【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/05/07 23:02

ヨーロッパで過激化する「真冬のような春」の状態。スウェーデンでは5月としては異例の -10℃以下の気温が記録される

2019年5月6日のスウェーデンの報道より
sweden-cold-spring.jpg

スイスでは74年ぶりの5月の雪に

5月5日に、ヨーロッパで季節外れの雪や寒波が続いていることを以下の記事でご紹介させていただきました。

5月になってもまだ雪が降り止まないヨーロッパ各地

2019年5月4日の英国の報道より
may-snow-uk.jpg

2019年5月4日 五月の大雪に見舞われたドイツのアイフェル
eifel-germany-0504.jpg

やや度を越した寒波が5月のヨーロッパを覆っている

記事を書かせていただきまして、アメリカやヨーロッパなどの各地で、もう 4月の終わりだというのに「雪が降り続けている」ということをご紹介させていただきました。

ミニ氷河期のささやかな予兆? 4月の終わりに世界各地で大雪。米国シカゴでは観測史上の記録を作る

シカゴの記録的な春の雪を伝える2019年4月28日の英国デイリーメールより
chicago-snow-april2019.jpg

4月の終わりのスペインの雪を伝える欧州気象サイト
spaun-spring-snow2019.jpg

異様な春に

北半球の多くは、本来なら「春真っ盛り」というような時期を迎えているのですけれど、今年の春はどうも少しいつもと違うようです。

冒頭にありますように、アメリカのシカゴでは、4月も終わろうとしている 4月27日に「暴風雪」に見舞われたことが報じられています。

この日のシカゴの積雪量は、最大で 9.7センチだったということで、結構な積雪となったようです。

SNSに投稿された4月27日のシカゴの様子
chicago-in-snow0427.jpg

シカゴにおいて、 4月の終わりに、このような積雪があるということ自体が記録的なことのようで、アメリカ国立気象局のデータによれば、以下のようになっていました。

シカゴの観測史上での4月終わりの降雪の3例

・2019年4月27日 降雪量 9.3 cm

・1967年4月23日 降雪量 9.6 cm

・1910年4月23日 降雪量 5 cm


このようになっていて、今回の雪は、時期としては観測史上最も遅く、積雪としても、1967年の記録と並ぶほどのものとなっています。

もちろん、シカゴだけがこのような状況というわけではなく、アメリカ、あるいはカナダの広い範囲で、時期としては非常に低い気温と荒れた天候が続いているようです。

下の図は、NOAA (アメリカ海洋大気庁)の 4月28日のアメリカの気温の分布です。「赤やオレンジは気温の高い場所」で、「濃いブルーや紫色の地点は、とても気温が低い場所」です。

2019年4月28日のアメリカの気温の分布
us-0428-noaa.jpg

アメリカの半分以上が、かなりの低温に見舞われていたことがわかります。

また、寒いのも寒いようなのですけれど、今後のシカゴの天気予報を見ますと、「とにかく天気が悪い」のです。

以下は、4月28日から 5月12日のシカゴの天気予報ですが、予報では、全然、太陽が出ないのですよ。

2019年4-5月のシカゴの天気予報
chicago-weather-2019.jpg

現実にこんなに曇と雨マークが続くと、何となく気分も萎えそうですけれど、春といえば、北半球なら大体どこの国でも「春の陽射し」というような概念があって、そういうものが心地良いものですけれど、これだと、それは望めない感じです。アメリカのわりと広範囲がこのような気象となる見込みのようです。

冒頭には、スペインでも 4月終わりに雪が降っていることが報じられているニュースをご紹介しましたけれど、この 4月の終わりの北半球は、

「いろいろな場所で雪が降っている」

のです。

このようなことが、少しずつ近づいているミニ氷河期というようなことと関係しているかどうかはともかく、やや異様な春となっていることは確かです。

今年 2月には、以下の記事で、北極の海氷が急増していることや、これまで雪が降らないような場所で雪が観測されていることなどをご紹介したことがありました。

本格的にミニ氷河期の予兆が地球各地に出現する中で、世界中に広がる「気候変動は国連による陰謀」だという主張

2019年2月23日時点の北極の海氷面積の過去の年との比較
arctic-sea-ice2019feb.jpg

予兆

以前は、北極や南極などの氷の量の推移のデータをよく見ていたのですけれど、最近はあまり見ていませんでした。

数日前、米国のウェブサイトの記事で、そのことが取りあげられていまして、それを見まして、やや驚きました。

それは、

「今現在、北極の海氷の面積が急激に拡大している」

のです。

冒頭に掲げましたグラフがそれを示すものです。

これは、氷雪圏の観測とデータの管理と配信をっているアメリカの研究機関 NSIDC (米国雪氷データセンター)のデータです。

このグラフは 2月1日から始まっているものですが、2月のたった二十数日のうちに、ものすごい速度で氷の面積が拡大していることがわかります。

compare-2019-2006.jpg

他の年を見ますと、今の時期の 2月の終わり頃から海氷面積が減少に転じている年が多いのですが、今年は、

「海氷の面積が、いまだに拡大し続けている」

というのも特徴的かもしれません。

そして、上のグラフでわかりますのは、昨年 2018年と、一昨年の 2017年は、この同じ頃に「とても海氷が少なかった時」であることです。

2018年は、年間を通した世界の平均気温が、「観測史上 4番目の暑さ」だったと、先日報じられていましたが、その CNN によれば、昨年は、

北極と南極でも気温の上昇で海氷が解け、2018年の海氷面積は観測史上2番目に小さくなった。

ということだったのですが、どうも、今年、「反転」した感じがあります。

もちろん、一時的な状態なのかもしれないですが、今年 2019年2月の、この急激な海氷の増加ぶりは、何かを思わせるものがあります。

そして、この北極の海氷が急激に増加していた 2月は、世界各地で、やや奇妙ともいえる雪や寒波が相次ぎました。

アメリカのラスベガスに雪が降ったという珍しい出来事を、以下の記事で取りあげさせていただいたことがありました。

2019年2月21日 雪が降り積もった米ネバダ州ラスベガス
las-vegas-white01b.jpg

この日のラスベガスの積雪は 1.3cm と記録されています。

雪がちらつくだけではなく、ラスベガスに雪が積もったというのは珍しい光景だとは思うのですが、先ほどの記事を書いた時には、これがどのくらい珍しいことかがよくわかりませんでした。

その後、報道を読みましたら、

「ラスベガスに最後に雪が積もったのは、1937年のこと」

だとを知りました。

つまり、82年前から一度もラスベガスには雪が積もっていなかったのです。

生きているうちに一度経験できるかどうかというレベルのもので、相当珍しい出来事だったようです。

エジプトとサウジアラビアの砂漠が「雪や雹で覆われた」ということを以下の記事で取りあげさせていただきました。

2019年2月17日 雹で覆われたエジプトのダバー市
dabaa-egypt-hail0217b.jpg

2019年2月17日 -19日 サウジアラビア・タブークの光景
tabul-snow-002.jpg

tabuk-sankyaku-003.jpg

エジプト・ダバーとサウジアラビア・タブークの場所
tabuk-saudi-arabia2019.jpg

2019年2月18日 エジプトのクラキット 雪の中を歩くラクダたち
snow-egypt-0218.jpg

アラビア半島周辺が、いつからこんなような気候になったのかということを過去記事で調べてみますと、2016年1月の以下の報道に辿りつきました。

2016年1月17日の報道より
saudi-snow-2016b.jpg

これが本当なのかどうなのかは調べようがないのですが、少なくとも、この 2016年くらいまでは、このようなニュースになるほど、アラビア半島に雪が降ることは珍しいことだったと思われるのですが、それ以来、アラビア半島には、毎年何度も雪が降り積もるというようなことになっています。

エジプトの砂漠が、このように雹で覆い尽くされるというのも大変に珍しいことだとは思うのですが、こちらは記録をどう調べていいのかわからず、ものすごく珍しいと思われる、というように書くしかありません。

今年は、1月から、ヨーロッパやアメリカなどを中心に激しい大雪と寒波が続いていたのですが、2月の中旬を過ぎても、やや異様な光景が拡大しているというのは、もともと気温が極めて低いような場所ならともかく、アメリカの温暖地帯だとか中東などでは、あまりないことだと思われます。

あと、やはり温暖なことで知られるアメリカのアリゾナ州にあるフェニックスでも、同じ頃、「過去 122年間で最も低い気温を記録した」と報じられていました。

2019年2月22日のアメリカの報道より
phoenix-122y-record.jpg

また、やはり温暖なギリシャでも、この 2月は 2度も大雪が降っています。こちらも雪がちらつくだけではなく、交通渋滞などを発生させた大雪でした。

2019年2月23日 エーゲ海に面するギリシャ・テッサロニキも一面の雪に
thessaloniki-0223.jpg

他にもいろいろとあるのですけれど、3月も近い時期に、このような事象を数多く見ていますと、

「いつもと違う春に向かっている?」

というようなニュアンスが、やや漂っているような、いないような。

日本は、地域にもよりますでしょうけれど、比較的穏やかな気候が続いていますけれど、アメリカとヨーロッパと中東の気候は何だかすごいです。

そんなような「気候変動」というような話から、ふと思い出しだしたのが、現在、インターネット上で話題となっている概念で、やや陰謀論寄りのような話なんですが、以下のようなものです。

気候変動という概念は、国連が新世界秩序を獲得し、世界を支配するために作り出した捏造

地球温暖化を飛び越えて、「気候変動」という概念自体がウソだというような概念なんですが、これを最初に言ったのは、オーストラリアの元首相トニー・アボットさんの首相時代に顧問を務めていたモーリス・ニューマンという人が 2015年に述べたことらしいのです。

それがどうして今になって大きく拡散しているのかはよくわからないですが、この数日、世界中のメディアが報じています。

せっかくですから、その中のロシアのメディアの記事をご紹介させていただきたいと思います。

earth-chronicles.ru 2019/02/25

オーストラリアの当局者 : 気候変動という概念は新世界秩序を確立するために国連主導でおこなわれた陰謀だった

気候変動に関する議論は増え続けており、気候変動および地球温暖化に懐疑的な人たちの声が各所で上がっている。

元オーストラリア首相トニー・アボット氏の首相補佐官であったモーリス・ニューマン氏は、地球温暖化は国連への渇望力によって推進されている陰謀であると述べた。

ニューマン氏は、地球の気候に対して地球温暖化という概念は関係のないものであり、気候変動という概念は、国連が権威主義体制としての地位を確立するという事実に関連していると述べる。

これまでは、気候変動に懐疑的な科学者たちは、科学的な慣習に反抗することにより、周囲からの侮辱と嘲笑に対面した。

しかし、その後、気候変動の神話を払拭する、気象変動を否定する科学的証拠が増えてきていることから、懐疑論が正当化される以上のものであることが明らかになってきている。

ニューマン氏は、気象のデータが何を示していようとも、国連がその影響を拡大する手段として気候変動を利用していることが、今ではますます明らかになっていると述べている。

「これは国連の支配下にある新世界秩序の問題でもあるのです」とニューマン氏は宣言した。

ニューマン氏はまた、CO2排出量と気候変動との関連を「証明する」という大多数の研究が今では誤っていることが知られていると述べている。

20年間にわたる気候の安定性は、私たちが聞いたことのある気候変動が実際には起こっていないという十分な証拠であるはずだ。

ニューマン氏は以下のように語る。

「真の課題は政治的権力の集中です。地球温暖化は、そのためのトリックです。 地球温暖化についてのおとぎ話は国連によって普及し、非常に多くの資金を供給されています。 彼らはホワイトハウスに非常に強い味方を持っているのです」

ここまでです。

まあ、こういうような説の真偽は別として、このような観点からは結局、「誰々が悪い」というような話にもなっていってしまうのですが、気候に関しては、誰が悪いとか良いとかということはどうでもいいことだと思います。

そうではなく、冷静に地球の科学データを見てみれば、人為的な地球温暖化という概念が作られた神話であることは今では確かに明らかで、それを個人個人が理解すれば、それでいいのではないのかなと。

そして、いつ頃から突入するかはまだわからないにしても、ミニ氷河期の徴候は地球のいたるところに出ているように感じます。

とはいっても、今の地球の気象に通じる特徴は「極端」というキーワードですから、寒冷化だとか温暖化だとか、この先の数年はそんなように単純にはいかないものだとも思います。まだまだ極端が続いていくのではないでしょうか。

現在も、基本的には、この時の状況が継続している地域が多いようです。

この 4月の終わりの数日間に「春の雪」が記録されたいくつかの場所の様子をご紹介して締めさせていただきたいと思います。

2019年の4月の終わりに

4月28日 イタリアのベッルーノ市
italy-belluno-0428.jpg

4月28日 オーストリアのレーザッハタール
austria-snow-0428.jpg

4月28日 スロベニアのボーヒニ市
slovenia-snow0428.jpg

4月29日 ロシア・クラスノヤルスク
russia-snow-cars0429.jpg

4月29日 イタリアのゾッペ・ディ・カドーレ
italy-snow-0429.jpg

4月28日 ロシア・エカテリンブルク
russia-snow0428-002.jpg

4月28日 イタリアのマルモラーダ山
marmolada-italy-0428.jpg

このような傾向が今後も続くのかどうかはわかりませんが、昨年から今年の気候の流れを思い出しますと、気温が高い低いを別としましても、今後も不安定な気象状況が続いていくことにはなりそうです。

そして、もしかすると、その不安定な状況が繰り返される中で、年を経るごとに、少しずつミニ氷河期的な様相が強まってくることになるのかもしれません。

このアメリカとヨーロッパでの雪は、今もなお降っている場所が多いのです。

イギリスから、ドイツ、スイス、ベルギー、フランスなど、ヨーロッパの各地で、5月の雪について、多くの投稿がなされています。

5月3日 雪に覆われた英スコットランド
scotland-snow-0503.jpg

5月4日 ベルギーのエルゼ
erezee-belgium-0504.jpg

ヨーロッパの現在の気温を見てみますと、5月とは思えない気温となっている場所が多く、以下のように、いくつかの国では、氷点下の気温が示されています。

2019年5月4日のヨーロッパの各地の最低気温
eu-kion-0504.jpg

この連休に、ヨーロッパに旅行に行かれている方もいらっしゃるかもしれないですが、フランスやドイツやスイスなどは、どこへ行っても非常に寒そうですね。

そして、どこの雪もちらつくというレベルではないのが印象的です。

5月4日 ドイツ・ヘッセン
hessen-germany-0504.jpg

5月4日 イタリア北西部のセッル湖にて
serru-italy-0504.jpg

冒頭の英国の報道にありますように、この寒波と季節外れの雪は、もう少しの間、続く可能性が高いようです。

ヨーロッパはかなり異様な春となっています。

その後、5月6日になり、欧州各地の寒波はさらに激しくなり、特に北欧やドイツ、フランスなどでは、とても 5月とは思えない異様な気温の状況となっています。

以下は、5月6日の北欧各地の最低気温の分布です。
sweden-map-0506.jpg

たとえば、日本の北海道などでもそうですが、ある程度寒冷な地域であっても、5月に平地で氷点下を記録するというようなことは基本的にないわけですが、北欧では各地で氷点下、しかもスウェーデンなどでは -12℃などを記録している状況となっています。

なお、冒頭のスウェーデンの報道の「夏に何が起きているのか」というタイトルの意味は、スウェーデンの気象機関では、

「平均気温が 10℃以上の日が 5日間連続すれば、夏と定義される」

のだそうです。

このような極端な寒冷化の状況を作り出しているのは、北極からの冷たい大気「極渦」のためだそうで、現在、ヨーロッパの上空は以下のような大気の状況となっているようです。

5月はじめのヨーロッパの大気の状況
arctic-blast-2019.jpg

今の季節に、このように北極の大気がヨーロッパに流れこみ続けるというのは、なかなか珍しいことだと思われます。

5月6日のヨーロッパ各地の風景を少しご紹介させていただきます。

2019年5月6日 ヨーロッパ各地の「春の光景」

5月6日 スイスでは1945年以来の5月の雪に
swiss-may-snow.jpg

5月6日 雪に覆われたボスニア・ヘルツェゴビナの街
bosanski-petrovac-0506.jpg

5月6日 ラトビア 凍りついた果物畑の木々
latvia-ice-0506.jpg

5月6日 フランス・ボルドー ブドウ畑を霜から守るために火をたき続けている光景
bordeaux-france-0506.jpg

5月6日 25cm以上の積雪となったオーストリアのチロル
bichlbach-austria-0506.jpg

5月6日 イタリアのエミリア・ロマーニャ

emilia-romagna-0506.jpg

最終更新:2019/05/07 23:02

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

カレンダー

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム