【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2021/06/08 23:01

南極の爆発は、オーストラリア東部に強風、雪、洪水を誘発する雨

ウォッチャー投稿:ジュリー・セレスティアル 2021年6月8日

オーストラリア東部では寒さが落ち着き、複数の州で雪、強風、洪水を誘発する雨に非常に焦点を当てていると、気象局(BOM)は2021年6月8日火曜日に警告しました。野生の天候は、南極の寒さが南洋から押し上げ、ニューサウスウェールズ州、オーストラリア首都特別地域、ビクトリア州、タスマニア州、クイーンズランド州全域で警告を促した結果です。

ビクトリア州では、6月7日(月)にブラー山で約80km(時速50マイル)の突風と氷点下の突風が吹雪を引き起こしましたが、州周辺の気温は10°C(50°F)を下回りました。アデレードの東、重いあられはマウントロフティ山脈の通りを覆いました。

南極大陸発祥の強力な寒冷前線は、NSW上に遮断された低気圧を作り出すと予想され、徐々に東に移動し、ビクトリア州、ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州南部で雨、雪、さらにはあられを生み出します。

「冬はよく、本当にここにあります」と、気象学者ジョナソン・ハウは火曜日に言いました。

「今日、南オーストラリア、ビクトリア、タスマニアは、たくさんのあられとシャワーを浴びる雨の多い寒い天候を見るつもりです。

「水曜日と木曜日(6月9日と10日)はシドニーにとって最も寒いでしょう。「木曜日に14、西シドニーを通って12」と、彼は続けました。

寒冷前線は南オーストラリア州、タスマニア州、ビクトリア州で強力な風をもたらし、一部の地域では最大100km/h(時速62マイル)の突風が可能です。

前線の通路と低気圧はまた、今週SA、NSW、ACT、ビクトリア、タスマニア、クイーンズランド州南部に広範囲にわたる雨を引き起こすでしょう。

システムがタスマン海に向かう水曜日にビクトリア州と南東部のNSWの上で大雨と雷雨が発生する可能性があります。

「途中で雨天が多く、週の後半にギップスランド全域で洪水が発生する可能性があるので、警告に目を光らせておいてください」とHow氏は付け加えました。

antarctic-blast-au-june-8-2021.jpg
2021年6月8日05:30

水曜日から木曜日まで一晩でわずか12時間で最大200 mm(8インチ)の雨が降る可能性があります。

南と南東部の多くの地域は、今週少なくとも2日間氷点下の気温を震え、南オーストラリア州から始まり、水曜日と木曜日にさらに北と東に広がると予想されています。

雪はまた、ニューサウスウェールズ州中部と北部の範囲とテーブルランドを拡張し、クイーンズランド州南部でも雪が降る可能性があります。

「明日と木曜日に花崗岩帯を横切って雪のフラリーを見ることができ、多くのクイーンズランダーのために途中で冷ややかな夜を過ごすことができます。

「有害な風の警告は、南オーストラリア州と西ビクトリア州で現在です」と、BOMが言いました。

同時に、タスマニア北部では小さな洪水で洪水監視が行われ、ビクトリア東部では小規模な洪水が発生する可能性が高いことを期待しています。

「特にビクトリア東部とニューサウスウェールズ州南東部の状況が進化するにつれて、さらなる警告が出されるので、最新情報を必ずご確認ください。

ht●●tps://youtu.be/Sdg2EbWEOHk

ht●●tps://youtu.be/HViZv5Eu4vg

最終更新:2021/06/08 23:01

2021/06/08 22:07

mRNAコロナワクチンの開発者が「私たちは間違いを犯しました。あれは単に毒素です」とメディアに語る。研究者たちがそれを知ったのは「日本から流出した」ファイザー社の動物試験極秘文書より

2021年6月2日
※ タイトルにあります「ファイザー社の極秘動物試験文書」とは、前回の記事世界の出来1792 コロナが、あるいはそのスパイクタンパク質が「もともと生殖不全を引き起こす可能性のあるの後半でご紹介したもので、これは非公開のものだったようで、最初その日本語版が流出したようです。

今回ご紹介しますのは、新型コロナワクチン開発の研究助成を政府から受けていたカナダのワクチン専門家が、最近の研究文書(前回の記事のファイザー文書)の発覚により、「ワクチン由来のスパイクタンパク質そのものが毒素だと認めざるを得ません」と、アメリカのカトリック系サイトに語ったことに関しての記事です。

すなわち、

「コロナワクチンは、直接人々にその毒素(スパイクタンパク質)を生成するものを注入している」

と。

「単に毒素を注射している」

私たちは、今のパンデミックの疾患をずっと「新型コロナウイルス感染症 (Covid-19)」というように言い続けて、通常のウイルス気道感染症のように、「感染したウイルスが身体に悪さをする」というように思い続けていました。

しかし、今となれば、これは、「スパイクタンパク質感染症」であり、そしてその病態の本質は、気道感染症ではなく、

「血液の疾患」

あるいは、「神経系疾患」であるということがはっきりとしてきています。

その悪さをしているのは、「ほぼスパイクタンパク質」であるわけで、それは血流から全身に循環するわけですから、最初に病変が出るのが血液、それに(脳や心臓を含む)血管であることはさほど奇妙なことではないと思われます。

新型コロナウイルスが「血液の病気である」ことは、昨年以来、反主流の科学者ではなくとも多く方々が述べていまして、ごく普通のメディアでも取り上げられていました。以下は、アメリカ政府からも資金援助を受けている「ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)」の 2020年11月の記事「血栓、脳卒中、発疹。COVID-19は血管の病気なのか?」という報道からの抜粋です。

2020年11月5日の米国 NPR の報道より

今年の夏に発表された研究で、血管生物学者のウィリアム・リー博士と国際的な研究者チームは、新型コロナウイルスで死亡した人々の肺組織をインフルエンザで死亡した人々の肺組織と比較した。

新型コロナウイルス患者の肺組織には、インフルエンザ患者の肺組織に比べて 9倍の小さな血栓 (微小血栓) があり、新型コロナウイルスに感染した肺も「重度の内皮損傷」を示した。

博士は以下のように言う。

「驚いたのは、この新型コロナウイルスが血管の内側を覆う細胞に直線のラインを作り、細胞を満たし、そして細胞を内側から破砕することを見出したことです。その内層の損傷により、血管が閉塞し、血栓が形成されていることがわかりました」

新型コロナウイルスは、体のいたるところにある ACE2と呼ばれる特定の受容体を介して細胞に侵入することがすでに知られている。

しかし、科学者たちは依然として、このウイルスがどのようにして一連の血液事象を引き起こし、血管に多くの破壊をもたらすかをまだ理解していない。リー博士は、このウイルスが内皮細胞を直接攻撃するという説があるという。(NPR)


その後、これらの「血管と関係する全身の損傷」は、「主にスパイクタンパク質によって起きている」ことがわかってきています。

スパイクタンパク質は、血流によって、ほぼ全身の器官や臓器に到達します。

こちらの記事に、科学誌ネイチャーの論文を引用した記事の一部を翻訳していますが、以下のようにあります。

ネイチャー・ニューロサイエンスに公開された研究では、マウスに注入された COVID-19 スパイクタンパク質は血液脳関門を容易に通過し、検査された 11の脳領域すべてで発見された。

研究者たちは、脳へのそのような広範な侵入が、脳炎、呼吸困難、無嗅覚症などのスパイクタンパク質の多様な神経学的影響を説明できることを認めた。

注入されたスパイクタンパク質は、肺、脾臓、腎臓、肝臓にも見られた 。(Defender)


そして結局、問題なのは、

「コロナワクチンは、この有害なスパイクタンパク質を作り出す遺伝子を注射している」

ということです。

つまり、先ほどの NPR の記事にあります、

> 一連の血液事象を引き起こし、血管に多くの破壊をもたらす

とか、

> このウイルスが内皮細胞を直接攻撃する

というのは、コロナウイルスのスパイクタンパク質が引き起こしているものですが、ワクチンの mRNA が作るスパイクタンパク質も原理は同じはずです(違っていたら訳がわからない)。

身体を攻撃することがわかっているものを生産する成分を打ち込んでいる。

本来は異常なことですよ。

また、前回の以下の記事にも書きしたように、 mRNA の分布濃度は、肝臓、脾臓、そして卵巣と副腎に非常に多く示されています。実際は、眼からも唾液腺からも骨髄からも、あるいは「皮膚表面」からも胸腺からも、あらゆるところから検出されていました。

世界の出来1792 コロナが、あるいはそのスパイクタンパク質が「もともと生殖不全を引き起こす可能性のある

若い女性などの場合、卵巣に何かの影響を受けた場合、取り返しのつかないことになりかねない。

とは思いますが、実際に進行しているものに対しては、もう「どうして?」とか「それはよくないことだ」というように言っても仕方ないわけで、あとは少しでも、それを思いとどまる人が増えるか、あるいは行列に並ばなかった人たちが、今後、自分をどう防御していくかというようなことに話は移行しています。

もう接種は世界で十数億回、日本でも、6月2日に 100万回(人)を超えました。

日本でも大学生への接種が始まると報じられていて、上皇さまと美智子さまなどは「もう接種された」そうです。報じられていました。

すごいことですよ。

歴史的なリセット局面にいることは間違いないと思います。

今の状況がすぐに変わるとは思えない中、今後数年、10年などにおいて明るい未来は考えにくいことになっていますが、すべての事態は「ゆっくり」と進行するはずですので、起きている事態はわかりにくいしですし、表面にも出にくいとは思います。

ゆっくりと「まったく別の世界になっていく」ような。

そんなわけで、アメリカのカトリック系サイトが、カナダのワクチン専門家にインタビューした記事を載せさせていただきます。この専門家は、mRNA コロナワクチン開発で政府からの援助金を受けていた方です。流出したファイザーの文書を見て「はじめて、ことの重大性に気づいた」と語っていました。

なお、今回の記事で知ったのですが、前回の記事 世界の出来1792で取り上げましたファイザー社の動物試験での「薬物動態試験の概要」という文書は、なんと「日本の当局から流出した」もののようです。基本的に「非公開」の文書だったようです。

前回の記事で取りあげたのは、英語版でしたが、以下のリンクに「日本語版」があります。お読みいただければと思います。データ部分は英語のままですが、説明はすべて日本語で書かれています。わりと「黒くぬりつぶされた部分」がありますが、全体としては読めるものだと思います。

SARS-CoV-2 mRNA Vaccine (BNT162, PF-07302048) 2.6.4 薬物動態試験の概要文
ht●●tps://self23.com/pfizer-report-japanese.pdf


日本政府あるいは日本の保健当局は、この内容を知っていてそれを公開しなかったということは……おぬしらまさか知っていて……ということになるのですかね。

ここから記事です。

カナダのワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパク質は危険な「毒素」だと語る
Vaccine researcher admits ‘big mistake,’ says spike protein is dangerous ‘toxin’
Life Site News 2021/05/31

新しい研究は、COVID-19ワクチン接種からのコロナウイルス・スパイクタンパク質が予期せず血流に入ることを示しているとカナダの癌ワクチン研究者は述べる。

「私たちは大きな間違いを犯しました」

ウイルス免疫学者でカナダ・オンタリオ州ゲルフ大学のバイラム・ブライドル准教授は、インタビューでこのように述べ、「恐ろしいことです」と警告した。

ブライドル准教授は、以下のように言う。

「私たちは、スパイクタンパク質が優れた標的抗原であると考えていましたが、スパイクタンパク質自体が毒素であり、病原性タンパク質であるとは知らなかったのです。つまり人々にワクチンを接種することで、誤って毒素を接種してしまうことになってしまうのです」

ブライドル准教授は昨年、COVIDワクチン開発の研究のために 23万ドル(約 2500万円)の政府助成金を授与されたワクチン研究者だが、准教授は、ファイザー社ワクチンの「生体内分布研究」と呼ばれる文書へのアクセスを得るために日本の規制当局に情報を要求した。

ブライドル准教授は述べる。

「これらのメッセンジャー RNAワクチン成分が、ワクチン接種後にどこに行くのかを知るのは、実は科学者たちにとってもこれが初めてだったのです。その文書が示していることは安全な側面だったでしょうか? まったく違うのです。私はとても当惑しています」

ワクチン研究者たちは、それまで、mRNA ワクチンが「従来の」ワクチンのように動作すると考えていた。つまり、深刻な症状の原因となるワクチンのスパイクタンパク質は、筋肉の注射部位に留まるものだと想定していた。

ところが、日本から得たファイザーのデータは、スパイクタンパク質が血液に入り、ワクチン接種後、数日間循環し、脾臓、骨髄、肝臓、副腎などの臓器や組織に蓄積することを示していた。そして、卵巣にも非常に高い濃度で蓄積されていた。

「スパイクタンパク質が病原性タンパク質であることは以前から知られていました。それは毒素です。それが循環に入ると、私たちの体に損傷を与える可能性があります」とブライドル准教授は述べる。

血液凝固や出血など、COVID-19を引き起こすウイルスである SARS-CoV-2の最も深刻な影響は、ウイルス自体のスパイクタンパク質の影響によることが多数の研究によって示されている。

「科学界で発見されたのは、スパイクタンパク質自体が循環器系への損傷のほぼ完全な原因であるということです」と、ブライドル准教授は語った。

精製されたスパイクタンパク質を血流に注入した動物での実験では、動物が心血管障害を発症し、さらにスパイクタンパク質が血液脳関門を通過して脳に損傷を与えることも実証されている。

ブライドル准教授によると、科学者たちの考えの重大な間違いは、「スパイクタンパク質は血液循環に入らない」という考えだった。「現在、ワクチン自体とスパイクタンパク質が血液循環に入るという明確な証拠があります」と彼は言う。

心臓と脳への影響

日本から流出したこの動物試験のデータについて、米マサチューセッツ工科大学の上級研究科学者であるステファニー・セネフ氏は以下のように言う。

「ワクチン mRNAの生体内分布を追跡したファイザーのこのリークされた研究結果の内容は驚くべきことではありませんが、その意味は恐ろしいものです」

「ワクチンの成分が、脾臓、卵巣や副腎を含む腺に送達されていることが、今では明らかとなりました。放出されたスパイクタンパク質は培地中に放出され、最終的に血流に到達して全身に損傷を与えます。ACE2受容体は心臓と脳で一般的であり、これがスパイクタンパク質が心血管障害や認知障害を引き起こす仕組みです」


アメリカの小児リウマチ専門医の J. パトリック・ウィーラン氏は、アメリカ食品医薬品局(FDA)のワクチン諮問委員会に対し、COVID ワクチンのスパイクタンパク質が微小血管損傷を引き起こし、肝臓、心臓、脳に損傷を与える可能性があると警告した。

ウィーラン氏は以下のように語っている。

「何億人もの人々が他の臓器に影響するスパイクタンパク質ベースのワクチンの意図しない影響を短期間で認識できなかった結果、脳や心臓の微小血管系に長期的または永続的な損傷を被る可能性があります」

ブライドル准教授は、血液循環におけるワクチンが誘発したスパイクタンパク質の発見は、献血プログラムに影響を与えると述べている。

ワクチン科学者たちはまた、母親が予防接種を受けた授乳中の乳児が母乳からスパイクタンパク質を取得するリスクがあることをこの日本から流出した極秘データが示唆していると述べた。

「血液中のタンパク質はすべて母乳に濃縮されるのです」とブライドル准教授は述べる。

このデータは、精巣と卵巣でも高濃度のスパイクタンパク質が見つかったことを示している。

ブライドル准教授は、以下のように疑問を投げかける。

「若い人たちを不妊にでもしたいのでしょうか?」

私たちは、カナダの公衆衛生局に、ブライドル准教授らカナダのワクチン学者たちの懸念への対応を求めたが、カナダ当局からは今のところ回答を得られていない。

最終更新:2021/06/08 22:07

ページ上部へ

カレンダー

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

今月