

「施工がめんどい!」

と言う理由です。
私の所に相談に来る方の大半が必要なものがそこにない「新設施工」です。
しかもその大半がガス会社が嫌がって話にならないから・・・という理由の方が多いのです。

そりゃガス会社もこんな面倒くさい施工・・・やりたがらないよねーと私も思いますね。

必要なものがないんですからどこからか持ってきてどーにかしないと施工を完了できない訳です。
だからガス会社は乾太くんの施工を嫌がる傾向が強いのです。

しかし主婦からの支持は圧倒的な商品でして一度これを使ったら電気の乾燥機なんて馬鹿馬鹿しくなります。
仕上がりもふんわり仕上がるのが特徴で乾燥時間も非常に短時間。
子供が多い家庭では必須アイテムの一つと言っても過言ではないでしょう。


こちらについても現在進めている商談が成立して施工が完了したら「なぜガス会社が施工を嫌がるのか?」をテーマに記事にまとめてみたいと思います。


前置きが長くなりました。
そろそろ本題に入りたいと思います。


冒頭より汚れたズボンの写真を掲載したし・・・その後は乾太くんの話へと続きました。
そうだ!今日は先日我が家で施工した洗濯機を主役に記事を書いてみようと思います。

実は先日、我が家で使ってた洗濯機が壊れてしまいました。↓

IMG_9732 (1).jpg

この洗濯機は2000年に私が購入したもので当時としては非常に画期的な機能を搭載した洗濯機でした。

パナソニックブランドに統一される前のナショナル NA-FD8000と言う洗濯機です↓

IMG_9911.jpg
これは日本初の乾燥機能付き洗濯機だったんですね。

私もちょっと期待してこの洗濯機を買って使ってみたのですが非常に残念な結果でした。
期待していた乾燥機能が全く使い物にならなかったんですね。

5時間か6時間かけて乾燥させるのですが乾燥が終わったと思ったら蓋が開かないんです。
熱いから冷めるまで蓋がロックされる仕組みでした。

「おいおいおい・・・急いでるから乾燥かけたのに乾燥終わっても蓋が開かないのかよ!」と呆れちゃったんですね。

やっとロックが解除されたと思ったら取り出した洗濯物は乾燥どころか湿ってる・・・・。
当時からガスの衣類乾燥機の仕上がりの良さを知っていた私はこの電気乾燥機能付きの洗濯機を買ってしまった事を物凄く後悔してしまったんですね。


その後、2回くらい乾燥機能を使って馬鹿馬鹿しくなったので乾燥を使うのは辞めました。


今回壊れたのは内蓋のヒンジの劣化でした。
何度か自分で修理をしたのですがその都度内蓋が外れて物凄い騒音が発生したので新しい洗濯機を購入する事にしました。


このブログで洗濯機が主役になった記事はあまりありませんが2015年11月26日に公開したこの記事はかなりの衝撃だったようです。↓

スクリーンショット 2016-09-23 18.00.34.jpg

今読み返しても「うわぁ・・・何これ・・・馬鹿じゃね?」とやった自分でも感心してしまうような鬼畜施工でした。↓

3204ee64062203597535fa26f9ddc6e2040630e0.90.1.12.2.jpeg

メーカーも「ここには設置できない!」と断言しちゃったマンションだったんですが・・・・。


俺には出来るんだよ!


というのは結果論でして施工を成功させた後の充実感は格別だったんですがまた挑戦するか?と聞かれたら「もうやりたくない!」と答えるだろうなぁ・・・と当時思いました。

しかし美しいなぁ・・・・。
クソ重たいんだけどボディのデザインの美しさが際立つ洗濯機です。


そんな過去の思い出を振り返りながら今回自分の家に設置する洗濯機を何にしようかなぁ・・・・と考えたんですが・・・・。


「よっしゃ!俺もミーレ買っちゃお!」となってしまったのです。


これが地獄の入り口になる事はじゅうぶん承知の上です・・・・。


早速取引先に「ミーレのカタログ持ってこいや!」と伝えました。↓

IMG_0583.jpg

去年お客さんに売った洗濯機はこちら。↓

IMG_0586.jpg


こちらは乾燥機能付き最高級モデルでして総額50万円は覚悟しないと買えません。


そんなお金はありません!


乾燥はガス乾燥機があるからこのモデルはなしです!


となると乾燥機能が付いてない全自動洗濯機のラインナップからどれにするかを決めなければなりません。↓

IMG_0584.jpg


おやっ?↓

IMG_0585.jpg


このステンレスのやつ・・・かっこいいじゃん!
よし!これにすんべ!


という訳でステンレスボディが気に入ったのでW5820WPSを発注しました。

実は我が家も・・・洗濯機用の100Vのコンセントは単独1回路ではなかったのです。
洗面化粧台の所のコンセントに送り配線を施されてしまっていた為に修羅場になる事は覚悟してました。↓

IMG_0575.jpg


最近は100Vの国産メーカーの洗濯機にも乾燥機能が搭載されているのが当たり前の時代です。
乾燥機能は非常に電気を食いますから洗濯機用のコンセントは絶対に単独1回路にしておくべきなのです。

が!多くのマンションでは単独1回路の洗濯機用コンセントではなく送り配線による電気工事が施されているケースが大半です。

これが単相200Vの電源を必要とするミーレの洗濯機がマンションに設置できない・・・と諦めるケースが多い原因なのです。

まず、分電盤から新規の配線を完全隠蔽施工で洗濯機まで引っ張れる業者が存在しません。
おそらくどこの電気屋さんもやりたがらないと思います。

本来であればミーレのような高級な洗濯機を発注する前にこれから皆さんに紹介する鬼畜的不可能施工を成功させてからミーレの洗濯機を発注するべきでした。


「それじゃぁ・・・燃えないだろ!」


私は今まで様々な不可能と言われる施工を可能にしてきました。
その根本的な成功要因は「追い詰められて発揮する発想」に尽きると思います。


だから先に発注をかけてしまいました。


買っちゃったんだから絶対に成功させないと・・・・ね!ってなるでしょう?


発注をかけてから10日後くらい経って担当者から電話が鳴りました。


「ミーレが入荷しましたのでこれから横浜の事務所に入れておきますね!」との連絡でしたが・・・・。


「馬鹿!横浜の事務所にそんな馬鹿でかいのが入るわけがないだろ!入ったとしてもどーやって出すんだよ!」と答える私。


「よっしゃ!んじゃ横浜の事務所で待ち合わせしてその足で俺の家に3人で搬入だけしちゃおうぜ!」といいアイデアが閃きました。


3人でよっこらせしながら自宅への搬入が完了!↓

IMG_9908.jpg

毛布の上に置いたのは一人でも何とか引きずって設置しようと考えたからです。


「おっ!そうだ!お前らついでだからさぁ・・・壊れた洗濯機も3人で出しちゃって俺のトラックに積んじゃおうぜ!」とどこまでも人使いの荒い私・・・・。


「あっ、いいっすよ!」という返事・・・そりゃ断れる訳ねーだろ!

ここで大事件が発生します。
壊れた洗濯機を防水パンから下ろしたその瞬間にとんでもない事件が発生してしまいました。↓


13934750_1166079973465407_4379529091115162412_n.jpg


ん?なんだこの物体は!
俺のじゃないぞ!


な・・・・なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!↓

13962639_1166079976798740_3271443197732604331_n.jpg


どこのGカップだ!


と洗濯機の下から謎のブラジャーが発見されるというアクシデントが発生。


まっ・・・・別にいいか・・・・。

「お前ら見なかった事にしとけよ!」


と・・・何言ってんだこのおっさん・・・と彼らは思ったでしょう。


ううん・・・怖いから言えないけど・・・きっと・・・そう。


そして16年間頑張ってくれた洗濯機に別れを告げました。↓

IMG_9910.jpg


ご苦労さん!↓

IMG_9912.jpg


搬入を手伝ってくれた二人にも「いいか?Gカップのことは内緒だぞ?せっかく作り上げた俺のダーティーなイメージが壊れちまうからな。」と感謝と口止めを意味する「城ヶ島ラーメン」をプレゼントしました。↓

IMG_0594.jpg


その日は搬入と撤去だけして終わりました。


実はこの頃、毎日のようにエアコンの施工をこなしていてとても自分の家の事などやってるゆとりが無かったのです。
連日の激しい死闘を繰り返し施工に明け暮れてましたが実は私、作業着を2着しか持ってません。
あれだけ激しい施工を繰り返してたらそりゃ洗濯機がないと話にならないでしょう・・・・。


8月18日・・・・・ついに!


俺、動く!


梱包を外し気合を入れます。↓


IMG_9918.jpg


問題のコンセント・・・・。↓


IMG_9927.jpg


ほらね・・・わかってはいたけど・・・送り配線。↓

IMG_9928.jpg


ちなみに私はリフォームの際は必ず洗濯機用のコンセントは単独1回路にしてます。
自分が苦労したからこその経験からの発想です。


実は問題は電源だけではないのです。
ミーレの洗濯機は洗濯機用の防水パンを使ってはいけない仕様になってます。↓

IMG_9924.jpg


排水の際は内蔵されたポンプで強制的に排出される仕組みなので正しい施工法は排水管を切り回して立ち上げてから本体のホースを排水管に直結させるのです。施工書にもその事が記載されています。↓


IMG_0022.jpg


よって元々付いていた防水パンは撤去します。
ではどうするのか?


基本的にミーレの洗濯機は直置きなんですね。
今回は写真のようにコップを置いた辺りをターゲットに排水管を切り回して立ち上げたいと思います。↓


IMG_9926.jpg

よく通販のカタログで防水パンの上に設置されたミーレの洗濯機の写真を見かけますが・・・・ありえない事なのです。
まぁ、見栄えがいいからとりあえず置いて写真を撮っただけだと思いますけどね。

さて・・・施工を開始しますかね・・・。

我が家の分電盤は玄関横の下駄箱の上に存在しております。↓


IMG_9931.jpg


目標となる洗面所はその対面に位置してます。↓


IMG_9930.jpg


当然まっすぐ分電盤から洗濯機まで電気の配線を引っ張る事など不可能な位置関係なんですね。↓

IMG_9929.jpg


唯一の天井へのアクセスは浴室の点検口からとなるのですが・・・・・。↓

IMG_9954.jpg

ダメだこりゃ・・・・。↓

IMG_9953.jpg


うーん・・・・無理・・・・。
分電盤の裏から配線を入れてみたけど見えません。


ではどうすればこの難局を乗り切れるか・・・・・。


浴室の点検口からまっすぐに見てみると奥にトイレの照明の明かりが漏れているのが確認できます。


という訳で・・・・。↓


IMG_9951.jpg


トイレの換気扇を一旦外しそこから配線を入れてみました。


とりあえずトイレをくさびとしてまっすぐ配線を浴室側に引っ張ろうという作戦です!↓


IMG_9952.jpg

あったま・・・・E!!


流石・・・・俺!


浴室から目標のトイレを見ると大した距離には見えませんが・・・・。↓


IMG_9955.jpg


狭い天井からだと物凄い距離を感じるんですね。↓

IMG_9957.jpg


ターゲットが直線上ならばケーブルキャッチャーで引っ張れると判断したんですね。


とは言っても暗くて正確な位置までは見えない中での格闘になるのですから簡単ではありません。
首の皮一枚の状態で引っ張ってきたことがこの写真からもわかると思います。↓

IMG_9959.jpg


このような施工を成功させる上で最も重要な要素は「運の良さ」です。
古い洗濯機を撤去したらGカップのブラジャーがなぜか落ちてた・・・というくらいのラッキーマンでなければこのような施工は成功出来ません。


私は運だけは最強クラスなのです。


とりあえず、トイレから浴室の天井までは配線を引っ張ってくることが出来ました。


次はトイレから分電盤までどうやって引っ張るか・・・・なんですね。
今度は分電盤の近くにあった照明を一旦外し、そこから緑の導線を入れて適当にトイレ側に行くように仕掛けました。↓


IMG_9965.jpg


そしてトイレの換気扇が設置されてた穴から思いっきり腕の入れて先ほど仕掛けた緑の導線を手探りで探し・・・掴みます。↓


IMG_9966.jpg


そして緑の導線に主役の電線をくくりつけて・・・・↓


IMG_9969.jpg

なんとかここまで引っ張ることに成功しました。↓


IMG_9970.jpg


ゴールの分電盤まであと少し!
簡単に見えますけど簡単じゃないですよ?


今度は分電盤の裏から先ほどの緑の導線を入れて照明側まで持ってきます。↓


IMG_9971.jpg



よし来い!↓


IMG_9972.jpg


ざまぁみやがれ!↓


IMG_9974.jpg


これだけの作業で何時間を費やしたかは忘れてしまいましたが相当な根気を要する非常に難易度の高い施工となりこの日はここまでやって力尽きました。
夜中にたった一人でやるような施工ではないですね。
時計は夜中の2時を回ってました。


そして翌朝5時に起床!
あーよく寝たぜ!
んじゃ昨日の続きをチャチャッとやっちまうか!

という感じで施工を開始。


浴室天井上まで引っ張った配線を今度は既設の100Vコンセント側まで引っ張りたいと考えました。↓


IMG_9979.jpg

ここが今回の私の最もこだわった所なんですね。
この面に新設するからこそ「かっこいいんじゃねぇか!」となったのです。
別の面にコンセントを新設するならもっと楽だったんですよ。
浴室の天井裏まで配線は引けたのですから・・・・。

でもね・・・男ならやってやれ!の世界で生き抜いてきた私としてはここで安易で楽な選択肢を選ぶ事はプライドが許さなかったようです。


だって・・・こんな狭いんだよ?↓


IMG_9982.jpg


絶対に無理だよねーーーと言う感じの隙間しかないんですね。

昨日使ったケーブルキャッチャーはでかすぎてこの狭いスペースには不向き・・・というか無理。


だったら・・・・自作するしかないだろう!↓

IMG_9986.jpg


ちょうど良さそうな長さの棒があったのでそれにどっかに転がってたフックをビニールテープでぐるぐる巻きに巻きつけて簡易的なケーブルキャッチャーを自作しました。


早朝から何やってるんでしょうかね・・・・このおっさん。


決して諦めない心が・・・・奇跡を起こしちゃったようです。↓


IMG_9987.jpg


やったぁ!こんな狭いスペースでよく掴めたなぁ・・・・。


どーん!↓


IMG_9992.jpg


ちなみに浴室の天井から僅かな距離のこのコンセントまで配線を引っ張るのに要した時間は2時間です。
たったこれだけの距離で2時間も費やしているのです。

馬鹿でしょ?


でもね・・・・ここじゃなきゃやる意味がないんだよ!


電気の問題についてはこれで解決出来ました。


さて・・・まだ終わりじゃないんですね・・・・。
排水の切り回し工事が残ってるんですな・・・・。


見てるだけでこの洗濯機のマンションでの施工がいかにめんどくさいかがわかるんではないでしょうか?↓

IMG_9948.jpg


排水管を切り落としましたが重大な事に気がつきました。↓

IMG_9950.jpg


あっ!こりゃ・・・材料足りないや・・・・。


という訳で数ヶ月ぶりに乗る愛車を車庫から出して材料を買いに行く事になりました。↓


IMG_0001.jpg


あれ?ヨーロッパは売っちゃったの?と思われる方も多いと思いますので断っておきますけど「エリーゼも持ってんの!」

明らかにカビが発生している愛車のシートに座り・・・久しぶりのドライブを楽しみながら材料を買いに行ったのですが・・・・・・。
ここでも大事件が発生!


つ・・・・・積めねぇじゃん!↓


IMG_0003.jpg


だいたいこんな車で材料を買いに来る方がおかしいんですよね。
お店の人にノコギリを借りて適当にカットしてなんとか積み込んで帰宅しました。


特に必要だったのはこの材料でした。↓


IMG_0006.jpg


ヤリトリと呼んでいるソケットなんですがスライドさせて接続できる特殊なソケットです。
洗濯機の防水パン下のような非常に限られたスペースの切り回し施工というのは非常に難しいんですよね。

排水も何とか当初から狙ってた通りの形になりました。↓


IMG_0005.jpg


分電盤側のブレーカーは100Vから200Vの変換が非常に簡単なパナソニックのコンパクトブレーカーだったのでこれはラッキーですね。↓


IMG_9998.jpg


押してスライドさせれば200Vに変換できるんだから最高です。↓


IMG_9997.jpg


電源も引き直せたし・・・・排水の切り回しも綺麗に決まった!
あとはクソ重たいミーレの洗濯機を乗せて給水と排水を接続すればこの非常に難しかった施工も完成となります。↓

IMG_0031 (1).jpg


排水も狙った通りのベストな位置でしたね。↓

IMG_0032.jpg


ステンレスのボディがかっこいいでしょ?↓

IMG_0033.jpg


ミーレの洗濯機には非常に多彩なプログラムが用意されています。↓

IMG_0015.jpg


IMG_0016.jpg

IMG_0017.jpg


私が買ったW5820WPSというモデルは12種類のプログラムが用意されているんですね。

んで試しにコットンというプログラムで作業着のズボンを洗ってみたら・・・・。↓


IMG_0040.jpg


おいおい・・・嘘だろ?ってくらい物凄く汚れが落ちたんですね。(汚く見えますけど・・・作業ズボンですから)
なんでこんなに落ちるんだ?と思ってたらミーレの洗濯機は中にヒーターのような物が内蔵されているのか「お湯+ドラム式で叩き洗い」をしているようなんですね。
洗濯機には水しか繋げてないのに洗ってる最中の水は水ではなくお湯でした。
あー、なるほど!
だからこんなに落ちるのか!


ただし、ミーレの洗濯機というのは使い方にコツがあるみたいなんですね。
作業着をコットンと言うプログラムで洗う分には目的が一致してるので物凄く落ちます。

しかし、デリケートな素材の衣類をコットンのような強烈なプログラムで洗うとボロボロになります。

洗う素材に適したプログラムで使用しないと服をボロボロにしてしまう洗濯機なのです。
使い方さえ間違えなければデザインも最高だし汚れもよく落ちるし非常に良い洗濯機だとは思いますよ!


ただし、マンションでの施工はちょっと難しい洗濯機だと思います。
この洗濯機の施工を正しい施工手順を踏んで完璧に施工できる業者は非常に限られるのではないでしょうか?


でもあのブラジャー・・・・誰のだったんだろ?

最終更新:2016/09/23 22:38

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。