【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

日別記事一覧

2021/04/02 23:56

[再活] 2030アジェンダ国連採択で世界市民・総監視社会へ

2015年10月03日 2021/04/02
mag20151002-1.jpg

17の「グローバルな目標」の本当の意味

結局、誰が世界中から飢餓をなくしたい、と思っているのかですって?
本当に、そう思っているのであれば、今すぐにも飢餓をなくすことができるはずです。

大事なことは、言葉の裏の意味を洞察し、実際は、何が言われているのか、その真意をつきとめることです。

「17項目のグローバルな目標」で実際に言われていることは、エリートたちが、「ワン・ワールド・システム」を、次の段階に進めたいということです。

以下は、Truthstream Mediaからのものです。「現在削除されています。」

私たちみんなが理解できるように、これらの17項目の新しい「グローバルな目標」を咀嚼してくれています。

アメリカにも、霞が関文学があるように、「グローバルな目標」についても、後々いかようにもイクスキューズができるように、概念的な表現にして一般人に理解できないようにしているのです。

以下、目標)は、文書の原文ママの訳。
意味)は、現実に進められていることに照らして分かりやすいように咀嚼しなおしたもの。

目標1)
「あわゆる場所で、すべての貧困を終わらせる」。
意味1)
(資本が)集中化した銀行、世界通貨基金(IMF)、世界銀行、すべてのファイナンスをコントロールする連邦制度準備理事会(Fed)、キャッシュレス社会のデジタル世界通貨を実現すると言っている。

目標2)
「飢餓を終わりにして、食料の安全保障と栄養改善を実現し、持続可能な農業を推進する」。
意味2)
つまり、GMO(遺伝子組み換え)のこと。それを世界中の人々に食べさせることを目標にしている、ということ。

目標3)
「健康的な生活を確かなものにして、すべての年齢層の人たちに健康と幸福を促進する」。
意味3)
大規模な“予防”接種と食品規格。(問題は、化学物質がふんだんに含まれている食品でも、「健康と幸福を促進する」基準に合致している、と世界政府が言うこと。

目標4)
「包括的で公正な品質の教育を確実なものとし、生涯学習機会を促進する」。
意味4)
国連のプロバガンダ、“揺りかごから墓場まで”の義務教育を通しての洗脳。

目標5)
「男女平等を成し遂げ、すべての婦人と女子に公的な権限を与える」。
意味5)
強制的な家族計画を通じて人口を抑制する。

目標6)
「すべての人々のために有効性と水と公衆衛生の持続可能な管理を確かなものにする」。
意味6)
すべての水源を民営化して、フッ化物を加えるのを忘れてはならない。
フッ化物は、脳の中心部にある松果体を石灰化させます。「松果体の石灰化」で記事を検索して自分で調べてください)

目標7)
「すべての人々が、入手可能で信頼できる持続可能な現代のエネルギーに確実にアクセスできるようにする」。
意味7)
すべてに、夏場などのピーク時特別料金設定のスマートメーターを設置した電力網にアクセスさせる。

目標8)
「すべてに十分で生産的な雇用と相応の仕事が提供され、包括的で持続可能な経済を促進する」。
意味8)
巨大企業に利益誘導するための自由貿易圏ーつまり、TPPのこと。また、これからもTPPのような条約をいくつも作って推進すること。
(それは、多国籍企業に国富が吸い取られることを意味しており、ひいては、多国籍企業の大株主であり、実質的なオーナーである国際金融マフィアのふところにはいっていく)

目標9)
「強力な基盤を構築して、包括的で持続可能な工業化を促進し、革新を促進する」。
意味9)
有料道路化、公共交通化を推し進め、自由な旅行や環境規制を撤廃する(自由に移動できなくなる、ということ)。

目標10)
「国の内部、国同士の間での不平等を減じる」。
意味10)
突然変異のタコ(の足の広がり)のような、より細かで地域的な官僚政治。

mag20151002-2.jpg

目標11)
「都市と人間居住地を包括的で確実、強固に持続可能にしていく」。
意味11)
ビッグブラザーとビッグデータによる監視社会を行き渡らせる、という意味。

目標12)
「持続可能な消費と生産パターンを確実なものにする」。
意味12)
耐乏生活の強制と同じ意味。

目標13)
「気候変動とその影響と戦うために、緊急措置をとる」。
意味13)
キャップ・アンド・トレードと炭素税・炭素クレジット、カーボンフットプリント税のこと。すべては「地球環境保護」の美名の下で行われる詐欺的犯罪。

目標14)
「持続可能な開発のために、大洋、海と海洋資源を保全しつつ使用する」。
意味14)
環境規制によって、海底採掘権を含む、海底に至るまでのすべての海をコントロールするということ。

目標15)
「地球の生態系を保護し、回復させ、持続的な使用を促進し、森林を持続可能なように管理し、砂漠化と戦い、土地の荒廃と生物多様性の減少を食い止めること」。
意味15)
資源と採掘権をさらに抑制し、規制を強化すること。

目標16)
「持続可能な開発のため、平和的で包括的な社会を促進し、すべてのために公正と正義へのアクセスを提供し、すべての点において、効果的で説明しうる包括的な施設を建設する」。
意味16)
緊張が、地域をより細かくコントロールし、アメリカで法の第二改正が、いったん見送られるようになる時、「国連平和維持」のミッション、国際司法裁判所、 偽装難民危機とともになだれ込む難民などの問題が、それに代わってさらなる「国連平和維持」の名の下に調整されるようになる。

目標17)
「実行するための手段を強化し、持続可能な開発のためのグルーバルなパートナーシップに新しい活力を入れる」。
意味17)
世界中の国々から国家主権を取り除き、官憲当局と、ジョージ・オーウェル風の権限が拡大・肥大化した国連の官僚機構の下で、グローバリズムを促進する。

あくまで噂がですが、最後に18番目があるらしいです。

多分…日曜休業令だと思います。

日本人はピンとこないと思いますが、とんでもない事なのです。

何故か? 自分で調べて下さい。

もし18番目が日曜休業令でしたら、全世界共産主義化になる可能性があります。

調べれば調べるほど、この「グローバルな目標」が、陰険で狡猾なものであるかが分かるはずです。

世界は、一つの世界統一宗教の高まりの初期を目撃しています。

そして、地球上の多くの人々は、最終的に世界統一宗教を受け入れてしまいそうです。

多くの洗脳されたクリスチャンにとっては、これが最後の目覚めのチャンスです。

最終更新:2021/08/13 19:14

2021/04/02 22:54

フランスがパンデミック以来、同国として初めてとなる「全土ロックダウン」へ。強硬な移動制限と完全な夜間外出禁止令が敷かれ、学校もすべて閉鎖

2021年4月1日
フランスは、3月初旬に、フランス全土の3分の1以上を対象とする第二次ロックダウン(地域封鎖)を行っていましたが、それ以来、感染確認数の拡大が収まらず、3月31日、フランス大統領は、

「フランス全土のロックダウンを開始する」

と発表しました。フランスで、全国を対象にしたロックダウンが施されるのは、パンデミックが始まって以来初めてとなります。

フランス、全国を対象に3度目のロックダウン入り 学校も閉鎖

フランスのマクロン大統領は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、パリなどに適用していたロックダウン(都市封鎖)措置を全国に拡大すると発表した。

ロックダウンの全国的な発動は昨年11月に続き3度目。4月3日から最低1カ月間継続するほか、学校も今週末以降3週間閉鎖する。

マクロン氏はテレビ演説で「今行動しないと制御不能になる。ロックダウンはウイルス感染のスピードを抑える最適な方法だ」と述べ、国民に理解を求めた。 (ロイター 2021/04/01)


これまで、全土の3分の1のロックダウンを行っていた中で感染拡大に歯止めがかかっていないのに、マクロン大統領は、

「ロックダウンはウイルス感染のスピードを抑える最適な方法だ」

気の狂った発言で「国民に理解を求めた」ようです。

これはおそらく、「自分は正気を失っていて、数字の計算もあまりできないので、それらについては見守ってほしい」という意味での、国民への理解を求める形となっているのかもしれません。

そのフランスの感染確認数の推移は、以下のようになります。比較で欧州連合の推移も合わせていますが、おおむね同じような推移です。

人口100万人あたりの新型コロナウイルス感染確認数の推移
fr-eu-0330.jpg

フランスは、昨年夏以降で最も新たな感染確認数が少なかった 12月初旬のおよそ 7倍ほどの新たな感染確認数となっており、1ヶ月ほど前から見ても倍近くになっています。

この多くの期間にパリ首都圏を含む地域でロックダウンを実施していたにも関わらずです。

それでも、ロックダウンを「拡大、強化」する。

フランス政府のウェブサイトを見てみますと、全土のロックダウンは 4月3日から 4週間続く(暫定)となっています。

その政府ウェブサイトに記載されているのは以下の通りです。

2021年4月1日のフランス政府ウェブサイト「コロナウイルス情報」より

現在、19部門の省庁と機関の権限による移動制限は 4月3日から 4週間の期間、フランス全体に拡張されます。

その要項は以下のようになります。

・やむを得ない理由がない限り、10キロメートルを超える日中の移動は禁止(移動には証明書の提示が必要)。

・午後7時から夜間外出禁止令が発令されます。夜間外出禁止令には、夕方の午後7時から翌朝6時まで国土全体に適用されます。夜間外出のためには証明書を提示する義務があります。

・証明書のない外出や旅行は、午後7時から午前6時まで禁止されており、繰り返し違反した場合は 135ユーロ(約1万7000円)から最大 3,750ユーロ (約 48万円)の罰金が科せられます。

・開業を許可されている施設も、午後7時以降は人々の入場はできません。

・4月5日以降は、やむを得ない理由を除いて、異なる地域間の移動は許可されません。


このような措置が 4月3日から、「まず」1ヶ月継続されます。

しかし、日本の最近の緊急事態宣言を見てもわかりますように、状態が改善しない場合、ロックダウンが解除されることはないと思われます。

フランスのコロナワクチン接種数は 1,000万回を超えており(フランスの人口は 6700万人)、ワクチン接種可能年齢層の 5分の1程度は、少なくとも 1回目の接種を受けていることになりそうですが、その中でこのような「感染確認数の急増」が見られているようです。

これで、大部分の人たちのワクチン接種が終わった後にどうなるのか、ということがあります。

それでも感染拡大や死者数の増加が止まらなければ、次の手は何でしょうかね。

ちなみに、以前、In Deep のメルマガで、昨年 10月に流出したとされるカナダ自由党の委員が記した「ロックダウン計画」についてご紹介したことがありましたが、フランスも「そこに書かれてある通りの時間的推移」となっていてます。

抜粋しますと、流出メールとされる文章には以下のように書かれていました。

予測される COVID-19 変異および/または二次ウイルスとの同時感染は、はるかに高い死亡率と高い感染率を伴う第三波につながります。

COVID-19 および COVID-21 に関連する毎日の新しい症例は、医療施設の収容能力を超えます。これは、2021年の第1四半期から第2四半期にかけて起きます。

強化されたロックダウン制限が実施されます。これには完全な移動と旅行の制限が課せられます(州間および都市間を含みます)。これは 2021年第2四半期中に予定されています。


この流出したとされるメールによれば、次はサプライチェーンの崩壊と、移動の長期間の制限となっていました。

どうなるでしょうか。

最終更新:2021/04/02 22:54

ページ上部へ

カレンダー

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月