【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2021/06/22 23:31

「検査そのものをワクチン化させる」ことも可能かもしれないジョンスホプキンスと米国防高等研究計画局のテクノロジーを知る

2021年6月16日
jhu-device-vaccine2020.jpg
写真はそれぞれ米ジョンスホプキンス大学のニュースリリースより。

スロバキアの国民全員強制コロナ検査の「本当の理由」は

今回の話はわりと面白いと思うのですが、きちんとまとまらないかもしれません。話が相当あちこちに飛びそうなんです。

今回の話のメインは、

「病原体の検査だけで遺伝子入りナノ微粒子を人に接種できるかもしれない」

というエキサイティングなテクノロジーの話です。

米ジョンスホプキンス大学が、「人の腸に完全に結合し、長期間にわたり薬剤を放出し続けるマイクロデバイス」を「完成させた」ということを知りました。

しかし、話は少し以前の異なるものから入らせていただきます。

6月のはじめ頃に、「 PCR 検査で使う綿棒にはアメリカ国防高等研究計画局のハイドロゲル(ヒドロゲル)が仕込まれている」というような話が話題になったことがあります。

これは、スロバキアで昨年 11月から行われた PCR 検査で使われた「綿棒」を顕微鏡で調査したという PDF 文書の情報に端を発しています。

この内容については、日本語のこちらのブログなどで翻訳されていますので、ここでは特に取り上げませんが、その元々のファイルの冒頭だけご紹介します。

スロバキア共和国での表面試験からの試験棒の分析 - ジェノサイドの確認

キーワード 1)ナイロン、2)DARPA ヒドロゲル、3)リチウム、4)松果体

2020年11月から 2021年3月にかけて、スロバキアの首都ブラチスラバの病院の検査室で新型コロナウイルス検査のスティック(綿棒)を対象に分析を行った。

この検査綿棒は、スロバキアの病院で表面検査に使用されたセットのものだ。

ここで取り上げる内容は、標準的な検査用顕微鏡などを持っている方なら、掲載されている検査スティックに関する情報を確認することができるだろう。試験用綿棒、米国国防高等研究計画局(DARPA)のハイドロゲル、そして、リチウムに関するすべてのこれらの情報は、科学的情報および企業として公開している。

これらの情報から、これらの試験綿棒は、スロバキアの人々をジェノサイドに導くツールであることが明らかだ。 (golokaproject.org)


オリジナルの英語でのファイルはこちらにht●●tps://www.golokaproject.org/documentfiles/Analysis-of-test-sticks-from-surface-testing-in-the-Slovak-Republic.pdfあります。

まあ、このジェノサイド云々というのは別として、「そもそもこの書類を作成して公開しているのは誰なのだろう」と最初思っていました。

これが公開された時には、ワクチンそのものについて調べたりすることのほうが多く、「 PCR 検査でジェノサイド?」的な感じで見ていたのですが、先日この PDF ファイルのアドレス(URL)のドメインのトップページにアクセスしてみたのです。

そうしましたら、そこにあったのは「ゴロカプロジェクト (Goloka Project)」という名称の団体(?)のウェブサイトで、なんかこう、覚醒系というのかスピリチュアルコミュニティ系というのか、怪しく感じれば、どこまでも怪しく感じるものかもしれないですし、そうではない理想集団なのかもしれないですが、何かのコミュニティを目指しているというようなことが書かれてあります。

トップページには以下のようにあります。

ゴロカプロジェクトより

ゴロカ・サンクチュアリ・コミュニティは、秘教の研究を目的として集まった人々のグループであり、精神的な存在と協力して、人類の発展の次の時代に備え、地球上の人類の可能性を実現します。そして、この準備の過程で、人類は血、人種、国家の結びつきを超越し、個人の自由への啓発された道を作ります。

集合意識から自我意識へと進んだ私たちの発展の次の時代に、私たちはようやく、より高いレベルの普遍的な意識に到達するでしょう。私たちの発展の将来の段階では、個人の幸福は全体の幸福に依存します。他のどこかで苦しんでいる別の個人がいる場合、どの個人も平和になることはできません。

ゴロカ・サンクチュアリ・コミュニティは、人類の普遍的なコミュニティの時代であり、そのようなコミュニティに住むことが、これを実践するための最良の方法であることは明らかです。
(golokaproject.org)


神秘主義者の言いまわしであり、注意する事です。
簡単に書くと宗教を統一、政治経済の統一して監視社会になり、全て独裁者の支配なることです。
あと、最後はヒットラーのように悪魔崇拝主義なると思います。
盲目にならないように注意して下さい。


こういう人たちが、

「 PCRの綿棒には米国防高等研究計画局のハイドロゲルが仕込まれている」

というような陰謀論的な文書を発行していることに興味を持ちました。

このオリジナルの文書は、論文仕立てになっていて、参考文献などのリンクも添えられているもので、決していい加減なものではないです。

ただ、「綿棒のナイロン繊維片から何かが発見された」ということは事実だとしても、それが、アメリカ国防高等研究計画局が仕込んだものだということに関しての書類の提示はここにはありません。

つまり、やはり直接証拠がないのです。

なお、このオリジナルの PDF ファイルでも、それを紹介されていたサイトでも、言葉上だけの問題ではありますけれど、違っているのは、

「スロバキアで 11月から行われたのは、PCR 検査ではない」

ということとです。

これについては、以下の記事でも少しふれています。

この過去記事に出てきたのが、まさにスロバキアなんですが、「全国民強制コロナ検査」の行われていた場所の光景が以下にあります。

スロバキアは全国的な新型コロナテストを開始する

スロバキア政府は、10歳以上のすべての国民を対象としたテストを実施する計画を発表した後、11月2日までに人口の約半分のテストを行った。

11月1日の大量テストの初日に約 250万人のスロバキア人がテストされ、その中の 2万5,850人が陽性だった。これは、検査数の 1%が陽性を示したことになり、陽性判定が出た人たちは自己隔離を余儀なくされた。

人口 550万人のこのスロバキアは、新型コロナウイルスの第二波を封じ込めるのに苦労しており、当局は、今回の野心的なテストプログラムを行わないとした場合、その代替案は全土ロックダウンしかないと主張した。

多くの人々は自主的にテストに向かったが、しかし、スロバキア政府は、テストに参加しなかった人々には個人的なロックダウンを課すと述べていた。

40,000人以上の医者、軍隊、警察が 5,000のテスト施設に配置され、抗原テストが実施された。

スロバキア首相は、国民にテスト参加を迫ったことを謝罪したが、しかし、スロバキアは岐路に立っている(ので仕方ない)と述べた。

しかし、この全国民テスト計画は、そのようなことは意味をなさないとして、一部の科学者や医療者たちから非難されている。

スロバキアの開業医協会は、テスト施設が混雑していることを問題視しており、社会的距離の規範に反していることを指摘した。

また、専門家は、このテストに使用された抗原検査は、実験室ベースの検査よりも精度がかなり低く、より多くの偽陰性および偽陽性の結果を返すと主張した。

スロバキア政府は、次の週末に第 2回目の全国民テストを計画しており、第 1回目で見逃されたケースや、その間に感染したケースを把握する。 (The Nation 2020/11/02)



スロバキアがCOVID-19のテストを全国民にどのようにして行ったか

10月31日から 11月1日まで、スロバキアは 10歳〜65歳の全人口、約 360万人をテストすることを決定し、国民の約 97%のテスト参加率となった。検査結果は、15分の待機時間の後に判明する。

このテストで陰性となった人たちは、陰性の証明書が渡され、その人たちは厳しい夜間外出禁止令から解放された。

軍が主導するこの作戦は、40,000人の担当者(軍と 15,000人の医療従事者とボランティア)の準備等、計画開始から実行まで は 17日かかった。

イギリスがスロバキアと同じことをする場合には、人口 100万あたり 1,000カ所のテスト施設と 8,000人のスタッフが必要だ。



「なぜ強制的にそれをしたかったのか」という意味は、当時私の考えていた上のような理由とは異なるものだったような感じも出てきています。

先ほどの翻訳記事にもあります「ジェノサイド」などという物騒な言葉も絡む話となるのかもしれないですが、話を先に進めます。

この際、スロバキアでおこなわれたのは、PCR 検査ではなく、ラテラル・フロー・テスト(Lateral Flow Test)と呼ばれるもので、まあしかし、これも、「口か鼻から綿棒を入れて採取する」という部分は同じです。

PCR 検査も、このラテラル・フロー・テストも、結局はどちらも、

「使い捨ての綿棒による鼻の奥の検査」

であるのですが、スロバキアのこのような検査が、米国防高等研究計画局の研究と密接に関係しているという書類があるわけでもないですし……と、かなり執拗に探していますと、ちょっと近いものはありました。

国防高等研究計画局が、この「鼻腔の綿棒による使い捨ての簡易検査」を、かなり以前から研究していたことがわかるのですね。

以下は、米ワシントン大学のポール・イェーガー博士という人のイェーガー研究所に掲載されている「資金提供を受けた研究の一覧」の中にあるものです。

核酸増幅(PCR)検査用の多重化可能な自律型使い捨て検査具(MAD NAAT)

Multiplexable Autonomous Disposables for Nucleic Acid Amplification Tests for Limited Resource Settings (MAD NAAT)

イェーガー研究室は、2011年に、この研究に対して DARPA(米国防高等研究計画局)の防衛科学局から 1970万ドル(約 21億円)を授与された。 5年間のプロジェクトの目的は、患者のサンプルから DNA または RNA によって複数の病原体を検出できるようにすることで、それは器具を使用しない完全に使い捨ての紙ベースの診断プラットフォームを開発することだった。

この MAD NAAT デバイスのパフォーマンス目標には、周囲条件(最大45°C)での 1年間の保管、保管されたデバイスへのすべての試薬の組み込み、および 1時間以内のサンプルから結果への操作が含まれていた。

2015年のプロトタイプの読み取りは、一般的なスマートフォンで画像のキャプチャと分析が可能になるように行われた。

最初のテストは、鼻腔からの綿棒でのサンプル(DNAを使用)から MRSA を特定し、次に RSV(RNAを使用)を特定することだった。プロジェクトの最後の年に、標的病原体は、尿中のクラミジア・トラコマチスと淋菌(DNA)、および血液中のジカウイルスを含むように拡大された。

現在のタンパク質ベースのテストで可能であるよりも早期の診断を可能にするために大幅に改善された検出感度が必要な器具となる。これらには、ヒトおよび環境サンプル中のあらゆる種類の感染性病原体の多重化試験が含まれる。

他のさまざまな国でも、簡易検査というものは研究されていたものでしょうし、このようなものが、米国防高等研究計画局と関係しているというものではないですが、もともと、先ほどの過去記事で取りあげましたスロバキアの昨年 11月の「全国民一斉コロナ検査」には、やや奇妙な部分はありました。

イギリスの公文書には、

> 今回のテストでは、 10歳未満および 65歳以上はテストから除外された。

とあるのです。

10歳未満はともかく、「65歳以上」というのは、当時でも「最もコロナに対して脆弱」と言われていた世代であり、その世代の検査を「スキップする」という理由がどうしてもわからなかったのですね。

しかし、何となくわかりました。

まあ、「なんとなく」と書きましたように、推測以上には何もないですので、推測は書くつもりはないですが、この PCR を含む「生体に直接ふれる検査」に関しては、もともと、どうにも奇妙に思っていたのです。

特に

「痛いほど喉の奥に綿棒をグリグリやらないとダメなのはどうして?」

とはいうことは、最初に PCR 検査が導入された昨年以来思っていました。

インフルエンザなどの一般的な感染症の検査は、そんな大変なことは普通しないですけれど、それでも、きちんと判定できます。

このような「検査」にまつわるさまざまな不可解も、今となれば一部納得できるものなのかもしれないと思いつつ、ジョンスホプキンスの素晴らしい研究についてご紹介して締めさせていただきます。

この「検査にまつわる不思議」については、またもう少し理路整然にまとめてみたいとも思います。

ここから、2020年11月のジョンスホプキンスのニュースリリースです。

ジョンズホプキンスの研究者たちは、薬の伝送のためのシステムを「寄生中の働きから」インスピレーションを得た
Johns Hopkins researchers take inspiration from parasitic work for medicine delivery
hub.jhu.edu 2020/11/26

セラグリッパーズ (Theragrippers)は、消化管に効率的に薬を届ける小さな形を変える装置だ。

ジョンズホプキンス大学の研究者たちは、鋭い歯を宿主の腸に食い込ませる寄生虫に触発され、腸粘膜に引っ掛かり、体内に薬物を放出できる小さな星型のマイクロデバイスを設計した。


theragripper-jhu-01.jpg

ジョンズホプキンス炎症性腸疾患センターの所長である消化器病専門医のフローリン・M・セラウ氏らの研究チームは生物医学エンジニアのチームを率いて、その方法を模倣した形状変化マイクロデバイスを設計およびテストした。寄生性の「生体に引っ掛かるタイプ」のそのワームは、それ自体を生物の腸に付着させる。

「セラグリッパー」と命名されたこのデバイスは、金属と形状が変化する薄いフィルムでできており、感熱性のパラフィンワックスでコーティングされている。それぞれがチリや埃の点とほぼ同じサイズの小さなデバイスで、潜在的にあらゆる薬物を運び、それを徐々に体内に放出することができる可能性がある。

theragrippers-02.jpg
綿棒についている埃のように見えるものがセラグリッパーズ。

薬物の段階的または長期にわたる放出は医学において長い間求められてきた目標だ。セラウ氏は、薬物の問題は、薬物の投与が完了する前に胃腸管を完全に通過することが多いためだと説明している。

セラウ氏は以下のように語る。

「消化管の筋肉の正常な収縮と弛緩により、薬物が患者が全用量を投与するのに十分な時間において腸内に留まることができないのです。私たちは、腸粘膜に自律的に癒着し、消化管内の薬物負荷を望ましい期間のあいだ維持できるこれらの小さな薬物担体を設計することによって、この問題の解決に取り組んできました」

このゼラグリッパーズは、何千もの数を消化管の中に配置することができる。

セラグリッパーズのパラフィンワックスコーティングが体内の温度に達すると、デバイスは自律的に閉じ、結腸壁に固定される。

閉じる動作により、小さな六角の先にある尖ったデバイスが粘膜に食い込み、セラグリッパーズは結腸に付着したままとなる。結腸では、デバイスが保持され、薬が徐々に体内に放出される。最終的には、セラグリッパーズは、胃腸の筋肉機能を介して腸から排出される。

共同研究者のグラシアス氏は、近年の生物医学工学の分野における進歩に注目している。

「電気信号または化学信号で制御できる動的な微細な加工スマートデバイスの導入を私たちは見てきました。しかし、これらのグリッパーズは非常に微細なものであるため、バッテリー、アンテナ、その他のコンポーネントは不要です」

ゼラグリッパーズは、電気、無線信号、または外部制御に依存しないと研究者たちは言う。

「代わりに、このデバイスは温度に作用されるコーティングを施していることで、小さな圧縮バネのように動作します。蓄積されたエネルギーを、人間の体温により自律的に放出するのです」

ここまでです。

この形も何だかすごいなあと。

普通、こういうのを開発するのなら、四角でいい気もするのですが、六芒星です。

最終更新:2021/06/22 23:37

2021/06/22 22:36

「他者の遺伝子」はこのように体内に導入することができる トランスフェクションとマグネトフェクション、そして超常磁性酸化鉄ナノ粒子

2021年6月15日
磁性を持つナノ粒子は、実際にすでに遺伝子治療などでは使われていることにふれたのですが、現在の科学は、そういうレベルではなかったのですね。

超常磁性酸化鉄ナノ粒子とか、トランスフェクションとかマグネトフェクションとか、もう初めて聞く言葉ばかりの世界ですが、これは何と関係しているかといいますと、

「異なる DNA を動物の細胞内に導入する方法」

と関係しているものなんですね。

「動物(あくまで動物)の細胞に、異なる遺伝子を加えるのは簡単なことになっているのだなあ」とつくづく思いました。

A 「えい」(プシュッ)
B 「何、今の?」
A 「これであなたの DNA は変更されました」
B 「いい加減にしろ」


こういうことも可能といえば可能かしれないというテクノロジーを私たちの社会はすでに持っているのですね。

それらについて、完全に説明するのは私には無理ですが、自分なりに何となく理解しました外殻的な部分を少しご紹介したいと思います。

あと、最近話題になっているという動画も教えていただきまして、出演なさっている方は、最近の「接種者に磁石がつく」ことと多少関係しているような雰囲気でも話されていますが、mRNAワクチンに「磁性を持つナノ粒子」が使われているのではないか、ということを述べているものです。

まず、それをご紹介させていただきます。

しかし、最初に書いておきますが、理論としてはおかしくなくとも、「ワクチンにそのような磁性ナノ粒子が使われている」という証拠はどこにもありません。文書もないですし、あるいは「発見」もされていません。

ワクチンから最近発見されたものといえば、英アストラゼネカ社のワクチンから、公表されている成分には含まれない「熱ショックタンパク質」というものが見出されたということはありました。以下の記事でご紹介しています。

世界の出来1799 公的資料にはない「熱ショックタンパク質という不純物」が発見

これは「タンパク質」ですから、生体由来のものですが、しかしまあ、ちょっと話がまた逸れますけれど、「生体由来だからといって、磁性を持たないわけではない」ということもあります。

磁性細菌というような磁力に反応して移動を行う細菌が存在したり、あるいは、人間にしても、血液のヘモグロビンは「鉄とタンパク質」であり、磁性があるといえばありますし、そもそも人間は「自らの体に磁場を持っている」ということもありますから、生体が磁性を持つこと自体は不思議なことではないです。

この「人間自身が持つ磁場」については、京都大学名誉教授だった前田坦さんの著作『生物は磁気を感じるか』に詳しく、たとえば、人の頭からも「太陽のように」磁場が放出されているのですね。

人間の頭部の磁場
mag-head-human03.jpg
前田坦 / 生物は磁気を感じるか

あと、この本には、

「地磁気で DNA の核酸の向きが変わる」

ということが研究で確かめられたことが書かれてあり、「遺伝子そのものも磁性を持つ」という可能性もあるのかもしれません。

少なくとも、DNA に関しては、たとえば太陽の磁気嵐などにより地磁気の状態が変化すると「向きを変える」ことがわかっているようです。

この前田坦名誉教授などが研究してらっしゃった「生体磁気学」(生物そのものが持つ磁気についての学問)は、今ではおおむね消えてしまったようで、もしかすると今では「禁断の学問」に分類されるものなのかもしれません。

この生体磁気学が発展していれば、太陽活動と人間社会の変化の様相の理由が理論的に説明できたかもしれないですので、そこは何とも残念です。

話を戻しましょう。

動画の話です。

製薬研究が専門だという方が、何かの番組でインタビューに答えているものです。そのうちの「マグネトフェクション」というものなどについて、語っている部分を文字でご紹介します。

これはオリジナルの動画はこちらにht●●tps://rumble.com/vi6vfp-exposed-magnetism-intentionally-added-to-vaccine-to-force-mrna-through-enti.htmlありますが、こちらに、ht●●tps://twitter.com/purplep76858690/status/1403211979351748609動画から部分的にピックアップして日本語字幕をつけてくださっているものがあります。

この方の言うことが正しいかどうかということではなく、私は、この動画ではじめて「マグネトフェクション」というテクノロジーを知り、それで感動した次第ですので、ご紹介させていただきます。

用語については、後にご説明します。

全身の mRNA に強制的に磁性を送達するために、意図的にワクチンに磁性が追加されている

司会者:ジェイン・ルビー氏は、国際ヘルス関連のエコノミストで、製薬研究において 20年以上のご経験がある医療分野における専門家です。

ジェイン・ルビー博士:今回のワクチンに意図的に入れられているものがあります。なぜこれが重要かといいますと、この方法は、より確実な送達メカニズムにより、すべての細胞に伝送することができるためです。

このプロセスは、マグネトフェクションと呼びますが、このメカニズムについては、各種の科学論文などでどなたでもお調べになることができます。このマグネトフェクションのメカニズムは磁気を利用します。そして、特殊な化学物質により、mRNAを人の細胞に送り込むことができるのです。

報告できるのはまだかなり後になりますが、私たちは実態についての解明を始めました。磁石現象(ワクチン接種した人に磁石がつくという話題)に関しては、それはどういうことかといいますと、それは脂質ナノ粒子(LNP)の一部が関係しており、それは超伝送的なシステムです。

体内には人工的な DNA や RNA が決して入ってはいけない部位があります。それにも関わらず、今回のワクチンのやり方は、成分を強制的に、mRNAコーティングにより、危険なスパイクタンパク質を繰り返し生産させるのです。全身にです。つまりこれは、遺伝子の強制的な伝送システムだと言えます。

今後さらに出てくるのが、スパイオンズ(SPIONs)というものです。超常磁性酸化鉄ナノ粒子のことをそう呼びます。この磁気技術を使用しているのです。エンベロープ型脂質ナノ粒子内とその周囲に超常磁性酸化鉄ナノ粒子を使用しています。

その目的は、mRNA を細胞に送達するためです。

ドイツのベルリンにケミセル社という会社があります。その会社のマグネトフェクションの説明書には以下のようにあります。「マグネトフェクション試薬とそのすべてのコンポーネントは、研究目的でのみ開発、設計、意図、販売されています」

さらには、このように書かれています。「この試薬は、人間の診断に対して、または意図されたいかなる薬物にも使用されるべきではありません」

つまり、これを人に薬として使用してはいけないと書かれてあるのです。 (rumble.com)


ここまでです。

話の内容は、とても夢のあるお話です(ちょっと感想が違うのでは)。

ただ、証拠がないのですね。

月形龍之介さん主演の『水戸黄門』という 1957年の映画が好きで、たまに見るのですが、悪大名の悪巧みを何とかしてほしいという願いを黄門様に申し立てた被害者側の武士に、黄門様はこう言います。

「必要なのは、一にも二にも証拠じゃ」

このご隠居の言葉がすべてを表していまして、これがない限り、どこまでも推定の陰謀論と呼ばれ続けても仕方ないのかもしれません。

さて、そのように、話全体としては、今のところ、それはどうこう言えるものではないのですけれど、この動画で知ったマグネトフェクション (Magneticofection)というものはどんなものなのか。

マグネトフェクションとSPION

現在のワクチンストーリーの渦中では本当にいろいろなことを知りますけれど、マグネトフェクションについて、その概要を最も簡単に示している英語版 Wikipedia から部分的に抜粋します。

マグネトフェクション

マグネトフェクションは、磁場を利用して核酸を含む粒子を標的細胞に濃縮するトランスフェクション法。

この方法は、生化学的(カチオン性脂質またはポリマー)および物理的(エレクトロポレーション、遺伝子銃)なトランスフェクション法の利点を、不便さ(低効率、毒性)を排除しながら 1つのシステムに統合しようとする。

この技術は少なくとも 2001年から知られている。 2015年、マルセイユを拠点とする OZ Biosciences は、Magnetofection という単語を米国で商標登録した。
(Magnetofection)


こんな短い記述の中に、知らない用語が出てくる出てくるわ。

わからない単語をひとつずつ注釈してみます。太字はこちらによるものです。

・トランスフェクション法 → トランスフェクションとは、核酸を動物細胞内へ導入する過程を指す。通常、動物細胞はウイルスによる導入以外は核酸の細胞内導入は滅多に起こらないが、人為的にある程度自由に核酸を導入する事が可能となってきている。 (Wikipedia)

・エレクトロポレーション → エレクトロポレーションは、細胞膜の透過性を高めるために電界を細胞に印加し、化学物質、薬物、または DNA を細胞に導入できるようにする微生物学技術。微生物学では、エレクトロポレーションは、新しいコード DNA を導入することにより、細菌、酵母、または植物のプロトプラスト(細胞から細胞壁を取り除いた細胞)を形質転換するためによく使用される。 (Electroporation)

遺伝子銃 → 目的のプラスミドDNAでコーティングされた金粒子を、研究で様々な標的に直接遺伝子導入するハンドヘルドタイプの遺伝子導入装置。注射器によるDNA導入と比較して、標的細胞への導入効率が高く、少量のDNAで効率よい細胞導入が可能である 。(日本薬学会)


結局これら、マグネトフェクション、トランスフェクション、エレクトロポレーション、遺伝子銃、すべてが、

「生物に他の DNA を導入する方法」

だということになります。

それにしても、「遺伝子銃ってすげえ響きだな」と思い、「どんな形してんだ?」と、Google の画像検索で見ていまして。

遺伝子銃(Gene Gun)
gene-gun-005.jpg

上の写真にあるページに、さらにわかりやすく書かれていました。

遺伝子銃

微粒子銃あるいは遺伝子銃は、遺伝子、DNA、RNA、またはタンパク質が、ベクター(運び屋)を使用せずに、植物細胞に移行される遺伝子工学の技術です。遺伝物質は重金属でコーティングされており、機械的な力を使って遺伝子が細胞内に発射されます。

遺伝銃には、マイクロ発射体が含まれ、核を含むあらゆる種類の細胞の形質転換にも役立ちます。また、ミトコンドリアや色素体などの特定の細胞小器官を形質転換することもできます。 (vedantu.com)


読みながら「へえ」と感心していました。

先ほどなんとなくふざけて書きました、

A 「えい」(プシュッ)
B 「何、今の?」
A 「これであなたの DNA は変更されました」
B 「いい加減にしろ」

というのも、それほど不可能ではないのですね。

A 「ミトコンドリアのほうも変えちゃいました」

とか。

B「誰の DNA 打ったんだよ」
A「それは秘密です」
B「やっぱりいい加減にしろ」

なお、先ほどの動画に出てくる専門家という方が、ベルリンのケミセル社のマグネトフェクションの製品ページから「これは決して人には用いないで下さい」という部分を紹介していましが、そのケミセル社のページを見てみますと、先日の記事世界の出来1805 合成遺伝子と磁気を用いた「外部からの生物の感情のコントロール」に関する論文でも出てきました

「流体磁性ポリエチレングリコール」

などいうものも取り扱っているその会社でした。記事では、アメリカのバイオテクノロジー製品の会社」と書きましたが、ドイツの会社の間違いだったようです。

ここのカタログは面白くて、最近よく見ていたのですが、マグネトフェクションの製品ページは見ていなかったです。

ケミセル社のマグネトフェクション試薬の製品ページはこちらです。

このページの冒頭の「製品のご案内」のところには以下のようにあります。

CombiMAG という製品についてです。

CombiMAGは、ポリカチオンや脂質などの市販のトランスフェクション試薬と組み合わせるように設計された磁性粒子製剤であり、プラスミド DNA、アンチセンスオリゴヌクレオチド、siRNA、またはウイルスと関連付けることができます。

それはあなたがあなたの好きなトランスフェクション試薬に基づいてあなた自身の磁気遺伝子ベクターを作成することを可能にします。 (Chemicell)


> あなた自身の磁気遺伝子ベクターを作成することを可能に

というのは名キャッチですね。

だだですね。

このケミセル社のマグネトフェクション試薬の製品ページを見ていて気づいたのですが、少なくとも、この会社の製品については、「ファイザー社のワクチンには使えない」ことがわかります。

確か、ファイザー社のワクチンは「マイナス 75度」だとかのかなりの低温で保存しなければならなかったと記憶しています。

しかし、ケミセル社のマグネトフェクション試薬の製品ページの「保管」についてには以下のようにあります。

保管:
・マグネトフェクション試薬キットのすべてのコンポーネントは、室温(20〜25°C)で保管する必要があります。最初の使用後、キットは+ 4°Cで保管してください。
・磁性ナノ粒子を凍結しないでください。


今、確認のためにファイザー社のワクチン保存温度のニュースを見てみましたら、以下のように変更されていたようです。日経の記事です。

ファイザーワクチン、日本でも通常冷凍保存に

米製薬大手ファイザーの日本法人は(3月)1日、日本での新型コロナウイルスワクチンの保存条件を緩和したと発表した。

これまではセ氏マイナス 75度前後での保存が不可欠としていたが、今後は同 20度前後で最長 14日保存できる。通常の冷凍温度帯での取り扱いが可能になることで、地方でのワクチンの輸送や診療所での保管が容易になりそうだ。 (日本経済新聞 2021/03/01)


マイナス 20度に変更されたということですかね。

それでも、このマグネトフェクション試薬には少し温度が低い気がします。

なお、ケミセル社のマグネトフェクション試薬のページにあるイラストは、なんかわかりやすい。実験皿の下から「市販の磁石」をくっつけてる(笑)。

マグネトフェクション試薬の商品ページから
magneto-chemicell-007.jpg

「やっぱり国産のものがほしい」という方には、日本の会社のマグネトフェクション試薬もあります。フナコシ株式会社に紹介ページht●●tps://www.funakoshi.co.jp/contents/604があります。このページには、各製品のデータシートもあり、参考になります。

このマグネトフェクションというのは、あくまで、細胞に DNA などを外から導入するためのものであり、「磁石がつく話」とは関係のないものですが、これらのことを調べている中で、やや興味深いことを見つけました。

遺伝子導入法であるマグネトフェクションには、「超常磁性酸化鉄ナノ粒子」というものが使われ、これは略称で SPION (スパイオン)と呼ばれるのですが、私は英語の略称が苦手ですので、日本語表記でいきます。

この超常磁性酸化鉄ナノ粒子は、もともとは、他のナノ粒子同様に、薬の送達補助として開発されてもいたわけですが、体内に入れた超常磁性酸化鉄ナノ粒子は、

「磁気を当てると、そこに集中的に集まり蓄積される性質がある」

ようなんですね。

以下の論文にこのような部分があります。

Superparamagnetic Iron Oxide Nanoparticle-Based Delivery Systems for Biotherapeutics
生物療法のための超常磁性酸化鉄ナノ粒子ベースの送達システム
ht●●tps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4167583/


> 磁性ナノ粒子で架橋されたヒドロゲルは、磁性ナノ粒子が磁場に向かって移動することによって圧縮される可能性があり、これにより、以下に示すように、カプセル化された生物療法の特定の放出が引き起こされる可能性がある。

難解な文字で説明するよりも、論文にあったイラストが何となくイメージを伝えているのではないかなと思います。

spion-magnet-001.jpg

spion-magnet-003.jpg

このメカニズムがあれば、小さな磁石ならくっつけることができるかもしれないですね。

ただ、保管温度の問題がまだ解決していないので……(どっちの立場だよ)。

ちなみに、この論文で使われている超常磁性酸化鉄ナノ粒子は「 combiMAG 」と書かれてありますので、先ほどのドイツのケミセル社の、

> あなた自身の磁気遺伝子ベクターを作成することを可能に

のキャッチのある製品ですね。

それにしても、こうなってくると、もはや医学の進歩なのだか、ひたすらマッドサイエンスなのだか、よくわからなくなる部分もありますが、ただ言えることは、

「やろうと思えば、いろいろとできる」

という時代になっていることは間違いないのかもしれません。

ただこの SPION という超常磁性酸化鉄ナノ粒子は、それそのものの「毒性」が、かなり問題でもあるのかもしれず、人間に導入する際には、かなり気をつけないと、以下の論文では、「遺伝子を損傷する可能性」にふれられています。

Potential toxicity of superparamagnetic iron oxide nanoparticles (SPION)
超常磁性酸化鉄ナノ粒子(SPION)の潜在的な毒性
ht●●tps://www.tandfonline.com/doi/full/10.3402/nano.v1i0.5358?src=recsys&


ただ、今後の世界で生きるためのひとつの掟として、「なるべく余計なものを体内に入れない」ということはあるかと思います。入っているものが「何をするのか」がよくわからないほど、テクノロジーは進歩しています。

最終更新:2021/06/22 22:36

2021/06/22 22:06

コルドバで100年ぶりに雪が降る、アルゼンチン

ウォッチャー2021年6月17日
argentina-snow-june-2021-f.jpg

アルゼンチンの一部、特にコルドバ市の住民は、2021年6月16日(水曜日)に雪の驚くべき光景に目覚めました。14年ぶりに白で覆われた。

1912年、1918年、1920年、1955年、1975年、2007年など、市内の雪は過去100年間にほとんど発生したと考えられています。

アルゼンチン国家気象局は、コルドバだけでなく、メンドーサ、サンルイス、サンファン、ラリオハ、カタマルカなどの高架地域でも降雪を報告しました。

高速道路警察は、国道と地方路線の一部の道路を閉鎖しなければならなかったが、重大な事件は報告されなかった。

気象サービスは、冬は6月21日月曜日にアルゼンチンで正式に始まると指摘しましたが、-2と5 °C(28.4と41 °F)の間の温度は一週間中予想されます。

E4A7QBrUcAEI1JM.jpg

E4A7QBhVcAIg8XP.jpg

E3_OPmNXoAA1tsV.jpg

E3_OPk4XoAAYVon.jpg


洪水、泥流、落石は、1日に半月近くの雨の後、ダゲスタンを襲った、ロシア

ウォッチャー2021年6月17日
2021年6月14日(月)、ロシアのダゲスタン共和国では、激しい雷雨が洪水、泥流、落石を引き起こしました。気象台によると、この地域は1日に21~33mm(0.8~1.3インチ)の雨が記録されており、これは6月の月平均の半分近くだという。

月曜日に大雨が降り、6月の平均の半分近くに相当した。

その結果、泥流と落石がいくつかの地区の11の道路を封鎖し、車両を一掃しました。当局はがれきのために運転手を再ルーティングしなければならなかった。

首都マハチカラでは、開いた窓に立っていた少女が落雷で死亡した。

ht●●tps://youtu.be/9VNFNHVbOE0


インドネシアでは今年、これまでに432人の自然災害が493人の命を奪った

ウォッチャー2021年6月17日
国家防災庁(BNPB)によると、2021年1月1日から2021年6月17日の間にインドネシアで起日した自然災害1件で68人が行方不明のままで、少なくとも493人が命を落とし、68人が行方不明のままだという。520万人が影響を受け、その多くは家の避難を余儀なくされた。

今年、インドネシアは洪水、土砂崩れ、旋風、森林火災などの自然災害に見舞われ、いずれも同国で一般的に報告されています。

1月1日から6月15日にかけて、少なくとも493人が災害で死亡し、68人が行方不明のままである。他に12 853人が負傷した。

今年の災害イベントは、135 187の家、2 920の公共施設、1 367の教育施設、1 207の礼拝所、346の保健施設、492のオフィスビル、282の橋に被害を与えました。

5 206 534人が影響を受け、その多くは他の場所に避難しなければならなかった。

国内各地で合計1,432件の自然災害が発生し、そのうち596件が洪水、395件の竜巻、291件の土砂崩れでした。

E4FlGApVIAAnCOF.jpg

国家防災庁(BNPB)によると、2021年1月1日から2021年6月17日の間にインドネシアで起日した自然災害1件で68人が行方不明のままで、少なくとも493人が命を落とし、68人が行方不明のままだという。520万人が影響を受け、その多くは家の避難を余儀なくされた。

今年、インドネシアは洪水、土砂崩れ、旋風、森林火災などの自然災害に見舞われ、いずれも同国で一般的に報告されています。

1月1日から6月15日にかけて、少なくとも493人が災害で死亡し、68人が行方不明のままである。他に12 853人が負傷した。

今年の災害イベントは、135 187の家、2 920の公共施設、1 367の教育施設、1 207の礼拝所、346の保健施設、492のオフィスビル、282の橋に被害を与えました。

5 206 534人が影響を受け、その多くは他の場所に避難しなければならなかった。

国内各地で合計1,432件の自然災害が発生し、そのうち596件が洪水、395件の竜巻、291件の土砂崩れでした。


国はまた、109の茂みと森林火災、摩耗と高波の20のイベント、19の悲惨な地震、および2つの乾燥した呪文を経験しました。

インドネシアが今年直面した最も致命的な大惨事の一つは、1月15日に西スラウェシ州のマムジュ地区とマジェネ地区を揺るがしたM6.2地震でした。

この震えにより、マムジュ、バラット、タパラン、シンボロ、カルーク、ケプラウアン、ボネハウなど、サブ地区の住民数人が死亡しました。

マムジュだけでも、地震は9 179軒の家屋に損害を与えました。

BNPBの広報担当ラディティア・ジャティ氏によると、このような自然災害に対するインドネシアの脆弱性を強調することで、人々は警戒を続けている。

ht●●tps://youtu.be/amS6bASZLRY

ht●●tps://youtu.be/Y31BdFzetwA

ht●●tps://youtu.be/I9GtXumgOW0


記録的な破り、長期的な熱波は、米国西部の大部分を支配しています。

ウォッチャー2021年6月18日
長続きする熱波は、2021年6月17日木曜日に米国西部の大部分で記録的な記録をもたらし続け、現在の干ばつ状況を悪化させている。米国気象局(NWS)は、4,000万人以上の住民が熱勧告または過度の熱警報を受けていると発表しました。

異常に早い熱波が西側の大部分に広がり、今週は300以上の記録的な高温が危機に瀕しています。少なくとも11の州は、37.7 °C(100°F)を超える温度を報告しています。

うだるような熱の爆発は6月13日(日曜日)に始まり、森林火災を増やし、大気質を劣化させ、一部の州では干ばつ状況を悪化させました。

6月15日火曜日、ユタ州ソルトレーク・シティーで水銀が41.7 °C(107 °F)に達し、歴史的な気温が観測されました。シェリダンとワイオミング州のララミーの41.7 °C(107 °F)。モンタナ州のビリングスで42.2 °C(108 °F)。

6月16日(水)、ラスベガスは46.6°C(116°F)の灼熱の気温を記録しました。

カリフォルニア州のデスバレーは、1913年に56.7°C(134°F)で世界で最も暑い気温を記録したことで知られており、今年の米国で最高気温の51.7°C(125°F)に達しました。

デンバーはまた、水曜日に2日連続で世紀のマークを打った - それは2回連続で約37.8°C(100°F)の温度を見たシーズンの最も早い。

ht●●tps://youtu.be/SftNc9NdFvE

長続きする熱波は、2021年6月17日木曜日に米国西部の大部分で記録的な記録をもたらし続け、現在の干ばつ状況を悪化させている。米国気象局(NWS)は、4,000万人以上の住民が熱勧告または過度の熱警報を受けていると発表しました。

異常に早い熱波が西側の大部分に広がり、今週は300以上の記録的な高温が危機に瀕しています。少なくとも11の州は、37.7 °C(100°F)を超える温度を報告しています。

うだるような熱の爆発は6月13日(日曜日)に始まり、森林火災を増やし、大気質を劣化させ、一部の州では干ばつ状況を悪化させました。

6月15日火曜日、ユタ州ソルトレーク・シティーで水銀が41.7 °C(107 °F)に達し、歴史的な気温が観測されました。シェリダンとワイオミング州のララミーの41.7 °C(107 °F)。モンタナ州のビリングスで42.2 °C(108 °F)。

6月16日(水)、ラスベガスは46.6°C(116°F)の灼熱の気温を記録しました。

カリフォルニア州のデスバレーは、1913年に56.7°C(134°F)で世界で最も暑い気温を記録したことで知られており、今年の米国で最高気温の51.7°C(125°F)に達しました。

デンバーはまた、水曜日に2日連続で世紀のマークを打った - それは2回連続で約37.8°C(100°F)の温度を見たシーズンの最も早い。

「今週アメリカ西部で見ているものは、100年以上の記録を破っており、広い地域に影響を与えているので、メガヒートウェーブと呼ぶのは快適です」と、ボイシ州立大学の教授モジタバ・サデグは言いました。

気象学者は、米国の気象関連の死亡者の主な原因である熱の強度と長寿が人々の健康に影響を与える可能性があることを恐れています。

「この大きさと熱の持続時間は危険です!「屋外暴露を制限し、十分な水を飲む」とNWSは6月17日木曜日、4,000万人以上の住民を熱勧告または過度の熱警報の下に置いたとして警告しました。

熱は西洋をつかむ歴史的な干ばつを激化させた。米国の干ばつモニターによると、土壌水分が一部の地域で120年以上に見られる最も低いレベルにあるため、地域のほぼ55%が例外的な干ばつにさらされています。予報官が西部の一部でさらなる乾燥した状態を予測するので、山火事も悪化する恐れがあります。

「私の期待は、今年は劇的な火災シーズンを迎えるということです」とSadeghは指摘しました。

6月18日金曜日、NWSは、米国西部と中央平野の大部分で危険で記録的な暑さが続くと警告しました。

「ヒートアドバイザリは、金曜日にセントラルプレーンズ/ミドルミシシッピバレーの一部でも有効です。この地域全体で平年を大きく上回る気温が予想され、カンザス州からアイオワ州、ミズーリ州まで記録的な高値が予想されています。

us-heat-june-18-2021(1).jpg

ht●●tps://youtu.be/8sJT4k4NlT0


ヨーロッパ上空でのノクチセント雲(NlC)の大規模な流行

ウォッチャー2021年6月22日
フランス、スペイン、ドイツを含むヨーロッパ上空で、ノクチセント雲(CLC)の大規模な流行が報告されました。これらの雲は通常、より高い緯度で見られるので、これらの緯度上のNlCは、夜空愛好家によると、まれであると考えられています。

先週、北極圏内の国々でNlCが観測されました。雲は突然中緯度の地域に向かって広がり、パリ、マドリード、ベルリン、その他のヨーロッパの首都の上に発見されました。

2021年6月20日、スペインのバレンシアまで南にNlCを撮影した写真家フランシスコ・ギルは、「これらの緯度からノクティカルな雲を観測することはかなり奇妙です」と述べています。

「確かにそうです。バレンシアは+39Nで、NlCがほとんど見られない緯度です」と、spaceweather.com のトニー・フィリップス博士は指摘しました。

「彼らの歴史のほとんどのために(NlCは19で発見されました番目世紀)、雲は主に北極圏の近くで発見されました。今、彼らは広がっています。

現在までに、NlCが発見された記録的な低緯度は、2019年6月にロサンゼルス(+34 N)を超えました。

ギルの目撃情報は、雲が再び30年代の緯度であることを示しています。これまでのところ、スペイン上空で最も低い目撃は、カラルアルト天文台(+37.5N)で記録されました。

Francisco-Gil-NLCs.jpg

bertrand-kulik-6M2A1264p_1624316908_lg.jpg

Gordon-Ward-NLC-21-06-2021-23_30-a_1624348565_lg.jpg

Paolo-Bardelli-01_1624313177_lg.jpg

ライプニッツ大気物理学研究所のゲルト・バウムガルテン博士は、「2007年に自分でカメラを設置して楽しんだ。

「その場所から最初のNLCをキャプチャするのに5年かかりましたが、2018年以来、毎年約2つのイベントを開催しています。

NlCは地球上で最も高い雲です。彼らは、夏の水蒸気のウィスプが83km(52マイル)で宇宙の端に上昇し、消散した隕石の周りに結晶化したときに形成されます。

フィリップス博士は、「見ると、文字通り曇った流星の煙の雲が見えます」と述べています。

「観測のヒント:太陽が地平線のすぐ下にあるときに、日没(または日の出前)から西へ30〜60分を見てください。青白の明るいテンドルが空に広がっているのを見たら、雲が雲に見えたかもしれません。

ht●●tps://youtu.be/XPuPOsVpAno

最終更新:2021/06/22 22:06

ページ上部へ

カレンダー

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月