【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/09/19 01:01

こんばんは!佐竹です。

前回の更新が7月5日でしたから久しぶりの更新となりますね。

えぇ、私はね・・・・死んだふりをしていただけで毎日元気でやってますよ。
実は、今年の夏・・・過去最高のエアコンの売上を記録してしまいました。

ですがっ!

忙しすぎて請求書を書く時間すら作れないという負の連鎖に見舞われて「こんなに忙しいのに・・・なんで月末にカネねぇんだよ・・・。」と言う自業自得状態になってしまいまして・・・・。

その結果、「おし!ブログ休んで働くのやめよっ!」となったのですが時すでに遅し・・・・。

状況は何も変わりませんでした。

現在も様々な依頼が殺到しています。
安心してください。

そろそろ涼しくなると思うので活動は活発になると思いますよ!

さて、本題に入りたいと思います。

少し前にリフォームチームの仲間から私の携帯に1枚の写真が送られてきました。
この写真です。↓

14237769_1186606434746094_3946630272422981338_n.jpg

写真だけでメッセージが何もなかったのですが私はこの写真を見て彼が何を言いたかったのかを感じました。

そして彼に電話・・・・。

「何だ?どうした?」と言うと予想通りの回答。

「失敗しちゃいました。」

実はこの写真を送ってきた彼は前回のブログの記事「針先からの奇跡 三菱エアコン 霧ヶ峰Zシリーズについて書いてみました。」のタイトルの記事の現場に遊びに来たのです。
この写真の現場にきました。↓

49f8ae952f52e0b56610675954fc477ffd8b304c.90.1.12.2.jpeg

この現場は横須賀市安針台と言う所にあるマンションでの施工だったのですが彼はたまたま別件で横須賀市久里浜方面でリフォームの仕事を行ってました。

「今、俺も横須賀で施工してるんだよ。良かったらそっちの現場終わったら見に来いよ!なかなか面白い施工に挑戦中なんだ。」と彼に電話で伝え帰りがけに私の現場に来ました。


「凄い・・・こんな発想の施工・・・今まで見たことないです!」と言い私の仕事をじっくりと見学してその日は帰ったんですね。


その彼から数ヶ月後に送られた1枚の写真・・・・。

結果的には失敗だったけどそれでいいのです。
「失敗」を繰り返してこそ得る経験が彼の技術的なスキルを高めるのだから「まずは挑戦しなさい!上手くなったら俺の代わりにやってくれ!」と伝え電話を切りました。

さて、ここで彼の失敗例から検証してみましょう。

まず、彼の失敗の最大の原因は「施工の手順」でした。

本来、MDダクト施工と言うのは「出口側から施工を開始する」事が鉄則です。
配管をどのようなルートでカッコよく決めていくか・・・は出口側から室内機側への施工を開始しないと失敗します。
彼の失敗は「室内機側から施工を開始してしまった」事が原因ですね。

最後の出口にカバーがかからなくなってしまったのです。

ここでどのように施工すれば彼は失敗することなく美しいMDダクト施工を成功できたか?を私なりに考えてみました。

例えば・・・これなんかどうかな?↓

14199310_1186612821412122_7748326711578576058_n.jpg

出口の直上には電気のコンセントが存在してるので一旦右に振って立ち上げて逃げる・・・という施工手順です。
彼は左に振ってしまった為にカーテンレールの干渉を避けました。そして最後にカバーがかからない事に気がついたのです。
出口側から施工を開始していれば早い段階でカーテンレールの干渉に気が付いたと思います。

先ほど私が提案した迂回ルートは「ちょっと大げさだなぁ・・・・。」と思ったらこんな手法もあります。↓

14192501_1186621468077924_4416975423879812036_n.jpg

おそらく私ならこの方法を選択したと思いますね・・・。
邪魔な電気のコンセントを「お前ちょっとドケ!」と左側に移設し直上にMDダクトを立ち上げてたと思います。
この状況であればこれがベストな施工法で「最も美しい」のではないかと思います。


いやぁ・・・深いですねぇ・・・。

こんな偉そうな事を言ってますが・・・MDダクト施工経験たったの2年の私です。w

でもね、私が1台のエアコンの施工にかける時間は最低でも5時間を費やしてます。
それだけミリ単位の美学にこだわってるんだから適当な施工を10年やってきた人と神経質な施工を2年やって来た人とは仕上がりに雲泥の差が出て当然なんですね。

経験は年数ではなく施工の精度・・・すなわち質の違いが最も重要だと思いますよ。どんな仕事でもね。

時を遡ること7月6日の出来事でした。
私に一通のメールが届きました。↓

13603662_1128212147252190_46573528388646842_o.jpg

ちょうどこの時期は連日殺到するエアコンを施工しまくっていた時期でして正直な話・・・もうやりたくねーと思ってたんですね。
事務所に山積みのエアコンをとっとと片付けてスッキリした状態に戻したかったのです。↓

13557930_1128495337223871_1884795382238330738_n.jpg

添付された資料に目を通すのですが・・・・↓

14322474_1193769617363109_7659267626992570205_n.jpg


おいおい・・・屋根裏部屋かよ・・・・という感じの印象でした。


設置希望の絵も見て・・・↓


14264900_1193770027363068_4654942070690098768_n.jpg


うーん・・・こりゃ無理だろ・・・という判定です。

唯一のスリムタイプエアコンの霧ヶ峰BXVシリーズですら据付寸法は最低でも295mmと書かれてます。↓

14089131_1193770324029705_7210892834228317476_n.jpg

すなわち現状で257mmしかない状況下でエアコンを掛けるなど不可能だって事はファーストメールに添付された絵で理解できました。

私の判定は「うーん・・・無理・・・こんな場所にエアコン付れる奴はよっぽどの馬鹿か天才のどっちかだろ・・・。」でした。


奇跡でも起きない限りこんな無茶な設置状況は成功出来ないだろうと踏んでました。
この時点で見るまでもなく断る方向・・・。


そんな中一人の女性が「その知人は私です!」と手を挙げてきたのです。↓

スクリーンショット 2016-09-18 22.57.21.png


断りのメールを送ろうと思った直前に名乗り出てきたんですね。
しかもこの女性(Fさんというのですが)私が唯一パロマを販売したと言うことで巷では「奇跡の女」と呼ばれている女性でした。

のちに「なんでパロマを施工してくれたんですか?」と聞かれましたがその答えは簡単でした。

「住んでる住所が面白かったから」

「あぁ、豊玉?」

80年代に青春を謳歌した世代にはグッとくる文字だっただけの話です。

奇跡の女の紹介かぁ・・・んじゃ見るだけ見てやろうかな・・・と断りのメールを送るのを辞めました。

ちょうどその頃、新宿区新大久保駅近くのマンションでZシリーズの施工を予定していたのです。(この方も非常に熱心なサタケ信者で2年間もの間・・・私がやる気になるまで待ち続けたというツワモノです。)

中野区と新宿区は近かったので「その施工を終えたら見に行きますよ。」と伝えました。
その時の新宿区でのZシリーズの施工についてはまた後日書いてみようと思いますが20時頃に現地調査に走ったと記憶しています。

その時に撮った写真がこれ。↓

13770503_1145327295540675_3118367622999211383_n.jpg

うーん・・・参ったなぁ・・・。
貰った絵よりも・・・さらに絶望的じゃないか・・・。

「13年間ここにエアコンを施工できる人を探してました・・・Fさんが不可能を可能にする凄い人がいるって言ってたのでお願いしたんです。」との事。


なんで俺がこんな奇人変人扱いなんだよ・・・・。
言っとくけど俺のエアコン施工の経験はたったの2年!


でもまぁ・・・面白そうじゃねぇか!上等だ!


となった訳です。
「奇跡の女の紹介じゃしょうがねぇ・・・でも多少窓にかかるよ?そもそもこのスペースにキッチリ収まるエアコンはこの世に存在しないんだから・・・」と伝えると「それでも構いません!お願いします!」という回答で正直やりたくもない施工の依頼を受けることになってしまいました。


やると言った以上は・・・やり抜くしかない・・・。
多少窓にかかっても構わないとは言うけれど・・・それには窓の枠と壁の12mmの段差をどうにかしないとフラットにならないなぁ・・・。


ここでちょっと前に富士宮市で行った施工法がキュピーンと閃いたわけです。

そうだ!エコカラットを使って段差を解決できるんじゃないか?↓

13729183_1145327348874003_7666389045372450150_n.jpg

一番厚みのあるエコカラットでも10mmかぁ・・・・。

まぁそれは仕方がないとしても足りない2mmを補う下地材が必要だなぁ・・・。
なんて考えてたら・・・事務所にこいつが転がってました。↓

14333658_1201401436599927_9044407326762217934_n.jpg


おぉ!これも富士宮市の施工の時に買った板じゃないか!
残念ながら富士宮市では出番がなかったがあの時の俺の出費は決して無駄ではなかったぞ!
しかもこの板、厚みがちょうど2mmだ!

これを下地にしてその上にエコカラットを貼れば強度的にも希望する強度が確保出来る!


という訳でエコカラットを発注!↓

14102598_1169222069817864_6087980758398243643_n.jpg

これで施工に必要な材料は揃った!


あとは私のやる気がMAXになるタイミングを待ちましょう!


9月10日・・・時は来ました。
この日の私は何かが違う・・・・。
そんな予感がしてました。↓

14222151_1193106490762755_1139728892677122264_n.jpg


たかだか6畳用の22タイプのエアコンの施工にこれだけの重装備をイヌに積み込み・・・中野区へ走ります。


んじゃやってみますかね・・・。↓

IMG_0319.jpg

「息子が帰ってきたら驚くぞぉ!」と大喜びな依頼主。

「おいおいおい・・・まだ終わってねぇし・・・息子さん、今日エアコン付く事知らないの?」と聞き返しました。

「えぇ!言ってません!びっくりさせてやろうと思って・・・・。」との回答を聞いた途端私の背後にたまーに降りてきてくれる「施工の神」が降臨してくれました。


「なにぃぃぃぃぃ!サプライズか?こら!上等じゃねぇかよ!んじゃ今日は誰も出来ないような奇跡的な施工を見せつけてやろうじゃねぇかよ!」


という流れになってしまったんですね・・・・。

ではまずは富士宮市で買った下地材をカットしちゃいましょう。↓


IMG_0321.jpg

よっしゃ!↓

IMG_0322.jpg

下地材を貼る前に・・・・コア抜きチェックをしておきましょう。↓

IMG_0325.jpg

いつもならドリルでオリャ!って開けちゃうんですが真下にコンセントや電話線やLAN等が存在してましたから一気に開けるのは非常に怖いのです・・・したがいまして・・・廻し引きによる手動開口で探ります。

おし!何にもいないぞ!↓

IMG_0326.jpg

下地材を貼ります。↓

IMG_0327.jpg


実はこの時点で私が相当な覚悟を決めている事は誰も知りません。


エコカラットを張る為に接着剤を塗ります。↓

IMG_0330.jpg

今回のエコカラットはあくまでも段差解消の為の手段として選択しました。
このような発想は富士宮市での経験があってこその事だと思います。
もし、あの時に富士宮市で付けた1台目のエアコンの仕上がりを「納得いかねぇ!」とならなかったらエコカラットを使う事もしてなかったでしょうし・・・今回のような段差解消の手段としてエコカラットを思い付く事も無かったでしょう・・・。


エコカラットを貼り金具も付けて準備は整いました。↓

IMG_0332 (1).jpg


この写真を見て・・・奇妙な光景に気がついた方は相当なもんです。
実はこの金具の位置・・・・相当ヤバい挑戦を試みてます。

最初にあけたコアの位置が基準となるのですが・・・あの位置に穴を開けたのは全て計算の上で開けているんです。
その計算の答えがこの金具の位置となります。

エアコンというのは穴の位置が基準となります。

なぜ、この施工が相当ヤバいのかはこの写真をご覧ください。↓

14333717_1195111317228939_1359674629048364323_n.jpg

穴を基準とすると金具の設置場所もある程度限定されます。
すなわちエアコンの室内機本体の下限がこの時点で決定されるのです。
この写真のこの金具の位置から私が今回とんでもない事をやらかそうと企んでる事を察知した方は相当なサタケマニア・・・すなわち変態です!褒めてつかわそう。


注目していただきたいのは金具上部の3つの爪の部分・・・・。


エアコンの室内機というのはこの爪に引っ掛けて設置するのですがどう見ても爪にひっかりそうに見えません。
高さが足りなさ過ぎるんですよ・・・。
これを私は「攻める」と言ってるんですが私も過去にここまで攻めた事はありませんでした。

メーカーのカタログにも据付可能寸法は295mmでも設置可能!と自信満々に書かれてましたよね?(295mmでも物凄い事なんです。)


でもこの状況はたったの257mmしか無いんです。
そもそも最初に開けた穴の位置はとんでもない自殺行為にしか見えないんですよね・・・プロにはw

「掛かるわけ無いじゃん!」と思われるのは正常な感覚だと思いますよ・・・。


でもな・・・・。↓

IMG_0336.jpg


俺には出来るんだよ!


側から見たら・・・おいおい冗談だろ?と思われても仕方がないレベルです。↓

IMG_0340.jpg


なんでこんな隙間で金具に掛けれたんですか?という質問が殺到しそうな感じ・・・。

ここまで果敢に攻めた馬鹿が過去に存在したのでしょうか?↓

IMG_0341.jpg

これが俺からのサプライズだぜ!↓


IMG_0342.jpg


窓への干渉は・・・・辞めといた。


どーん!↓

IMG_0343.jpg


最大の難関を突破しましたがまだ終わってないんですね。
外側の施工が終わってませんから・・・・。

ここで私がコア開けした外側の写真を見てください。↓

14222243_1194483450625059_4239979223760319134_n.jpg

相当際どいというか・・・アホだと言うか・・・。
かなり危ない位置だったんです。
でもそれも全て計算の上でやってます・・・という事にしておいてください。


ここからの施工も熾烈な死闘の修羅場となりました。
今回エアコンを設置した部屋は3階部分にあたる屋根裏部屋だったのですから相当な高さでした。↓

14142082_1194309553975782_4345657785234501729_n.jpg

外側はもちろんダクト施工な訳ですが・・・・。↓

14222096_1194309603975777_1842862333727918588_n.jpg

足場がない状況下でのトルクレンチ接続を強いられるんですね・・・。↓

14316783_1194309597309111_263943062296214690_n.jpg

当然、適切な力をかけられるような状況ではないので施工は苦戦が続きます。
足場がないんだから・・・。
しかもダクト施工は全部指先の感覚だけで行いました。
ネジを打ち込む穴が目視確認出来ない状況なんだから指先の感覚だけを頼りに施工を続けるしか他に選択肢がなかったのです。

よって・・・完成は・・・。↓

IMG_0358.jpg


いつものように夜でした。↓

IMG_0357.jpg


試運転も順調・・・。↓

IMG_0353.jpg


予想外の仕上がりに感動する依頼主とクタクタに干からびて死にそうな私が非常に対照的なシーンでした。


帰宅する途中に今回の施工を冒頭に紹介した仲間に送りました。↓

14310278_1193697030703701_713453255785654907_o.jpg

14257664_1193697250703679_6484193664221694960_o.jpg


彼は一流のプロなんです。(エアコンはそんなに経験がないけど)
だからこの2枚の写真を見ただけで「信じられないです!」と絶句するしかなかったんですね。

そしてこう続きます。↓

14257644_1193712547368816_5318891033708233326_o.jpg

「怖いです。」と言ってます。


そうなんです。
今回の施工はエアコンの施工をやったことがある人にはとても信じられないくらいの際どいラインを攻めました。

限界点を極める・・・という点については最高傑作だと思いますがこんな施工ばかりやってたら死んじゃいますよ・・・。


紹介者の奇跡の女には文句を言っておきました。↓

スクリーンショット 2016-09-19 0.49.10.jpg


次回からは簡単なのをお願いします。
言っておきますが株式会社サタケは「難しいの専門」ではございませんので・・・。

最終更新:2016/09/19 01:39

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。