【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2020/10/23 22:30

早い季節の冬の嵐が米国北部を襲い、降雪記録を破る

投稿者ジュリー・セレスティアル 10月 21日
snowstorm-us-oct-2020.jpg

今週、米国北部の一部で冬の嵐が発生し、大雪で1100件以上の交通事故が報告されたモンタナ州、アイオワ州、ミネソタ州で多数の降雪記録を破りました。深まる上層トラフと冷たいカナダの空気の急増は、おそらくテキサス州まで南に、来週初めまで、さらに別の早い季節の冬の嵐とより多くの雪のラウンドの舞台を設定しました。

モンタナ州は10月19日(月)まで最大35cm(14インチ)の雪で最も大きな打撃を受け、10月の降雪記録を数多く更新しました。

これには、10月18日(日曜日)に20.8 cm(8.2インチ)の最も重い毎日10月の降雪が含まれていました。月曜日に25.4 cm(10インチ)の最大10月の雪の深さ、2019年に設定された過去の記録を破った。シーズン最早の積雪深度は、2012年11月9日に記録されました。

アイオワ州の雪の2ラウンドが一部を覆いました。日曜日、デモインは記録上2番目に早い雪を記録しました(1885年以来)。月曜日、アイオワ州中部と東部は最大22.9cm(9インチ)の雪を登録しました- アンケニーで記録的に最も雪の多い10月の日。

火曜日の吹雪は、140年間でミネソタ州で最大の初期の嵐でした。WCCO-TV気象学者クリス・シェイファーは、これは1991年のハロウィーンの吹雪に続いて、10月に2番目に大きな降雪だったと言いました。

レイクビルは22.8cm(9インチ)の雪、花崗岩の滝22.6 cm(8.9インチ)、レッドウィング20 cm(8インチ)、ミネアポリスセントポール空港18.8cm(7.4インチ)を登録しました。

州全体で1100以上のクラッシュとスピンアウトが報告されました。何十人もの人々が負傷したが、死傷者は出なかった。

33,000人以上の住民のために停電しました。火曜日の遅くまでに、8,000以上が電気なしで残りました。

ht●●tps://youtu.be/qKY1cyqijQE

ht●●tps://youtu.be/isoobC2Ox1w

ht●●tps://youtu.be/xxYUG5qJpXg

「中西部の火曜日の吹雪のかかとに続いて、深まる上層トラフと冷たいカナダの空気の急増は、さらに別の初期の冬の嵐の舞台を設定します」と、NWS予報士マリナックスが指摘しました。

雪のシャワーは、10月21日水曜日の後半にダコタスの一部に北部ロッキー山脈から発達すると予測されています。

水曜日遅くから木曜日にかけて北部の高平野で発達中の表面低気圧が強化されるにつれて、降雪率は北部のロッキー山脈と平原全体に拡大し、北部のアブサロカ山脈とビッグホーン山脈で最も重い合計が発生する可能性が高くなります。

また、20cm(8インチ)以上が可能なダコタスとミネソタ州北部の一部で、10月21日木曜日に大きな降雪が発生する可能性もあります。

20201023-222605.jpg

「金曜日まで続く平年をはるかに下回る気温と共に、これらの被災地で危険な旅行条件と貧しい視力を期待してください」と、マリナックスが言いました。

金曜日までこれらの地域でいくつかの毎日の記録的な寒さの高値/安値が可能である、と彼は付け加えました。

気温の急落は大平原に南下し、最終的には10月23日金曜日の朝(LT)までに西テキサスに到達すると予測されています。

20201023-222828.jpg

この冬の嵐システムはまた、豪雨を含みます。今日、中西部と北部の五大湖を通過し、木曜日に最も大きな降雨量が発生すると予想されています。

最終更新:2020/10/23 22:30

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2020/10/23 21:51

韓国でインフルエンザワクチン接種後の死亡例が相次ぐ。現在までに13人が死亡。基礎疾患のない男子高校生も含まれる

2020年10月22日
韓国では、今年、インフルエンザワクチンの接種が無料とされているようで、多くの人たちが接種を受けているようですが、予防接種を受けた人が次々と亡くなるという事態が発生しています。

10月22日までに 13人がワクチン接種後に亡くなったようですが、報道によれば、基礎疾患のない 17歳の男子高校生も含まれていたということで、韓国では不安が広がっているようです。

死亡例が出ているインフルエンザワクチンは、すべて韓国製のワクチンで、さまざまなメーカーのものがあるようですが、こちらの報道では「韓国ワクチン社」が製造した Kovax Influ 4ga PF Injection という季節性インフルエンザワクチンの製造番号 PT200802 となっていて、韓国のこちらの報道では、LG化学社のインフルエンザワクチンとなっていて、複数のメーカーのもので問題が起きているようです。

ワクチン接種後の副作用とみられる異常反応は、韓国の報道によれば、10月20日までに 431件の報告があり、内訳は、

・症状別局所反応 111件
・アレルギー反応 119件
・発熱 93件
・その他 104件


となっていまして、その後も増えているとみられます。

しかし、韓国の保健当局は、緊急会議の結果として、「ワクチンの安全性に問題はない」として、ワクチン接種の続行を決定しています。

一時中止という措置も取らないようです。

何だか、予防接種も命がけとなってきているようです。

これらについて、韓国 UPI ニュースの報道をご紹介します。

インフルエンザワクチン接種後の死亡例が13人に増えたが、保健当局は「接種は続ける」と発表

UPI 2020/10/22
インフルエンザワクチン接種後に死亡した人が 13人に増えた。

韓国保健当局は、死亡者のうち 2人はアナフィラキシーの可能性があり、他の事例も調査中だと明らかにした。しかし、保健当局は、ワクチン自体の異常ではないと判断し、無料の予防接種を継続することを決定した。

予防接種後の死者が増え続けていることを受けて、10月21日、韓国疾病管理庁は緊急ブリーフィングを行い、インフルエンザワクチンを接種した後に死亡したケースが 9件と明らかにした。その後、さらに 4人が死亡し、10月22日午前現在、インフルエンザワクチン関連の死亡者は 13人に増えた。

大田市によると、22日午前、大田市に住む女性 B さん(79)が死亡した。この女性は、 19日に耳鼻咽喉科医院で韓国ワクチン社のインフルエンザワクチンの接種を受けた。当日の午後 8時から激しい嘔吐・発熱の症状を示し、翌日の昼頃、呼吸困難の症状などで意識を失って搬送された後、死亡した。基礎疾患はなかった。

韓国疾病管理庁によると、インフルエンザワクチン接種後の異常反応は、20日の時点で 431件報告されているとした。症状別では、局所反応 111件、アレルギー 119件、発熱 93件、その他 104件と報告された。

死亡事例 9件のうち 7件の疫学調査を進めており、2件は遺族側が異常反応ではなく、他の原因で死亡したと判断するという意見を表明したと伝えられた。

韓国疾病管理庁長官は、死亡事例について、「まだ調査は進行中だが、数件の局所異常反応以外に、重症の副作用は確認されていない」と説明した。

同時に、「特定のワクチンで重症以上の反応事例が多く報告されていない点などを考慮すると、完全予防接種を中断するほどの状況ではないと判断した」と会議の結果を発表した。

疾病管理庁長官は以下のように国民に呼びかけた。

「予防接種は、健康状態が良い日に受けていただくようにして下さい。接種後は、空気と水分を十分に摂取し、接種の予診では、医師に病気の症状があるか、基礎疾患や慢性疾患があるかどうかなどを必ず医療関係者に知らせてください」

「多くの国民の方々が予防接種に不安を感じていることは知っています。今後、専門家の意見と地方自治体の調査結果をまとめて迅速かつ透過的に調査し、安全な接種になるように管理していきます」

最終更新:2020/10/23 21:51

2020/10/23 21:47

デンマークで毛皮用のミンクにコロナウイルス感染が確認され、「250万頭」の殺処分が進行中

2020年10月19日
mink-63m-cull.jpg

新型コロナウイルスは、いくつかの種類の哺乳類にも感染することが知られていますが、デンマークの 63カ所の毛皮農場でコロナウイルスに感染したミンクが確認されたことで、それらの毛皮農場の 250万頭のミンクを殺処分が進んでいることが報じられていました。

ミンクからコロナウイルスが発見されたのは、10月に入ってからで、そして、デンマーク獣医食品局による殺処分は、10月8日から開始されています。

minks-demark-002.jpg

デンマークは、世界最大のミンクの毛皮の輸出国のひとつなのだそうで、年間 1700万頭にものぼるミンクの毛皮を生産しているのだとか。

今後のミンクの感染状況によっては、殺処分はさらに拡大すると述べられていて、場合によっては、何ヶ月にも及ぶ可能性があると当局は述べています。

何だかもういろいろとやさっていることがメチャクチャですが、英デイリーメールの記事をご紹介します。

63カ所の毛皮農場のミンクからコロナウイルスが検出された後、デンマークで250万匹の殺処分が始まった
2020/10/12

デンマークは、国の北部にある少なくとも 63のミンク飼育農場でコロナウイルスが報告された後、少なくとも 250万匹のミンクの殺処分を始めた。

絹のような毛皮製品を作り出すために飼育されているミンクは、特に新型コロナウイルスに感染しやすいことがわかっており、また、研究によると、コロナウイルスを人間に感染させることができる。

殺処分は 10月8日に始まり、今後のウイルスの拡散状況によっては数か月間続く可能性があるという。

感染した動物の殺処分処理は、デンマーク獣医食品局によっておこなわれているが、感染した農場から 8 km以内にある農場の場合は、感染していないミンクを飼っていても、飼育者は、そのミンクたちを淘汰しなければならないと通達した。

デンマークは世界最大のミンク製品輸出国の 1つであり、年間推定 1700万匹の毛皮を生産している。

10月初めには、アメリカのユタ州でも、コロナウイルスに感染したミンクが発見されて、何千匹ものミンクが殺処分された。

Covid-19は、農場労働者がウイルスに感染した直後の8月に、ユタ州のミンクに最初に出現したと、州の獣医であるDeanTaylor博士は述べた。

ミンクは、肺に ACE2 というタンパク質(受容体)があり、これがコロナウイルスに結合するため、コロナウイルスに特に感受性があるようだ。人間も肺に同じ ACE2 というタンパク質を持っている。

ミンクの感染が最初に発見されたのはオランダの農場で、4月のことだった。その後、デンマークとスペインの農場でさらに発生した。

科学者たちは、デンマークのミンクがどのように感染したか、そしてそれをヒトに感染させる可能性があるかどうかについては、まだ調査中としている。

8月、オランダ政府は、毛皮農場でのミンクの新型コロナウイルス感染の増加の中で、2021年にミンク養殖を強制終了することになっている。

ポーランドも、ミンクの毛皮の大きな輸出国で、ポーランドでは、与党の右翼連合と野党が、ミンクの毛皮農場を禁止する新しい法律をめぐって対立している。反対派は、法律が成立すれば、何百人もの毛皮農家の生計を破壊すると主張している。

最終更新:2020/10/23 21:47

ページ上部へ

カレンダー

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム