【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/08/10 17:00

 
清川屋

こんにちは!清川屋の佐藤です。

明日からお盆休みという読者さまもいらっしゃるでしょうか。
家族や友人が集うこの季節、
夏の団らんのひとときに、だだちゃ豆は欠かせませんよね^^

今日ご紹介するのは、夏の贈り物に最適!
木箱入りの白山だだちゃ豆「市左衛門」と「甚兵衛」です。
一番人気!袋入りの白山村産だだちゃ豆もご紹介していますよ。

どうぞ最後までお付き合いくださいね♪


≪〆切間近!≫早生豆&大人気の頒布会、まもなく受付終了!

早生豆&頒布会のご予約は、この週末がラストチャンスです!
本場のだだちゃ豆をいち早く堪能したい方はお早めにご予約ください!

≫早生豆はこちらから   ≫頒布会はこちらから



村一番の味わいと名高い逸品「市左衛門(いちざえもん)
独自の土づくりが生む、伝統の味を木箱入りでお届けいたします。


  「市左衛門白山だだちゃ豆」は、
  だだちゃ豆発祥の地・白山地区の冨樫家23代目・冨樫護さんの作るだだちゃ豆。
  代々受け継がれてきた美味しさは、村一番と名高い逸品です。

  冨樫さんのこだわりは、独自の土づくり。
  油粕やカニ殻などを発酵させ、毎年1トンもの有機肥料を手作業でつくります。

  手間ひまかけた豊かな土壌で育つだだちゃ豆は
  庄内地方の風にも負けない、強い苗に育ちます。



  冨樫さんの誠実で熱い情熱が詰まっただだちゃ豆は、
  清川屋の食味検査で2年連続第1位を記録するほど!
  採れたてのだだちゃ豆は、生で食べてもじんわりと甘みを感じる逸品です。

  伝統の手法と情熱が育む、極上のだだちゃ豆。
  
  冨樫さんが育てただだちゃ豆の中でも、特によいものだけを木箱に詰めてお届けいたします。
  大切な方への季節のご挨拶に最適です。



__________________________________

探求の末に生まれる、濃厚な味わい「甚兵衛(じんべえ)
代々受け継ぐ、家伝の誇りを木箱に詰めてお届けいたします。


  「甚兵衛(じんべえ)白山だだちゃ豆」は、
  白山地区で7代目甚兵衛の屋号を継ぐ阿部金一さんの作るだだちゃ豆です。
  阿部さんは、豆づくり40年のベテラン!
  本場・白山地区の中でも奥深い味わいに定評があります。

  「美味しい豆を作るのに手間を惜しんではだめだ」

  阿部さんは機械化が進んだ今でも手植えにこだわり、
  2町歩(約6,000坪)の畑すべてに、手で苗を植えています。
  また、通常の畑に比べ、倍以上の45cm間隔でゆったりと植えるため、
  苗に日がよく当たり、いきいきと育ちます。
 


  「口に入れたとき、最初の甘さはしっかり、
  噛んでいくうちにコクが出てきて、気づいたら2個3個と次々手が伸びちゃう。
  そういうやめられない、とまらないだだちゃ豆が理想。」


  そう語る阿部さんのだだちゃ豆は、
  他の豆と比べてくびれが大きく、甘みとコクが抜群です!

  だだちゃ豆栽培にかける情熱とプライドが
  だだちゃ豆ツウをも唸らせる、絶品のだだちゃ豆を生み出します。



__________________________________

発祥の地、白山からお届けする
大地と歴史が織りなす最高の味わい「白山村産だだちゃ豆


  
鶴岡市郊外、湯田川温泉にほど近い金峰山の麓に広がる白山地区。
  この白山地区のだだちゃ豆は「この地でないとこれほどの味は出ない」といわれるほど、
  独特の風味と豊かな味わいに定評があります。

  その美味しさの理由は、白山地区の風土にあります。

  白山地区は痩せた砂地で、マメ科の生長に欠かせない
  “根粒菌(こんりゅうきん)”が好む土地であること。
  そして、近くを流れる湯尻(ゆじり)川
から立ち上る朝もやが
  だだちゃ豆を適度に潤し、美味しさを閉じ込めていることです。

  そのため、農家さんは鮮度を落とさないよう、
  早朝4時のひんやりとした空気の中で作業を始めます。
 


  また、白山地区は全域にだだちゃ豆専用の灌漑設備を整えており、
  地中の給水パイプと溝で、だだちゃ豆の水分調整が自在にできるようになっています。
  これによって天候で品質が左右されることが少なくなりました。
  これはだだちゃ豆専用の畑を持つ白山地区ならではです。

  時間と費用をかけても発祥の地に恥じないものを作る、という
  農家さんの心意気が、白山ブランドの品質につながっています。
  プライドの結晶ともいえる、極上の味わいを是非一度ご堪能あれ!

白山村産だだちゃ豆」は袋入りのほか、屋号の伝統の技が光る「木箱入り

だだちゃ豆の収穫体験も楽しめる「枝付きだだちゃ豆」もございます。

▼ ご用途やご予算に応じてお選びください ▼

 
 
  
 

 
 ■2017年8月9日(水) だだちゃ豆(本豆)生育状況

 今週から早生豆が収穫となりましたが、
 8月下旬収穫の本豆はまだまだ成長途中です。

 さやがずいぶん大きくなりましたね^^

 もう収穫できそうに見えますが、
 だだちゃ豆の実はまだ薄い状態なんです。
 (写真からも厚みがないのがわかりますね)

 ここから1~2週間かけて、ぷっくりとした実へと生長していきます。

 




 ファンの皆様お待たせしました!
 夏限定のほわいとぱりろーるだだちゃ豆味が今年も登場です♪

 ミルキーなクリームにだだちゃ豆の香りと風味がマッチし
 ふんわりと優しい味わいになりました。

 素材のだだちゃ豆は山形県鶴岡産。
 通常のほわいとぱりろーるより解凍に時間はかかりますが
 ゆっくりじっくり解凍することで、
 だだちゃ豆の風味が感じられるのも魅力です。

 この季節だけの限定スイーツ、ぜひお試しくださいね^^

 
  

 
 



だだちゃ豆特集

だだちゃ豆特集

夏のお取り寄せ特集






最後までお読みいただき、ありがとうございます。

清川屋実店舗は、お盆期間中も休まず営業いたします^^
採れたてのだだちゃ豆ネットでも人気のスイーツはもちろん、
山形・宮城のお土産品も豊富に取り揃えておりますよ!

山形・宮城へお越しの際は、是非清川屋へお越しくださいね!
スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております^^♪


メルマガでは伝えきれない裏話も更新中!?
清川屋ブログもぜひご覧ください^^
株式会社 清川屋  〒997-0011 山形県鶴岡市宝田1-4-25 
(TEL) 0235-222-111 (FAX) 0235-222-112





メルマガを購読

最終更新:2017/08/10 17:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月