【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/07/13 17:00

 
清川屋

だだちゃ豆特集


  小暑を過ぎ、暑さも本番を迎えてまいりました。
  本格的な夏が目前に迫る季節、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

  ファンの皆様、お待たせいたしました。今年もこの季節がやってまいりました。

  ▼お待たせいたしました!2017年のだだちゃ豆特集開始です!
  
https://item.rakuten.co.jp/sakuranbo/c/0000000117/


  わたしたち清川屋が初めて白山地区の畑を訪れたのは30年前のこと。

  だだちゃ豆を自家消費しかしていなかった時代から
  農家さんとの強い信頼関係を築き、ともに歩んできました。

  当時から続く、農家さんとの長いお付き合いと
  山形県鶴岡市に本社を構える、地元企業ならではの細やかなフォローが、
  清川屋の高い品質のだだちゃ豆をお届けできる由縁です。


  今年も、一番人気のだだちゃ豆「白山村産だだちゃ豆」や、
  だだちゃ豆“発祥の地”寺田地区で栽培された「寺田村産だだちゃ豆」、
  家伝を受け継ぐ木箱入り「元祖・藤十郎白山だだちゃ豆」など、
  旬を満喫できる豊富なラインナップをご用意しております。


  ―親から子、子から孫へと伝えられてきた、だだちゃ豆。
   大地と人の歴史が織りなす、発祥の地の伝統と誇りの味。

  日本一美味しい枝豆を、今年も全国の皆様へお届けいたします。


2017年7月吉日      
清川屋 楽天市場店   













 
※白山村産だだちゃ豆(2袋/3袋/5袋)、夏の晩酌セット(匠/彩/幸)および
  寺田村産だだちゃ豆、特撰だだちゃ豆は、お届け日の指定が可能です!
 ≫詳しくはこちら

▼ このほか、9月お届けの晩生だだちゃ豆高原だだちゃ豆も受付中! ▼
だだちゃ豆特集
 

★リピーターさん人気No.1★

旬のはじめから終りまで、だだちゃ豆を思う存分満喫したい!というお客様必見☆
人気のだだちゃ豆頒布会、今年もご予約承ります!

▼ ≪7月末でご予約終了!≫お早めにご予約くださいませ^^ ▼







 Q.だだちゃ豆ってどんな豆なの?

 A.
だだちゃ豆は、枝豆の一種。
   山形県鶴岡市の名産で、
   噛めば噛むほど味わいが増し、旨みと甘みが広がる味わいが特徴です。
   その美味しさから、「枝豆の王様」と呼ばれることもあるんですよ。

   【 産地 】
  鶴岡市郊外、白山地区がだだちゃ豆の生まれ故郷です。

  この地区は水はけがよく、米作りには不向きなのですが、
  マメ科の植物が好む根粒菌(こんりゅうきん)が育ちやすい土地と言われています。
  そのため、他の地域に比べて甘みの強い豆が収穫できるのです。

  だだちゃ豆は育つ土地を選ぶため、種を持ちだして、他の地域で栽培しても
  白山地区で育てた豆とは同じ味にはならない
と言われています。

  清川屋の「白山村産だだちゃ豆」は、だだちゃ豆本来の美味しさを守りたいと
  かつて“白山村”と言われていた
  発祥の地・白山地区で栽培されただだちゃ豆にこだわってお届けしています。


   【 特徴 】
  だだちゃ豆は、一般的な枝豆に比べるて小ぶりで、豆の間が深くくぼんでいます。
  また、さやにシワが寄っており、
  いわゆる茶豆の一種なので、細かい茶色の毛が生えています。

  見た目は正直イマイチ…ですが、
  茹でると家中に広がる、とうもろこしのような甘い香りと
  噛み締めたときの、深いコクと強い甘さは、ほかの枝豆にはない特徴です。
 
 
  
 

 
   

  7月に入り、真夏日を観測する地域も増えてきましたね。
  東北だから涼しいのでは‥と思われるかもしれませんが、
  特に内陸地方は盆地のため、夏の間は厳しい暑さが続くこともしばしばなんです><

  そんな暑い季節を乗り切るため、山形の夏はちょっと変わったひんやりグルメが豊富!
  最近注目を集めている「冷たい肉そば」もその一つです。

  美味しさの決め手は鶏だしの効いた甘めのつゆ。
  旨みが凝縮されているのに、脂っぽさがなく、とてもあっさり。
  田舎そばもつゆも、きりっと冷やして頂くのが山形流です^^

  全国的にも有名になった名物そばを、手軽に召し上がってみませんか?
 
 
  

 
 



だだちゃ豆特集


夏のお取り寄せ特集






最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「次はだだちゃ豆ですね!」

さくらんぼをご注文頂いたお客様から
そんなお言葉を頂戴することがここ数年で増えてきました。
とてもありがたいことです…><

初夏のさくらんぼを堪能したあとは、真夏のだだちゃ豆!

これから約2ヶ月間、
毎週だだちゃ豆の魅力や隠れたこだわりを、余すところなくお伝えしてまいります。

次回の「だだちゃ豆通信」もお楽しみに♪


メルマガでは伝えきれない裏話も更新中!?
清川屋ブログもぜひご覧ください^^
株式会社 清川屋  〒997-0011 山形県鶴岡市宝田1-4-25 
(TEL) 0235-222-111 (FAX) 0235-222-112





メルマガを購読

最終更新:2017/07/13 17:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月