【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/07/07 08:00

DSC_0067.JPG

前立てに隠しボタンを取り付け一見プルオーバーのような形をしたシャンブレーワークシャツになっております。

DSC_1307.JPG

シャンブレーとは、「タテ糸に色糸・ヨコ糸に白糸(もしくはタテ糸とは別の色糸)」を使った平織り生地のことをいいます。シャンブレーの歴史は古く、フランス北部にある「カンブレー」という町が発祥の地といわれています。そして、町の名前がそのまま生地の語源になっています。20世紀初めにアメリカのミリタリー・ワークウェアとして使われ始めたことをきっかけに、世界中へ広がっていきました。

シャンブレーは、平織り生地なので、薄地で軽いのが特徴です。また、薄地の割には丈夫で通気性にも優れているため、春夏の衣料品にとても重宝します。
DSC_1310.JPG
シャンブレーは、色糸と白糸を使って織られているので、光の当たり方によって見え方が変わる「玉虫色」のような光沢感があります。そのため、デニムにはない適度な上品さがあり、セミフォーマルなコーディネートにも使うことができます。
DSC_1308.JPG
ヴィンテージ仕様に必要なチンストラップ。通称「チンスト」とも呼ばれます。そもそもチン[chin]とは顎[アゴ]のことで、30年代以前のワークシャツやカバーオールに見られた仕様でトップボタン(一番上のボタン)部分に付いているストラップの事を指します。今ではこの頃をモチーフにしたワークシャツには欠かせないディティールとなっています。
DSC_1309.JPG
これまたヴィンテージ仕様に必要な、青糸でアクセントをきかせた空環(カラカン)仕様で、ワークシャツに多く見られるディティール。諸説あるようですが、大量生産の時代に移り変わる中、ミシンを裾でキチンと止めて処理するよりもそのまま流していったほうが効率が良いことからこのような仕様になったと言われています。今ではあえてそれを再現してヴィンテージテイストを出しています。

ステュディオ・ダ・ルチザン シャンブレーワークシャツ

最終更新:2020/07/10 10:22

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム