【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2012/05/18 18:54

 ちょっと日食について調べてみたんですが、
 なかなか面白いことがわかってきました!


 先の雑談でも触れていますが、

 天文学の知識がなかった頃って、
 やっぱり日食は、驚くべき、かつ恐ろしい現象。
 とみなされることが多かったみたいです。


 でも、日食の度にパニックに陥ってもいられませんから。

 そのため古来より、
 「日食の日を予測し、人々が動揺しないよう、祭りや儀式を行うこと」
 が、重要な営みだったそうです。


 そのために、
 この「日食の予測」は歴史が古く、
 各民族でさまざまな方法がありました。

 そんな予測法の中でも特に!
 紀元前600年頃には確立されていたと言われる、
 「サロス周期」は非常に精度が高かった。と言われています。



 また日食という神秘的な現象は、
 争い事にもしばし利用され、

 哲学者タレスが、戦争の最中に日食が起こることを予言し、
 予言どおり日食が起こると、
 両軍とも平和への道を歩み始めた。なんて歴史があるくらい!


 また、
 コロンブスが西インド諸島に航海した際、
 服従をの意識を示さない原住民を罰するため、日食を起こして見せ、
 (実際は、日食の起こる日をしっていただけ)

 パニックになった原住民が、コロンブスに従う。
 なんてエピソードも残っています。
 まぁこれは、少し信憑性に欠けるものらしいですが。




 さらに神話まで目を向けてみると、

 そこに出てくるのは、、、
 天照大御神(アマテラスオオノカミ)!



 「スノサオが高天原で乱暴を働き、
  その結果、天照大御神は天岩戸に隠れてしまった。
  その後、世は闇になり、様々な禍が発生した。」

 なんて神話があるんですが
 これも、「日食」を表してるんじゃないか?!
 と言われていますし、


 邪馬台国の卑弥呼がなくなった年は、
 ちょうど皆既日食が起こった年だったとされていたため、
 アマテラスは、卑弥呼自身ではないか?という仮説もあったそうです。


 でもやっぱりあれですねー。
 日食って恐怖の対象とされていることが多いですね。

 これってやっぱり、
 闇に対する恐怖と同じで、本能的な部分が大きいんでしょうね。
 ところで、なんで人って闇が怖いって思うんでしょうか?


 まっ、そんな話はさておき、
 ちょっとこんな歴史を知っていると、
 また違った見方で、金環日食を見れるかもしれませんね!


 コロンブスだって時代と場所が違うだけで、
 同じ映像を見ていたわけですから!

最終更新:2012/05/18 18:55

2012/05/18 14:36

 もうすぐですね!
 テレビをつけても、ラジオを聴いても、
 もうこの話題を目にしない日はありません!

 そう!

 金環日食!

 太陽が月によって覆われるわけですが、
 位置的に、月の方が小さくなるので、
 その月の影の周りに、太陽の輪が見えるのが、金環日食です!

 0127_1.jpg




 ちなみに、完全に覆われると皆既日食!

 080428eclipse.jpg

 どちらも月の影に覆われますが、意味が違うので気をつけましょうー!


 ささっ、楽しみですよねー!
 日食メガネはもう準備できていますか?
 大村はバッチリ!観測予定です!


 さてさて、この金環日食。
 ちょっと思ったんですが、、、

 これ“日食”って書くじゃないですか。
 「“日”を“食”べる」んです。

 「太陽が何かによって食べらる」ってことですよねー!


 なのでー、
 今でこそ、楽しい天体ショーですが、、、
 天文学が全然発達していなかった頃は、

 「太陽食べられてるー!ギャー!(T□T;)」

 ってな感じで、パニックになってたかもしれませんね!
 いったい何に食べられたと思ったんでしょうか?
 何だと思います?やっぱり神話の登場人物か何かでしょうか?


 きれいな日食が見れることって、
 一生のうちに、数度の出来事だと思うんですよ。

 今でこそ、日食の原理ってわかりますが、
 なんにも天文学の知識のない時代に生まれて、
 何十年も、当たり前のように頭上にあった太陽が、突然姿を消したら、、、

 大村だったらチビッてしまうかもしれません(笑)


 そんなはるか昔のことに思いをはせながら、
 天体観測してみるもの、
 なかなか乙な観測方法かもしれませんねー!

最終更新:2012/05/18 14:41

ページ上部へ

カレンダー

2012年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月