【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/11/20 20:00


いつも「酒のにしだ」をご愛顧くださいまして、有難うございます。
早いもので今年も残り1か月と少し。そして、この時期には・・

大和の一番米で仕込む限定酒、今年も立派に出来上がりました!
と連絡を受け、いそいそと行って参りました。


卑弥呼の里、奈良県桜井
多武峰(とうのみね)の麓、親子ふたりで、ひっそりと酒を醸す西内酒造さん。


なんと昨年は、世界的なワインコンテストの一つIWC(インターナショナル・ワイン・ チャレンジ)「SAKE部門」古酒の部で、
「ゴールドメダル」受賞酒からさらに優れた酒として、栄えある「トロフィー」の実績も。
そんな栄誉も 「これまでのご褒美を神さんがくれたんでしょ」と。

西内酒造さんの蔵にある、道具を見ただけで分かります。
ここは本当の意味で、きちんと酒を醸されているんだと。


「酒造りは毎年1年生の気分、特に今年の米は難しいです」とおっしゃっていましたが、
売り手や飲まれる方に、その苦労を感じさせないのがプロフェッショナル。

文化というか伝統というか・・・
酒造りに対する真摯な姿勢・人間の仕業的なバックグラウンドも含めて
お酒をお客さんにお届けするのも酒屋の使命だと再認識。


お酒はもちろんのこと、その「想い」もきちんと伝えられる酒屋でいられるよう、
これからも精進していきたいと思います。

「ウチは売るのが苦手で・・・・宜しく頼みます」
と見送って下さった眼差しは、娘を嫁に出す父親のようにどこか切なく、どこか誇らしげ。
「いかにして大きくするかじゃなくて、いかにして続けていくか」そんな小さな酒蔵の逸品をぜひ。


     ┏━━━┓  
     ┃GO ★ ┃
     ┗┻┻┫┃
     ★ ☆ ┃┃ ★
      \\┗┛/ 






どぶろくでも、おり酒でもない、酵母の生きたフレッシュなお酒
今この時も熟成し続けています!
フツフツと発酵するもろみから作った、酵母の生きたフレッシュなタイプ
上澄みが出来ますが静かに振って「冷や」、または「オンザロック」で





甘口の貴腐ワインやアイスワインのよう
仕込み水の換わりに、古酒を用いて、水を使わず、酒に米と米麹を入れて醗酵させたお酒
添え、仲、留めの三段仕込みの留めのときに、仕込み水を使わず純米酒で仕込むのです
アルコール濃度の限界の手前から、少ない酵母で発酵させる画期的な酒造法。
味わいは、とろりとコクのある濃厚な甘口タイプに仕上がります。









メルマガを購読

最終更新:2018/11/20 20:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム